VISAで入金できるブックメーカー【12選】

VISAカードでブックメーカーに入金できない時の対処法

VISAで入金できるブックメーカー【12選】

かじの君

実際に私が試してみて問題なくVISA入金ができたブックメーカーを掲載しています。

オンラインカジノに飽きてしまった・他で楽しめるものは無いかな‥と考えている人、スポーツベッティング可能なブックメーカーデビューしてみては?

この記事では、VISAで入金できるブックメーカー12選と題し「12のブックメーカー」の特徴を分かりやすく紹介していきます!

>> VISA(ビザ)で入金できるオンラインカジノ【15選】

目次

VISAカードで入金できるおすすめブックメーカー12選

ブックメーカーの特徴だけでなく、ライセンスなどの安全性・そしてVISAクレジットカードで入金する際に必要な手数料や最低・最高入金額なども記載しています。

こうやって一覧で見てみると、それぞれに良さがあるので比較するのも面白いですね。皆さんに合うブックメーカーが見つかりますように!

VISAカードで入金できるブックメーカー【12選】

CASINO-X(カジノエックス)(VISA対応ブックメーカー)

VISA入金できるブックメーカーのCASINO-X(カジノエックス)

CASINO-X(カジノエックス)
最低入金額 10ドル(約1,080円)
最高入金額 5,000ドル(約54.6万円)
VISA手数料 無料
入金反映時間 即時

CASINO-X(カジノエックス)は2012年に登場・日本語サポートを始めたのは2016年と少し遅咲きのブックメーカーです。しかし、キュラソー政府からのライセンス・第三者機関でもあるeCOGRA(イーコグラ)からの定期的な監査を受けていたりとセキュリティー体制は万全!

またCASINO-X(カジノエックス)の良さとして、ブックメーカーとは(いい意味で)思わせないアニメ調のデザインなのもポイント。親しみやすさもどこか感じます。

そんなCASINO-X(カジノエックス)では、ベット可能なスポーツは36競技と豊富なのが特徴。また、ライブベッティングシステムを搭載している一部の試合では実際に見ながら(リアルタイムで)ベットすることもOK!オッズ形式についてもヨーロッパ式以外にアメリカや香港・マレー・インドネシアなど5形式から選べます。

VISAクレジットカードで入金できる金額はドルだと最低10ドル(約1,080円)~最高5,000ドル(約54.6万円)で、日本円口座も作成できます。その場合は10~5,000ドルの間でレートを日本円に換えて入金⇒為替手数料も0円にしましょう!

CASINO-X(カジノエックス)は入金手数料は無料なので、余計な手数料をかけずに済みますよ。

JOYCASINO(ジョイカジノ)(VISA対応ブックメーカー)

VISA入金できるブックメーカーのJOYCASINO(ジョイカジノ)

JOYCASINO(ジョイカジノ)
最低入金額 1,500円
最高入金額 20万円
VISA手数料 無料
入金反映時間 即時

JOYCASINO(ジョイカジノ)は、上記のCASINO-X(カジノエックス)を立ち上げた会社が運営元です。つまり、姉妹サイトということ。eCOGRA(イーコグラ)からの監査は受けていないものの、取得が難しいとされるキュラソー政府からのライセンスを保有しているので信頼性も問題ありません。

JOYCASINO(ジョイカジノ)でベットできるスポーツはCASINO-X(カジノエックス)と同じく36競技で、日本のJリーグやプロ野球にも賭けることができます。アイコン表示なので、ベットする時も選びやすく、スポーツ⇔オンラインカジノはワンクリックで切り替え可能です。

VISAクレジットカードの入金手数料は無料で、最低1,500円~最高20万円までが入金できる金額の範囲です。JOYCASINO(ジョイカジノ)は最高20万円までしか入金できないのはネックですが、手数料無料なので何回かに分けて入金しましょう。

またJOYCASINO(ジョイカジノ)では最低20ドル~最高700ドルと限度額が狭まってしまうものの、VISAプリペイドカードの一つバンドルカードでも入金できます。クレジットカード入金ができない時はお試しあれ。もちろん手数料0です!

