iWallet(アイウォレット)を解約する方法

iWallet(アイウォレット)を解約する方法

※iWallet(アイウォレット)は緊急メンテナンス中で現在利用できませんので、代わりに同じ電子決済サービスのecoPayz(エコペイズ)をご利用下さい。

>> ecoPayz(エコペイズ)とは!?

 

iWallet(アイウォレット)を解約する方法

かじの君

iWallet(アイウォレット)口座の解約には通常手数料が必要なのですが、私は無料で解約する事が出来ました。その時の実体験も載せています!

iWallet(アイウォレット)の口座を開設したもののあまり使っていない、そのまま放置して良いのかな?解約した方が良いの?などなど・・このページでは、iWallet(アイウォレット)の解約にまつわるHOW TOを徹底解説!

私の解約時の実体験も載せているので、どうにかしてiWallet(アイウォレット)口座を処理(解約)したいと考えている人は是非参考にしてください。

>> iWallet(アイウォレット)で入金できるオンラインカジノ【5選】

iWallet(アイウォレット)の解約方法は簡単!

iWallet(アイウォレット)の解約方法は簡単

iWallet(アイウォレット)のような決済サービスの口座解約と聞くと、難しいイメージを持つ人も居るかもしれません。しかし、基本は[サポートへ解約希望と連絡]するだけでOK!

iWallet(アイウォレット)の解約方法は、手数料の5ドルを口座に残し、サポートに解約希望の連絡をするだけ!

早速、iWallet(アイウォレット)の解約手順を見てみましょう。

iWallet(アイウォレット)の解約手順

iWallet(アイウォレット)の解約申請は以下のような流れで進みます。

【iWallet(アイウォレット)の解約申請手順】

  1. iWallet(アイウォレット)にログインし、サポートページを開く
  2. 件名に『解約希望』・本文に、iWallet(アイウォレット)を使わなくなったので口座を解約したい・iWallet(アイウォレット)の口座番号と名前(ローマ字)3点を記載
  3. 「本当に解約して問題ないか」の再確認メールが届くので、返信
  4. iWallet(アイウォレット)の解約手続きスタート⇒口座解約

※3.の再確認メールは私自身、解約の連絡をした時に届いたので載せました。人によっては送られずに、そのまま解約手続きがスタートすることもあります。

iWallet(アイウォレット)の口座解約手数料

iWallet(アイウォレット)の解約時の手数料

こちらはiWallet(アイウォレット)の公式サイトに載っている手数料一覧です。

iWallet(アイウォレット)の口座を解約するのは、《無料》では無く、口座解約手数料5ドルが発生します。これはiWallet(アイウォレット)口座の残高から引かれるので、5ドルだけ残しておきましょう。

私の解約実体験
もし、一度も取引履歴無し・残高が0で解約申請した場合、iWallet(アイウォレット)側からどの様に請求されるのか?(これは私の場合です)ちゃんと対処してくれたので、詳しくは第4章でお話します。(すぐ知りたい方はリンクをクリックするとジャンプします。)

 

iWallet(アイウォレット)口座の解約が意味するもの

かじの君

iWallet(アイウォレット)の解約=口座の閉鎖・口座の退会が同時に行われます。 

iWallet(アイウォレット)のサポートページから連絡するだけで、解約してくれるなら楽ですよね。

ですが、この章ではiWallet(アイウォレット)口座を解約⇒意味するものは何か改めて説明しておきます。皆さんこの点をきちんと理解した上で、iWallet(アイウォレット)の口座解約をしてください。

iWallet(アイウォレット)を解約=口座を閉鎖

口座の解約=口座の閉鎖を意味します。上記解約申請手順の3.で届く再確認メールにも記載されているのですが、「口座を閉鎖すると口座内の各種機能の利用や口座へのログインが一切できなく」なります。つまり解約することで、iWallet(アイウォレット)の口座自体が完全に無くなってしまう=閉鎖されるのと同じです。

一度閉鎖したiWallet(アイウォレット)の口座を再度オープンにすることはできないので・・再確認メールが届くのには納得いきますね。

解約=iWallet(アイウォレット)から退会

口座解約におけるもう一つの意味、それはiWallet(アイウォレット)からの退会です。iWallet(アイウォレット)のアカウントを開設した時は=スタンダード会員でしたね。口座を開設することで、自動的にiWallet(アイウォレット)の会員にもなっていたわけです。

