ネット銀行デビットカードでオンラインカジノ入金!

ネット銀行デビットカードはオンラインカジノ入金に便利

ネット銀行デビットカードはオンラインカジノの入金に最適!

かじの君

クレジットカードを海外サイトで使うのが心配な方は、デビットカードでもオンラインカジノに入金が出来ます! 

ネット銀行でもキャッシュカードのみならずデビットカードを発行しているのをご存知でしょうか?

デビットカードの特徴は、口座と連動させて使う=使えばすぐに引き落としされる点。お金の管理は現金派!という人にとって、最適なカードですよね。

さて、デビットカードでもクレジットカードと同様に、オンラインカジノへの入金が可能です。デビットカードであっても、JCB、VISAやMasterCard(マスターカード)などのブランドが付帯していれば入金に使えるんですよ♪

このページでは、どんなブランドのデビットカードが用意されているのか?有名なネット銀行4つで比較してみました!

そして(オンラインカジノの)入金にかかる手数料や、どのオンラインカジノに入金できるかも紹介していきます。

>>銀行振込できるオンラインカジノ【5選】

JMB Visaデビットカード:ジャパンネット銀行

JMBVisaデビットカードでオンラインカジノに入金

まず初めに紹介するデビットカードは、ジャパンネット銀行が発行元のJMB Visaデビットカードです。VISAブランドのものしか発行していませんが、通常のカードタイプ・ネットショッピング等で利用できる番号のみのカードレスタイプの2種類から選べます。

オンラインカジノの入金専用として作るならば、カードレスの方が手持ちのカードが増えずで良いですね。ジャパンネット銀行口座を開設すれば、審査不要でこのVISA機能付きデビットカードを作成できます。デザインは青・黒・ピンクの3タイプから。

JMB Visaデビットカードの概要

  • 年会費:永年無料
  • 付帯保険:第三者不正利用保険付帯

JMB Visaデビットカードの特徴

このJMB Visaデビットカードは、なんと4つまで(カード)番号を発行できます!

1枚はオンラインカジノ入金用にカードレスで・もう1枚は日常利用のためにカードタイプで、と使い分けできます。

1枚のカードは5年間の有効期限で、1日当たりの利用額も最大500万円と高額!ハイローラーは作っておきたいデビットカードの1つですね。

JMB Visaデビットカードで入金できるオンラインカジノと手数料

JMB Visaデビットカードならば、VISAクレジットカードで入金できるオンラインカジノであれば基本入金できます。

VISAで入金できるオンラインカジノと入金手順

  1. ベラジョンカジノ
  2. インターカジノ
  3. エンパイアカジノ
  4. カジ旅

入出金方法の中の各種カードに<デビットカード>とも記載されているので、これらのオンラインカジノならば確実に入金できますし手数料も0円です。

しかし、JMB VISAデビットカードを使ってドルで入金時には・・入金額の3.02%がドル決済利用料がかかります。もし100ドル入金する場合、100ドル×3.02%=103.02ドルを円に換算した金額が請求されるということです。

なるべく、カジノへの入金手数料が無料のところを選んだ方が良いですね。

>>VISAで入金できるオンラインカジノ【13選】

 

Sony Bank WALLET(VISAデビット付きキャッシュカード):ソニー銀行

Sony Bank WALLETでオンラインカジノに入金

次に紹介するのは、ソニー銀行が発行しているSony Bank WALLET。このSony Bank WALLETはVISAブランドが付帯しており、キャッシュカードとの一体型になっています。お財布の中でもスマートに持てますね。

Sony Bank WALLETのデザインも、某ブランドのような洗練されたオシャレな柄・可愛いクマが目印のポストペット柄と2タイプから選べるのも嬉しい!なかなかこんなデザイン無いですよ!私も持っていますが、デザイン目当てと言っても過言ではありません(笑)。

Sony Bank WALLETの概要

  • 付帯ブランド:VISAのみ
  • 年会費:初年度も2年目以降も永年無料
  • 付帯保険:年間50万円までのショッピング保険
  • 補償制度:不正利用補償

Sony Bank WALLETの特徴

Sony Bank WALLETはVISAブランドが付帯しているので、海外での利用も可能!