ウィリアムヒル(VISA対応ブックメーカー)

VISA入金できるブックメーカーのウィリアムヒル

ウィリアムヒル
最低入金額 1,500円
最高入金額 1,300万円
VISA手数料 無料
入金反映時間 即時

ウィリアムヒルは、ブックメーカーと言えばココ!というくらい有名・優良なブックメーカーです。

1934年設立と老舗中の老舗ブックメーカーで、ウィリアムヒルではいち早く日本語にも対応しました。ですので、日本語でのライブチャット・メールなどサポート体制もバッチリ!プロ野球やJリーグにベットできるのは当たり前・定期的に日本人向けのオッズも公開されていたりと、まさに日本人に最適なブックメーカーと言えるでしょう。

ジブラルタル政府からのライセンス・英国ギャンブリング委員会からの認可と規制を受けているため安全面でも安心!ウィリアムヒルで用意されているスポーツは全30種、いつでもどこからでも自由にベットできますよ。

ウィリアムヒルでVISA入金できる金額は、最低1,500円~最高1,300万円と実質無制限で且つ手数料無料で入金できる点も大きな特徴です。

最低入金額20ドルを満たしていれば、サッカーやバスケットボール・テニスなど一部の試合をライブ視聴可能。また、利益を確定したい時や予想と違った展開で賭けを切り上げたい時などはキャッシュイン(他のブックメーカーでいうキャッシュアウト)機能を利用すればキャンセルできるシステムも用意されています。

ウィリアムヒルでは日本円通貨で設定できるので、日本円同士なら為替手数料も無料!

10BET(VISA対応ブックメーカー)

VISA入金できるブックメーカーの10BET

10BET
最低入金額 10ドル
最高入金額 2,800ドル
VISA手数料 ・入金手数料無料
・為替手数料が数%かかる
入金反映時間 即時

10BETはキュラソー政府からのライセンスで2013年に登場し、2017年には大幅な改良を行い、日本語にも対応したことで更に利用しやすいブックメーカーとして生まれ変わりました。あのディディエ・ドログバがアンバサダーに就任、10BET自体もユヴェントスの公式ベッティングパートナー契約を結ぶなどその勢いは止まることがありません。

10BETでベットできるスポーツ競技も豊富で、その数なんと30種類!サッカーやバスケットボール・野球などメジャーなスポーツだけではなく、競馬や総合格闘技・ビリヤード・ウィンタースポーツなど色々なスポーツにベットできます。

VISAクレジットカードの10BETへの入金可能額は、最低10ドル~最高2,800ドルまでです。日本円で入金したい場合は、アカウント開設時の設定通貨を日本円にしてこの限度額を日本円レートに換算して入力すればOK。

ただ、VISAカードの入金手数料は無料ですが、10BETでは一度ユーロに換算されてアカウントへと反映されるため、クレジットカード請求額は為替手数料が数%上乗せされるので注意してください。アカウント開設時にユーロに設定しても日本のVISAカード⇒ユーロアカウント、なのでどちらにしても為替手数料は発生します。

MARATHONBET(VISA対応ブックメーカー)

VISA入金できるブックメーカーのMARATHONBET

>>【公式】MARATHONBET(マラソンベット)

MARATHONBET(マラソンベット)
最低入金額 121円(バウチャー購入の場合は1,450円)
最高入金額 上限なし(クレジットカードの上限額迄)
VISA手数料 無料
入金反映時間 即時

MARATHONBET(マラソンベット)は日本ではあまり聞き慣れないかもしれませんが、1997年に登場し実績は20年以上・プレイヤーは150万人以上・世界180か国以上で利用されている…という老舗ブックメーカーです。

ライセンスも取得が難しいとされるキュラソー政府からのライセンスを保持し、マンチェスターユナイテッドやマラガFCなど有名クラブのスポンサー契約も結んでいます。

このMARATHONBETの最大の特徴は、[大相撲]にベットできること!どの大手ブックメーカーを見ても大相撲は賭けスポーツとして挙げられていません。しかしMARATHONBETならば、日本だと違法になる「賭け相撲」が簡単に行えるんです!他にも常時30種類以上のスポーツにベット可能なので、好きな競技に賭けましょう。

難点を言うとすれば、相撲が対象なのに公式サイトに日本語が非対応である点。常にGoogle翻訳を使って日本語に直しながら、利用する必要があります。

もう一つの特徴として、VISAカードでの最低入金額が121円と少額で且つ手数料無料で入金できる点。バウチャー購入で入金するのでも1,450円~OK、どちらも上限額は無くクレジットカードの利用可能額に依存します。

