ecoPayz(エコペイズ)のすべての出金方法

ecoPayz(エコペイズ)のすべての出金方法

ecoPayz(エコペイズ)のすべての出金方法

かじの君

ここではecoPayz(エコペイズ)の全ての出金方法について解説しています。手数料や限度額、反映時間も記載してあります。

オンラインカジノやブックメーカーで得た勝利金をecoPayz(エコペイズ)に移し、そのお金を出金する方法を詳しく紹介します!

入金にもecoPayz(エコペイズ)を使っているという大原則さえクリアしていれば、何も難しいことはありません。自分に合った方法で、スムーズに出金して頂けたらと思います。

>>ecoPayzで入金できるオンラインカジノ【10選】

ecoPayz(エコペイズ)の出金方法一覧【2019年最新版】

ecoPayz(エコペイズ)は2つの出金方法(高速ローカル出金、国際銀行振込)

かじの君

現在、ecoPayz(エコペイズ)は2つの出金方法が用意されていますので見ていきましょう。 

ecoPayz(エコペイズ)残高を出金する方法には、以下の

以上2つの方法が用意されています。

どちらを使うにしても、必ずecoPayz(エコペイズ)の会員グレード(ステータス)を<シルバー会員>へと上げてから出金してください。最初のクラシック会員のままでは出金できないからです。

高速ローカル出金・国際銀行振込について、限度額や手数料など詳しい内容を確認していきましょう。

 

【出金方法①】ecoPayz(エコペイズ)の高速ローカル出金

かじの君

ここからは【公式】ecoPayz(エコペイズ)の高速ローカル出金方法についての特徴や手数料、限度額、反映時間などを解説しています。

高速ローカル出金というネーミングですが、実際はecoPayz(エコペイズ)が提携する収納代行サービス(国内銀行)から銀行口座へと出金―つまり<銀行振込>と同じです。

入金方法にローカル入金がありますが、この出金版だと思ってください。
【詳しくは】エコペイズのローカル入金方法、手順

手続き後、着金すれば口座からキャッシュカードで引き出せば良いので非常に簡単な出金方法です。振込先は国内の銀行であれば、ネットバンク・大手銀行など銀行を問わないのも嬉しいポイント。

ちなみに高速ローカル出金は日本円だけでなく、ドルやユーロにも対応しました。設定通貨をドル・ユーロにしている人は日本円に換算する1ステップを踏めば、口座へと出金できます。

出金限度額は、日本円で598円~59,884,901円までと少額から高額までOK!

参考までに、米ドルとユーロの限度額も載せておきます。米ドルは5.5ドル~550,357ドル・ユーロは、5ユーロ~50万ユーロまで

※レートで当てはめると日本円とほぼ変わりません。手数料は出金額の1%もしくは15ユーロの<高い方が>課せられます。

また、ドル・ユーロの人は日本円への通貨換算手数料としてシルバー会員2.99%もかかる点に注意。

口座へは手続き日・時間にもよりますが、当日~翌日午前中まで・長くても3営業日以内には反映します。

高速ローカル出金の限度額・手数料・反映時間まとめ

  • 限度額⇒598円~59,884,901円
  • 手数料⇒出金額の1%or15ユーロの高い方(ドル・ユーロの人は通貨換算手数料2.99%)
  • 反映時間⇒0~3営業日

高速ローカル出金の手数料など引かれる金額はいくら?2つの例でシミュレーション

5万円出金・20万円出金の2パターンに分けて、実際にecoPayz(エコペイズ)の残高から手数料などを含めていくら引かれるのか計算してみました!

出金額の1%やら15ユーロと比べて高い方やら、読むだけじゃ分かりにくいですからね。

・5万円出金:手数料は15ユーロ(1,793円)の方が高いので、50,000+1,793=51,793円引かれる

・20万円出金:手数料は1%(2,000円)の方が高いので、200,000+2,000=202,000円引かれる

このようになります。

この手数料分も考えて出金額を決める必要がありますね。15ユーロは今のレートだと約1,793円なので、17万9300円以上の出金であれば1%の方が適用されます。

Point!日本円アカウントから出金しよう

どちらも日本円アカウントから引き出すと仮定しています。

しかし、これがドルやユーロアカウントからの出金だと、さらに2.99%の為替手数料が‥金額にして、5万円の場合1,495円・20万円の場合は5,980円が上乗せされます。

高額になればなるほど手数料も高くつくため、せっかくの勝利金が少なくなってしまいます。高速ローカル出金する時は、必ず日本円アカウントで!

 

【出金方法②】ecoPayz(エコペイズ)の国際銀行振込による出金

かじの君

ecoPayz(エコペイズ)の国際銀行振込による出金方法は、手数料の高さと反映時間を考慮するとあまり実用的ではないですね。

もう一つの【公式】ecoPayz(エコペイズ)からの出金方法、国際銀行振込です。

先ほどの高速ローカル出金は振込元・振込先とも国内銀行でしたが、この国際銀行振込はまさに<海外送金>です。そのため、かかる手数料はもちろん口座への反映までの時間も長くなってしまうのがネック。

ecoPayz(エコペイズ)側では出金手数料10ユーロのみですが、受け取る銀行によって被仕向送金手数料が最高2,500円程度・大手銀行以外は中間銀行手数料も数千円かかることもあります。

その割には、海外からの送金なので口座への着金までは1週間~10日程度と時間を要します。

また海外からの送金の場合、国内の銀行口座へ着金し次第「どこからのお金か・何で得たお金か」等、銀行から問い合わせされる可能性があります。

これはマネーロンダリング防止のためなので仕方が無いのですが‥。限度額は、高速ローカル出金と同じく5ユーロ~50万ユーロです。

ちなみにオンラインカジノのカジノシークレットも国際銀行送金で出金できますが、ベラジョンカジノやインターカジノなどのように国内銀行送金で出金できるカジノが便利です。

国際銀行振込による限度額・手数料・反映時間まとめ

  • 限度額⇒5ユーロ~50万ユーロ
  • 手数料⇒一律10ユーロ
  • 反映時間⇒7~10日

被仕向送金手数料が無料でも注意

ソニー銀行や新生銀行は、被仕向送金手数料が無料なので、これらの銀行なら手数料が節約できるのでは!?と考える人もいるでしょう。

しかしこれらの銀行は、どちらともecoPayz(エコペイズ)からの入金を受け付けていません。手数料無料でも口座への着金を拒否されるならば、利用できないですね・・こうなると、ecoPayz(エコペイズ)への返金もかなりの日数がかかるので要注意。

 

おすすめのecoPayz(エコペイズ)の出金方法は【高速ローカル出金】

かじの君

間違いなくお勧めできるecoPayz(エコペイズ)の出金方法は高速ローカル出金です!

ecoPayz(エコペイズ)残高からの出金は、国内銀行振込である高速ローカル出金と海外送金の国際銀行振込の2つの方法から選べることが分かりました。

しかし、日本の口座への出金は『高速ローカル出金』一択です!

国際銀行振込も出金方法の一つなので載せましたが、高速ローカル出金と比べてみた時にどちらを利用すべきか‥比較するまでもありません。

国際銀行振込はecoPayz(エコペイズ)側にかかる手数料が金額に関わらず10ユーロと一律。ですのでこの点は良いのですが、その他の手数料が数千円と高すぎます。

ecoPayz(エコペイズ)残高は、手数料を抑えスムーズに高速ローカル出金で行いましょう!

 

>>オンラインカジノの入金方法の選び方!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です