特に、米ドル・豪ドル・ユーロなど11もの通貨と連動していて該当通貨の口座を持っていれば⇒海外で利用しても<現地の通貨で即>引き落とされるので余計な手数料がかからないというのが大きな特徴です。

日本にいる時に、円で該当通貨を購入し外貨口座に入金しておく必要がありますが‥しかも外貨口座の預金が足りなければ、円の口座から支払ってくれる「円からアシスト」機能も人気。この時の両替手数料も業界最低水準というくらい安いです。

Sony Bank WALLETで入金できるオンラインカジノと手数料

Sony Bank WALLETで入金できるオンラインカジノは、VISAに対応しているオンラインカジノならばどこでもOK!

あの有名なベラジョンカジノや、可愛いキャラクターが目印のラッキーニッキーカジノでもデビットカードの入金を勧めています。

手数料は、VISAクレジットカードで入金する時と同じ[入金額の2.25%]です。もちろん手数料が無料のオンラインカジノならば、入金手数料はかかりません。

 

楽天銀行デビットカード:楽天銀行

楽天銀行デビットカード

楽天銀行が発行するデビットカードは、ベーシックデビットカード(VISA)と楽天銀行デビットカード(JCB)の2種類です。ジャパンネット銀行・ソニー銀行ともにVISAブランドのみなのに、楽天銀行はJCBブランドも発行しているという貴重なところです。

100円ごとに1ポイントの楽天ポイントが貯まりますし、貯まったポイントは1p=1円で使えるので楽天ユーザーは必見のデビットカードと言えるでしょう。

JCBブランドならば可愛いパンダデザインも選べるので、女性が持つのにもオススメ。ベーシックデビットカード(VISA)はVISA加盟店・楽天銀行デビットカード(JCB)はJCB加盟店であれば“どこででも”使えます。

楽天銀行デビットカードの概要

【ベーシックデビットカード(VISA)】

  • 手数料:永年無料
  • 特典:盗難補償

 

【楽天銀行デビットカード(JCB)】

  • 年会費:永年無料
  • 付帯保険:年間100万円までのショッピング保険
  • 補償制度:年間100万円までの不正利用補償

楽天銀行デビットカードの特徴と注意点

楽天銀行デビットカードの最大の特徴は、やはり楽天ポイントが貯まる・使える点ですね。

ポイントを支払いに充当できるのは、やはり楽天ならでは!事前にポイントの利用設定をおこなっておくことで、利用した時に自動的にそのポイントが差し引かれます。これは便利ですね!

注意点は2つ!ポイントで支払う場合に設定するポイントは、通常ポイントのみ。期間限定ポイントは使えないので気を付けましょう。また、VISAブランドで発行する場合に「ベーシックデビットカード」を選択して下さい。

もう一つ、楽天銀行シルバーデビットカード(VISA)は年会費が2,160円かかってしまうので‥同じVISAでも、年会費永年無料のベーシックデビットカードを選びましょう!

楽天銀行デビットカードで入金できるオンラインカジノと手数料

ベーシックデビットカード(VISA)ならば、VISAのクレジットカードで入金できるカジノサイト

ベラジョンカジノインターカジノカジ旅など多数)

 

JCBならば、JCBクレジットカードで入金できるカジノサイト

ラッキーニッキーカジノBettilt(ベットティルト)CASINO-X10Betならば入金OKです!

 

手数料は今までも言ってきている通り、カジノサイトで無料としているならば入金手数料は0円です。楽天銀行デビットカードは海外での利用時に3.024%の手数料が必要です。※円換算レートは非公開

>>JCBで入金できるオンラインカジノ【12選】

 

VISAとJCBはどっちを選ぶべき?