スポーツベット(VISA対応ブックメーカー)

VISA入金できるブックメーカーのスポーツベット

>>【公式】Sportsbet.io(スポーツベット)

スポーツベット
最低入金額 10ドル
最高入金額 2,000ドル
VISA手数料 ・2,000ドルまで無料
・為替手数料が数%かかる
入金反映時間 即時

スポーツベットは、選手と一緒に勝利をつかめ!をモットーにあらゆるスポーツ(競技)にベットできるブックメーカーです。

2017年に登場、Gaming Curacaoというキュラソー政府から管轄されているライセンスを持って合法的に運営されているので安心です。日本語にも完全対応でサポートは朝8時―翌1時まで、何か分からないことがあればいつでも問い合わせ可能です。

スポーツベットでは、試合を見ながら賭けを楽しむことができるライブベッティングが可能とあって人気急上昇中!賭け対象となるスポーツは19競技と少なめであるものの、スポーツベットでは今流行りのeスポーツ(インターネット上で複数のプレイヤーがゲームで競い合うスポーツのこと)にもベットできますよ。少ない競技数は言い換えるとブックメーカー初心者に最適とも言えます。

入金手段も非常にシンプルで、VISAクレジットカードだと最低10ドル~最高2,000ドルまで手数料無料で入金できます。スポーツベットでは設定可能な通貨がドルのみなので、日本のVISAクレジットカードで入金した場合は通貨が異なるため為替手数料はかかります。数%ですが、請求時にプラスされるので覚えておきましょう。

>> スポーツベットの入金ボーナス受取方法

ベットティルト(VISA対応ブックメーカー)

VISA入金できるブックメーカーのベットティルト

ベットティルト
最低入金額 10ドル
最高入金額 1,500ドル
VISA手数料 無料(日本円入金は為替手数料も無料)
入金反映時間 即時

ベットティルトはこのたびブックメーカーも取り扱いが始まり、ベットできるスポーツは36種類と充実!これまでもベットティルトはオンラインカジノサイトとしてはゲーム数が豊富・提携しているゲーミングプロバイダの数も20以上と文句なしでしたが、ブックメーカーも取り入れたことで更にパワーアップしました!

ベットティルトと検索してアクセスしてみてください、スポーツのページが最初に表示されます。これほど(ブックメーカーにも)力を入れているってことですね。1つのアカウントでスポーツもカジノも楽しめ、簡単に切り替えれることができるので欲張りさんも満足いくブックメーカーだと思います。

トップの試合・プレイ中の試合・今後のイベントなどと区別されているので視覚的にも見やすく、初心者でも楽しめる作りなので安心ですよ♪ベットティルトはキュラソー政府からのライセンスで法の下に運営されているので、安全面も安心。

VISAクレジットカードを使っての入金は、最低10ドル~最高1,500ドルまで可能。ベットティルトで新たに日本円通貨が設定できるようになったので、日本円にして為替手数料も節約しましょう。ちなみにVISAクレジットカードの入金手数料は0円で、即アカウントへと着金します!

ハッピースター(VISA対応ブックメーカー)

VISA入金できるブックメーカーのハッピースター

>>【公式】Happistar(ハッピースター)

ハッピースター
最低入金額 10ドル(約1,080円)
最高入金額 5,000ドル(約54.6万円)
VISA手数料 ・入金手数料4%
・為替手数料が数%
入金反映時間 即時

ハッピースターは、フィリピンのNCGACというライセンスを持った完全日本語対応のブックメーカーです。元々スロット・ライブカジノしかプレイできなかったのですが、リニューアルしてスポーツブックも可能に!今現在は19種類ものスポーツに、いつでもどこでもベットできます。

特にサッカーは890試合と充実、日本のJリーグも賭け対象となっています(プロ野球は対象外なので注意)。ハッピースターでは通常のスポーツブックだけでは無くバーチャルスポーツも臨場感があり、別の楽しみ方ができるのでお勧めです。

ハッピースターではVISAブランドのクレジットカード入金に対応し、入金限度額は最低10ドルから最高2,000ドルまでと決められています。同じVISAブランドであっても、発行元によっては入金が拒否されてしまう場合もあるので‥その時は別のVISAクレジットカードを使う等で対処しましょう。

