iWallet(アイウォレット)のエグゼクティブ会員アップグレード方法

iWallet(アイウォレット)のエグゼクティブ会員アップグレード方法

※iWallet(アイウォレット)は緊急メンテナンス中で現在利用できませんので、代わりに同じ電子決済サービスのecoPayz(エコペイズ)をご利用下さい。

>> ecoPayz(エコペイズ)とは!?

 

かじの君

この記事ではiWallet(アイウォット)に用意されているエグゼクティブ会員のアップグレード方法と手順を解説しています。

iWallet(アイウォレット)は、オンラインカジノプレイヤーにとって欠かすことのできない決済手段の一つですが、オンラインカジノの入出金をスムーズにする為には、登録時のスタンダード会員からエグゼクティブ会員にアップグレードする必要があります。

iWallet(アイウォレット)のアップグレード手順へジャンプ

このページでは、iWallet(アイウォレット)のスタンダード会員とエグゼクティブ会員の違い・アップグレードの方法を詳しく紹介していきます!

>>iWalletで入金できるオンラインカジノ【5選】

iWallet(アイウォレット)のアップグレード前はスタンダード会員

iwallet(アイウォレット)のアップグレード方法

かじの君

iWallet(アイウォレット)で口座開設した時点(スタンダード会員)では、必要最低限のサービスしか利用できない状態です。

iWallet(アイウォレット)でエグゼクティブ会員にアップグレードすると何が違うのか?を比較する前に、まずはスタンダード会員で出来ることを確認していきましょう。

先ずスタンダード会員になるには、iWallet(アイウォレット)の公式サイトの「新規口座開設」ボタンから新規登録手続きを行えばOK!メールアドレスを入れてパスワードを設定、氏名や生年月日を登録するだけで簡単です。身分証明書(本人確認書類)も不要、審査も不要なので、本当に簡単にiWallet(アイウォレット)の口座を作成できます。

【アップグレード前】約11万円までの利用が可能

iWallet(アイウォレット)のアカウント口座を作った段階(アップグレード前)では、=すべての人がスタンダード会員です。

このスタンダード会員で出来ることは【約11万円までの利用】です。正式には、8,000香港ドル(およそ1,000米ドル相当)までーこれを日本円に換算すると、約11万円となります。

iWallet(アイウォレット)はオンライン上の決済サービスなので入金・出金ともにできますが、スタンダード会員だとこれが約11万円まで利用できます。

アップグレードしないとオンラインカジノの入金・出金には不向き!

約11万円までの利用‥一見、何も不便が無いように思えますよね。しかし、オンラインカジノの入金・出金にiWallet(アイウォレット)を使うと考えてみてください。入金もそうですけど、もし大勝ちしても11万円しか出金できなかったら‥利用している意味が無いですよね。

iWallet(アイウォレット)口座を持っている家族や知人間での送金にしか使わないのであれば、特にスタンダード会員のままでも問題ないかと思います。しかし、オンラインカジノへのメインの入金・出金方法とするならばスタンダード会員のもう一段階上「エグゼクティブ会員」へとアップグレードを!

次章からは、iWallet(アイウォレット)でエグゼクティブ会員にアップグレードして出来ることを見ていきますよ。

参考⇒オンラインカジノ人気ランキング!おすすめオンラインカジノ

 

エグゼクティブ会員にアップグレードすると全機能利用OK

iWallet(アイウォレット)のスタンダード会員は、アカウントを開設した時点で誰でもなれるものです。しかし約11万円までと利用できる金額に制限があり、オンラインカジノの入出金には不便でした。

エグゼクティブ会員へとアップグレードすべき理由は、見出しにもあるように【全ての機能が利用できるようになるから】です。

これは、アップグレード前のスタンダード会員で設けられていた8,000香港ドル(1,000米ドル)という上限額も解除されて<無制限で>利用できるように!オンラインカジノの入出金にiWallet(アイウォレット)を使うには、エグゼクティブ会員になるべきというのが納得頂けたかと思います。

UnionPay Prepaid Card(ユニオンペイ):プリペイドカードも作れる

アップグレードするとユニオンペイが作れる

エグゼクティブ会員にアップグレードすれば、iWallet(アイウォレット):プリペイドカードも発行することができます。スタンダード会員のままだと、このプリペイドカードは作れません。

以前まで存在していたVISAブランドのプリペイドカードでは無く、UnionPay Prepaid Card(ユニオンペイ)と呼ばれる銀聯(ぎんれん)ブランドのカードです。

このカードを発行すれば、iWallet(アイウォレット)内にある残高をカードへと移すことでいつでもATMから出金できるように!オンラインカジノは入金だけじゃなく出金も大切ですからね、エグゼクティブ会員にアップグレードすればこの点もスムーズに行えるようになるわけです。因みに、クレジット入金や国内銀行送金などもエグゼクティブ会員のみ利用できます。

スタンダード会員 エグゼクティブ会員
利用可能額 8,000香港ドル(約11万円) 無制限
ユニオンペイ 発行不可 発行可能
入金方法 国際送金・仮想通貨 クレジットカード・国内銀行送金・国際送金・バウチャー購入・仮想通貨

 

iWallet(アイウォレット)のエグゼクティブ会員へのアップグレード手順

かじの君

ここからはエグゼクティブ会員になる為のアップグレードの手順を解説していきます。実際に私もアップグレードしていますので間違いない手順です。 

エグゼクティブ会員になることは、すべての機能が利用できるというメリットしかありません。早速、アップグレードしてみましょう♪

>>【公式】iWallet(アイウォレット)