しかし口座を解約した時点で、このiWallet(アイウォレット)の会員資格も無くなります。ログインが一切できなくなるのは、ID(アドレス)やパスワードが無効になるため。解約すれば、口座の閉鎖・iWallet(アイウォレット)からの退会と2つ同時に処理されるということです。

 

使わないiWallet(アイウォレット)口座は解約するのがオススメ

不要なiWallet(アイウォレット)口座は解約した方が良い

iWallet(アイウォレット)で入出金しなくなったなど利用頻度が減った時は、そのまま放置せずに解約してください!

「使ってないなら、iWallet(アイウォレット)からお金取られることは無いでしょ」と思う人もいるかもしれません。しかし放置するくらいならば、今すぐにでも!上記の手順で解約することを強く勧めます!なぜなら未使用時でも手数料がかかってくる場合があるんです!

iWallet(アイウォレット)の休眠口座管理手数料は20ドル

iWallet(アイウォレット)では『休眠口座管理手数料20ドル』を請求されます。第1章の手数料一覧を参照下さい。)

休眠口座管理手数料 20ドル/年

1-2ヵ月使っていない程度ならかかりませんが、iWallet(アイウォレット)での最終取引から180日間(約半年)何も入出金が無ければ=年間20ドルもの手数料がかかるんです。

口座には5ドルだけ残す

解約にかかる手数料の章で、5ドルだけ残しておきましょうと言いました。これは、5ドル以上の残高で=休眠口座扱いになってしまうからです。
180日間取引実績が無いなど<関係なく>先ほどの維持手数料20ドルが請求されます。

 

iWallet(アイウォレット)口座開設後、取引実績無し・残高0➡無料で解約!

かじの君

私の場合は、iWallet(アイウォレット)口座を無料で解約する事ができました。 

私はiWallet(アイウォレット)口座を作ってから一度も入金・出金したことが無い状態でした。もちろん残高も0です。オンラインカジノやブックメーカーの入出金時に便利だと思い、iWallet(アイウォレット)口座を開設したものの、結果として一度も使わずじまいでした。

このまま使わない口座を持つのも嫌なので、無料で解約できないか?と期待を込めてiWallet(アイウォレット)のサポートに連絡したところ、「一度も取引していないので、無料で閉鎖手続きを承ります」とのこと!

iWallet(アイウォレット)の解約後も一切請求無し

無料で口座を解約してくれるとの事なので、解約希望を改めて伝え…無事に<無料で>iWallet(アイウォレット)解約手続きが行われました!確かにiWallet(アイウォレット)口座にはもうログインできなくなっていますし、解約後も一切何も請求されていません。

iWallet(アイウォレット)の口座を開設してから1ヵ月も経たないうちに解約したのも大きいかもしれませんが…。

 

【まとめ】iWallet(アイウォレット)の解約方法

最後にiWallet(アイウォレット)の解約方法について、まとめます。

  • 解約は簡単だけど、手数料が5ドル必要
  • 残高5ドル以上だと休眠口座となり、手数料が20ドル必要
  • 一度も使っていないなら無料で解約できることも

iWallet(アイウォレット)口座を一回でも入出金に使った人は難しいかもしれませんが、口座開設のみの場合は無料で解約できる可能性大!

そのまま使わないiWallet(アイウォレット)口座を放置しておくと、知らない内に休眠口座維持手数料が引かれてしまう場合も…

使ってないなと感じたら=それが解約のタイミングです!その時はiWallet(アイウォレット)のサポートに相談してみてください。

>> オンラインカジノの入金方法比較!入金別おすすめオンラインカジノ

2 COMMENTS

まき

アイウォレットを解約したくて、上に書いてあるとおりに
アイウォレットサポートで
メールを送っていますが、
1度も返事が来ません。
どうやったら口座解約出来ますか?

返信する
カジノ管理人

コメントありがとうございます。
口座解約とのことですが、アイウォレットは現在メンテナンス中で解約できないようです。
たぶん、サポートなどお休みなはずですので、もう少し経ってからメ-ルを送ってみて下さい。
ただ、コロナの影響かわかりませんが、ずっと数か月前からメンテナンス中が続いています。

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です