入金手数料が無料のブックメーカーが多い中で、ハッピースターは「4%」の入金手数料が必要です。入金額に対しての4%なので、入金額が増えるほど手数料も比例して増えます。ハイローラーは気を付けてください!また、設定通貨はドルだけなので為替手数料もかかります。

NETBET(VISA対応ブックメーカー)

VISA入金できるブックメーカーのNETBET

>>【公式】NetBet(ネットベット)

NETBET
最低入金額 10ドル
最高入金額 5,000ドル
VISA手数料 ・入金手数料無料
・為替手数料は数%かかる
入金反映時間 即時

NETBETは日本語完全対応のブックメーカーで、マルタ共和国からのライセンスを持って運営されています。本場のヨーロッパでは老舗ブックメーカーとして大人気なんですよ。

NETBETの特徴は、日本のプロ野球やJリーグに留まらず、eスポーツやクリケット・モーターレースなど珍しいスポーツにもベットでき、その数なんと31種類!バーチャルスポーツも搭載しているので、試合結果が出るまではこちらでベットするというやり方も!3分ごとにベットできるので飽きる事無く楽しめます。

日本で発行されたクレジットカードであっても、VISA入金に対応しているので日本からでも簡単・スムーズに入金できるのも楽ちん。最低10ドル~最高5,000ドルと、最高入金額が他のブックメーカーよりも高く設定されているのは高評価ですね!

NETBETでは設定できる通貨がドルonlyのため、為替手数料は請求時にプラスされますが入金手数料は無料なのでご安心を!ちなみに、NETBETのVISA入金はPASSNGOと言うプリペイドを購入→交換する仕組みです。これにより同じVISAブランドでもプリペイドカード:Vプリカでの入金もOKなので、使い過ぎが心配な人は、こちらで入金する方法もありますよ。

>> NetBet(ネットベット)の入金ボーナス受取方法

ピナクル(VISA対応ブックメーカー)

VISA入金できるブックメーカーのピナクル

>>【公式】PINNACLE(ピナクル)

ピナクル
最低入金額 20ユーロ
最高入金額 5,000ユーロ
VISA手数料 無料
入金反映時間 即時

ピナクルは数あるブックメーカーの中でも「業界最高オッズ」を打ち出し、勝ちを制限しないウィナー歓迎というまさにギャンブラー向けのブックメーカーです。

実績は他と比べてもまだ浅いのですが、ピナクルは数々の賞を受賞し、世界150か国以上のプレイヤーから利用されているんですよ。ライセンスも取得が特に難しく審査もかなり厳しいとされるマルタ政府からのものなので、信頼性・安全性ともに抜群!

そして「なぜピナクルでは業界最高オッズを出せるのか?」と言うと、他のブックメーカーでは豊富にあるボーナスを一切排除し→プレイヤーに還元しているとのこと。経費が浮くので、その分高いオッズが提供できるというわけ。

また、ピナクルはアービトラージ(複数のブックメーカーで両方に賭けること)がOKな珍しいブックメーカーでもあります。スポーツも29種類と少ない印象を受けますが、高オッズ・アービトラージOKなら文句無しですね。

VISAカードを使い、1回で入金できる金額は最低20ユーロから最高5,000ユーロまでOK(1ヵ月だと5万ユーロまで)。手数料無料で入金でき、VISAカードのみならずVISAデビットカードにも対応。ピナクルでは日本円通貨も設定できるので、(VISAカードとの)通貨を統一しておきましょう。

bwin(VISA対応ブックメーカー)

VISA入金できるブックメーカーのbwin

>>【公式】bwin(ビーウィン)

bwin
最低入金額 10ドル
最高入金額 2,000ドル
VISA手数料 無料
入金反映時間 即時

bwinはジブラルタル政府からのライセンスを持ち、サッカーやラグビー・バレーボール・バスケットボール・テニスなど30種類以上ものスポーツにベットできるブックメーカーです。

残念ながら日本語には対応していないため、知っている人は少ないかもしれません。しかし、bwinは2011年にはブックメーカー:PartyPoker.comと提携・2016年にはGVCホールディングスの傘下に入るなどし、大手ブックメーカーとしての地位を着実に確立してきました。