1.ユーザー基本情報設定から、住所等を登録

iWallet(アイウォレット)のユーザー情報の変更修正と登録

アップグレードするには、まず【公式】iWallet(アイウォレット)にログインしてください。そして、歯車マークのユーザー設定をクリックし・・ユーザー基本情報設定→「変更・修正」から住所・郵便番号を登録しましょう。

iWallet(アイウォレット)の登録情報を入力

具体例)仮の名前と住所

名前)山本正

住所)東京都千代田区大手町1-1 山本ビル101

英語表記の住所がわからない時は、judressを使うと便利です。

>>【公式】Judress (日本語住所を英語表記にしてくれるツール)

メールアドレス yamamoto@gmail.com
パスワード yamabudou2544(←自分で覚えれるもの)
Tadasi
Yamamoto
生年月日 1988/12/05
国名 Japan
州・都道府県 Tokyo To
市・区名 Otemachi , Chiyoda Ku
建物・部屋番号・番地・町村名 yamamotobiru101,1-1
郵便番号 100-0004
電話番号 0900010001

アップグレードするには後述する本人確認書類が必要なので、この書類に記載の住所を入力(登録)してください。

最初のアカウント開設の時は名前や生年月日しか入力しなかったですが、アップグレードするには住所の登録が必須作業です。

注意したいのが、日本語ではなく英語表記で登録する点。半角英数字しか使えないので、英語表記できるサイト(Judress)等で変換しておき‥コピペすると確実です。

2.本人確認書類・住所確認書類をアップロード

住所の登録ができたら、ログインしたままiWallet(アイウォレット)のトップ画面に戻ります。

iWallet(アイウォレット)に住所確認書類・本人確認書類のアップロード

先ほどと同じ歯車マーク:ユーザー設定から、今度は「KYC書類認証」をクリックしてください。

iWallet(アイウォレット)のKYC認証

 

「参照」ボタンをクリックし、本人確認書類と住所確認書類を提出します。

iWallet(アイウォレット)に本人確認書類・住所確認書類を提出

Point!提出する書類の注意点

本人確認書類だけでなく住所が確認できる書類も必要なので、合わせて用意しておきましょう。書類ごとの注意事項を記載しておきます。

  1. 本人確認書類⇒パスポート・運転免許証など、顔写真付きのもので有効期限が3か月以上残っているもの
  2. 住所確認書類⇒金融機関・公共料金の明細書など公的機関から3か月以内に発行されたもの

どちらも、カラーで鮮明であり情報がしっかりと確認できる状態でアップロードしてください。運転免許証は変更事項が無ければ表面だけですが、何も記載が無い裏面も出す方が良いです。また、住所確認書類は《名前・住所・発行日・発行機関》が明確に分かる状態で!

何か一点だけでも曖昧であれば、認証されないため注意が必要です。こんな情報も必要かな?と思えば提出を。とにかくiWallet(アイウォレット)に登録している氏名や住所などアカウントと同じであることが確認できれば良いのです。

3.アップロード書類状態が表示→審査完了を待つのみ

2つの書類を無事にアップロードできたら、iWallet(アイウォレット)側の書類(審査)の状態が表示されます。

アップロードしたばかりの時は状態が審査中・未認証となっていますが、これが承認されると、晴れてエグゼクティブ会員になり、審査完了のメールが届きます。と同時に、ステータスも口座KYC審査完了と表示されるので確認してみましょう。

これで、iWallet(アイウォレット)のエグゼクティブ会員へのアップグレード手続きは終了です!

※もし書類に不備があっても、理由や対処法をきちんと知らせてくれるので安心です!

 

エグゼクティブ会員へとアップグレードされるまでの反映時間

書類を2点提出してから承認されてアップグレードされるまで、早い人で1-2日程度です。不備があればiWallet(アイウォレット)からお知らせが届きますが、その分審査完了まで時間を要しますね。

審査時間が1-2日程度ならばかなり迅速と言えますが、できたら、本人確認書類=運転免許証+パスポートなど2種類提出しましょう。運転免許証orパスポートのどちらか+住民票でもOK!2点出した方が審査も通りやすく、承認までの時間も短縮されるようです。(あくまでも噂ですが念には念をということでしょう。)

私は3時間ほどでアップグレードされました。反映時間が3時間とは驚きです。

 

スタンダード会員vsエグゼクティブ会員違いのまとめ

iWallet(アイウォレット)のスタンダード会員とエグゼクティブ会員の違いをまとめます。

  • スタンダード会員:約11万円までの利用・ユニオンペイ(プリペイドカード)は作れない
  • スタンダード会員は入金方法がかなり限定される
  • エグゼクティブ会員:制限無しですべての機能が利用できる

本人確認書類・住所確認書類を提出するだけで、すべての機能が使えるエグゼクティブ会員になれるわけです。

しかもアップグレードは無料!審査といってもアカウント情報と一致していれば、非承認になることはまずあり得ません。正しい情報を登録して、その情報通りの書類を出すだけです。審査時間に1-2日という時間がかかることからも、入金時では無くアカウント開設と同時にやっておくと便利ですよ。

iWallet(アイウォレット)はエグゼクティブ会員が通常の会員だと考えておき、アカウントを作る時は是非この記事を参考にしてくださいね。

 

>>オンラインカジノの入金方法の選び方!

コメントを残す