楽天銀行デビットカードはVISAとJCBブランド、どちらを選んだら良いの?という人のために・・私は「VISAブランド」の方をオススメしたいです。先ほどの概要の章に戻って下さい。

特典を見るとJCBの方が充実していますが、オンラインカジノの入金という点で見るとVISAクレジットカードで入金できるカジノサイトの方が、JCB対応サイトよりも圧倒的に多いからです。JCBだとかなり限られてしまうので・・今から楽天銀行デビットカードを作るのであれば、是非VISAで!

 

ミライノデビット:住信SBIネット銀行

ミライノデビットでオンラインカジノに入金

最後に紹介するデビットカードは、住信SBIネット銀行が発行している<ミライノデビット>です。住信SBIネット銀行口座を開設することで、デビットカードとキャッシュカードが一体型となったカードを持つことが可能。

選べるブランドは、定番のVISAとMasterCard(マスターカード)!ネット銀行が発行しているデビットカードの中で、MasterCard(マスターカード)ブランドが付帯しているのはかなり貴重ですね。

MasterCard(マスターカード)ならば対応しているカジノサイトもVISA並みに多いので、どちらを選んでも不便には感じないかと。

ミライノデビットの概要

【VISA】

  • 年会費:永年無料
  • カードの有効期限:5年
  • 還元率:0.6%

 

【MasterCard(マスターカード)】

  • 年会費:永年無料
  • カードの有効期限:7年
  • 還元率:0.8%

VISAとMasterCard(マスターカード)の違いは有効期限(2年の差)と還元率(0.2%の差)のみです。不正利用補償やショッピング付帯保険などは、付いていません。

ミライノデビットの特徴

住信SBIネット銀行は、ミライノデビット(VISA)しか用意されていませんでした。しかし2019年4月に、国内初のMasterCard(マスターカード)ブランド付帯デビットカードとして登場!

利用した際のポイント還元率もVISAより0.2%多い0.8%というのも魅力ですし、Sony Bank WALLETのように外貨預金口座にお金があればそこから決済されるという特徴も合わせ持っています。

しかも、海外事務手数料は3%かかりますが‥年30回分まで手数料が全額ポイントバックされるので実質無料で利用できます!これは他のデビットカードには無い、大きな特徴ですね!

ミライノデビットで入金できるオンラインカジノと手数料

VISAブランドなら、VISAクレカ対応のベラジョンカジノ・カジノシークレット・チェリーカジノなど。

MasterCard(マスターカード)ブランドならば、MasterCard(マスターカード)クレカ対応のクイーンカジノ・ウィリアムヒルスポーツ・ライブカジノハウス・インターカジノ等で入金できます。ぜひ試してみて下さい。

>>MasterCardで入金できるオンラインカジノ【6選】

 

注意点:オンラインカジノはデビットカードで入金できない可能性あり!

デビットカードで入金できない時の対処法

有名な4つのネットバンクを例に、発行しているデビットカードを比較してみました。入金できるオンラインカジノの見出しでも記載していることですが、基本的には付帯しているブランドに対応しているオンラインカジノならば入金できます。

しかし対応しているからといって=必ず入金できるとは限りません。

デビットカードもクレジットカードと同じ入金手順ですが、デビットカードによっては入金拒否されることもあるんです。ここで考えられる理由が、カード発行元の制限。海外サイトの利用(特にギャンブルへの入金)はNGとしている銀行もあるようです。

もし入金できない時は、直接、銀行振込できるオンラインカジノをお勧めします。銀行ATMから送金できるからです。

QUEEN CASINO(クイーンカジノ)や188BETになります。

入金できない時の対処法はある?

VISAに対応しているベラジョンカジノでは入金できなかったけど、インターカジノならば入金できた!ということもあり得ます。デビットカードとカジノサイトには相性も関係してくるので、ややこしいですね。

入金できるか否かは、試してみないと分からないのがネックですが‥デビットカードで入金したいならば、1つのカジノサイトだけでなく複数のカジノサイトでプレイしましょう。

こうすれば、Aと言うカジノサイトで入金×でも代わりが利きます。デビットカードの発行を検討している人は是非参考にして下さい。

 

>>オンラインカジノの入金方法の選び方!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です