そんなbwinの一番の特徴が、有名なチーム・選手の試合だとストリーミング配信で生中継されるため、観戦しながらベットできる点です。

しかも最低入金額以上ベットしていれば、後は残高が無くならない限りずっと見放題。グラフィック性能も抜群なので臨場感あふれる試合を観れるはずです。試合日が近付くにつれてオッズは下がりますが、bwinでは高オッズである数か月前からベットできる点も忘れてはなりません。

bwinではVISAクレジットカード入金の手数料は無料で、アカウントにも即着金されるためスムーズに賭けることができますよ。VISAカードによる入金限度額は、最低10ドル~最高2,000ドルまでOKです。

チェリースポーツ(チェリーカジノ)(VISA対応ブックメーカー)

VISA入金できるブックメーカーのチェリースポーツ

チェリースポーツ
最低入金額 12ドル
最高入金額 2,500ドル
VISA手数料 無料
入金反映時間 即時

チェリースポーツは、(チェリーカジノ)とも記載しているようにチェリーカジノの(スポーツベッティングができる)ブックメーカーです。

マルタ政府からのライセンスを持って運営されている他、スポーツベッティングで採用しているソフトウェアはキュラソー政府からのライセンスを取得しています。違法性は一切無く安心・安全にベット(プレイ)できるのが、このチェリースポーツの一番の特徴と言えるでしょう。

チェリースポーツでベットできるスポーツは29種類で、オッズ形式は3種類から選択できます。※日本人には入金額を掛け算するだけで勝利金が分かる、デジマルオッズがおすすめ!また、賭け方もシングルベット以外にコンボベット(2つ以上の試合の結果を予想しベットすること)も可能。ベットした試合すべてを的中させる必要があるため、賭ける試合が多いほど勝率が下がりますが‥色々な試合に賭けたい時にはピッタリですね。

そしてチェリースポーツにスムーズに入金するには、やはりVISAカードがベスト。最低12ドル~最高2,500ドルまで自由に入金できます(出金は不可)。VISAカード入金による入金手数料も無料です!

 

VISAカードでブックメーカーに入金できない!?考えられる理由と対処法

VISAカードでブックメーカーに入金できない時の対処法

VISAはクレジットカードの中でも一番主流であり、世界中で利用されている大手ブランド。しかし、ブックメーカーがVISAに対応していて、プレイヤーもきちんと入金手続きを進めているにも関わらず、エラーで入金できない場合があります。

入金エラーになると再度ブックメーカーに入金手続きを行うなど手間・時間ともにかかります。出くわしたくはないですが入金エラーの理由をまとめました。

VISAカードでブックメーカーに入金できない時の対処法も記載しておくので、いざエラーになっても慌てることの無いように対処して頂ければと思います。

VISAカードの3Dセキュア認証の有無

ブックメーカーに登録したアカウントと同じ名義、且つ有効期限内のVISAカードであれば問題なく入金できる場合がほとんどです。

しかし稀に、入金手続き中に3Dセキュア認証(VISA認証サービス)画面が表示されることもあります。入金に使うクレジットカードに3Dセキュア認証を行なっていなければ、手続きを進めることができません。

VISAカード発行元のホームページや利用明細が確認できるアプリからなども簡単に設定できるので、ブックメーカーに入金前に必ずVISAカードの3Dセキュア認証を済ませるべし!

カード会社が海外送金を規制

私たちプレイヤーが原因では無く、「発行元であるカード会社」が海外への送金を規制している場合です。不可抗力と言って良いですね。こればっかりは実際にブックメーカーに入金してみないことには、自分が持っているVISAカードが入金OK・NGかが分かりません。

発行が難しいカードだと(海外への入金が)不可という噂もよく聞きますが…。

しかし仮にCASINO-X(カジノエックス)で入金NGでも、MARATHONBETならOKなどブックメーカーごとの相性もあります。もし3Dセキュア認証したVISAカードでも入金できなかった場合は、他のブックメーカーで試してみましょう。

JCBなど他のクレジットカードを持っているならそちらで入金する方法もアリです。

 

VISAカードでブックメーカーに入金するメリット

VISAカードでブックメーカーに入金するメリット

ブックメーカーにVISAカード入金できないこともあると聞いて、テンションが下がっていないでしょうか‥そういったことがあったとしても、VISAカードはやはり一番便利な入金手段です。

この章では、ブックメーカーにVISAカードを使って入金するメリットを3つ紹介します!

【VISA入金のメリット①】手数料無料で入金できる

VISAカードなら手数料無料でブックメーカーに入金できる!

オンラインカジノの場合、VISAカード入金に手数料が数%かかるところも多い中‥ブックメーカーは、上記で紹介したハッピースター以外は<すべて>入金手数料は無料です!

通貨が日本円以外だとどうしても為替手数料は避けられませんが、VISAカード入金そのものにかかる手数料が0円なだけで負担はだいぶ違いますからね。

【VISA入金のメリット②】クレジットカードはアカウントに即反映

VISAカード入金ならアカウントに即反映!

各ブックメーカーの特徴内でも記載していますが、VISAカードを使って入金した後⇒即時でアカウントへと反映します。つまり入金手続き終了と同時なので=リアルタイムで着金します。

アカウントへの反映まで時間がかかるとストレスになりますが、VISA入金だとその心配は全く要りません。

【VISA入金のメリット③】Vプリカやデビットカードで入金できることも

VISAブランドならVISAプリペイドやVISAデビットでも入金OK!

すべてのブックメーカーではありませんが、JOYCASINO(ジョイカジノ)やベットティルト・NETBET・ピナクルなど一部のブックメーカーではVISAプリペイドカードやVISAデビットカード入金にも対応しています。

Vプリカなどはコンビニでも手に入りますし、クレジットカードを持っていない人でもVISAで入金できるのは助かりますね!

 

ブックメーカーにVISA入金した時の出金時の注意点

かじの君

最後に、VISA入金をした後、ブックメーカーから出金する時の注意点について説明します。 

ブックメーカー入金にVISAカードを使うにあたり、最後に注意点として「VISAカードには出金できない」点をお伝えします。

ブックメーカーによっては、出金にもVISAカードOKと書かれていることもありますが、クレジットカードへの出金は『一切できません!』

これは日本のクレジットカードだけでは無く、どの国が発行したクレジットカードでもできないと考えてください。

一旦入金できたものの、何らかの理由で取り消し(キャンセル)されたなら返金という形で戻ってくることはありますが‥ブックメーカーやカジノで得た勝利金の出金にはクレジットカードは使えません。

ブックメーカーからの出金は電子決済サービスがオススメ!

各ブックメーカーはecoPayz(エコペイズ)やiWallet(アイウォレット)などの電子決済サービスに対応しているため=この方法であればスムーズに出金できます。

ブックメーカーから一旦ecoPayz(エコペイズ)・iWallet(アイウォレット)に出金した後に、自分の銀行口座へと引き出す(換金する)流れです。

各サービスの出金方法の詳細は、下記【関連記事】のリンクページをご覧下さい。

出金の反映には数時間必要

VISAクレジットカードによるブックメーカーへの入金はスムーズ・即反映だったけど、ecoPayz(エコペイズ)・iWallet(アイウォレット)に出金してもすぐ反映されるのか?心配される人も多いでしょう。

さすがに入金時と同じ様に、出金手続き後即時とはいきませんが、上記のブックメーカーであれば大体数時間以内には処理されます。

スピード重視なら10BET

どのブックメーカーも甲乙つけがたいですが、敢えてお勧めのブックメーカーを言うならば10BETでしょうか。出金手続き後は数分から1時間以内で処理されるので、スピード重視派に最適!

注意:入金実績を作る必要性も出てくる

オンラインカジノやブックメーカーでは入金と出金が同じ方法でないと出金できないという大前提があります。

なので、ブックメーカーからecoPayz(エコペイズ)やiWallet(アイウォレット)に出金しようとする場合は、少額でも良いので入金した実績を作る必要があります。

一度でもecoPayz(エコペイズ)かiWallet(アイウォレット)からの入金実績があれば、後はVISAカードで入金しても出金する事が出来ますので、どちらかで口座開設しておく事をオススメします。両サービスとも口座開設は簡単・無料でできます。

※出金システムは利用するブックメーカーによって異なるので、VISAカードで入金した際に合わせてサポートに確認して下さい。

こういった点を踏まえて、VISAカードでブックメーカーに入金して、スポーツベットを楽しんで下さいね。

 

>>オンラインカジノの入金方法の選び方!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です