ベラジョンカジノで借金!?絶対勝てないの?

ベラジョンカジノで借金!絶対勝てないプレイヤーの特徴を紹介

ベラジョンカジノは大きく勝利したプレイヤーを見かける一方で、多数の敗者がいます。そこでこの記事ではベラジョンカジノを健全に楽しめるよう、借金に陥ったり、絶対に勝てないプレイヤーの特徴をまとめてみました。

かじの君

ベラジョンカジノの敗者の中には借金を負ってしまい、返済地獄に陥ってしまうケースもあるので不安な方は是非本記事を参考にしてください。

>ベラジョンカジノで一番稼げる・勝てるゲーム【10選】

ベラジョンカジノで借金してしまう絶対勝てないプレイヤーの特徴

ベラジョンカジノで借金してしまう絶対勝てないプレイヤーの中には、4つの特徴が見られます。

上記の4つの特徴について、詳しく解説していきます。

①ベラジョンカジノで過去に大勝ちした記憶を忘れられない

過去に一度でもベラジョンカジノで大勝ちした経験があると、その経験がネックになってしまうことがあります。なぜなら普通の勝利だけでは十分な満足感を得にくくなってしまうためです。

過去に大勝した経験や他のユーザーの大勝体験談を踏まえて、「まだまだ勝てるはずだ」というような錯覚に陥ってしまい、結果的に勝てないプレイヤーになってしまいます。

ベラジョンカジノの「勝利者インタビュー」

>【公式】ベラジョンカジノ
ここから登録すると入金不要ボーナス$30獲得

ベラジョンカジノの「勝利者インタビュー」に紹介されている体験談を見ると、次は自分がと感じてしまう人もいるでしょう。しかし勝てない可能性の方が高く、同じような大勝を再現できる保証はありません。

特にクレジットカードやキャッシングを利用して入金していた場合には、敗北金額がそのまま借金負債としてのしかかってきます。

関連⇒ベラジョンカジノで大勝ちできる!おすすめゲーム【5選】

②クレジットカードの利用可能枠=入金できる資産額と思い込む

ベラジョンカジノで借金地獄に陥る勝てないプレイヤーは、入金に利用するクレジットカードの利用可能枠をそのまま自分資金であると思い込んでしまいます。

クレジットカードでキャッシング

クレジットカードは後日利用代金を支払わなければならないので、利用可能枠はあくまでも「借金できる金額」に過ぎません。さらに「借金をベラジョンカジノで増やしてから返そう」というような悪い思考にも陥ってしまいます。

ベラジョンカジノに限らずオンラインカジノは、クレジットカード入金ができるという利便性が魅力です。しかしベラジョンカジノの入金にクレジットカードを利用するか否かは、きちんと検討した方が良いでしょう。

③大負けするまでベラジョンカジノをプレイし続けてしまう

勝っている時に適切に利益確定ができず、結局大負けして資金を失うまでプレイを止められないのも、勝てないプレイヤーに多いです。

特にオンラインカジノは還元率が高く、ユーザーが勝ちやすい仕様になっているからこそ、適切なタイミングを見失ってしまい、プレイし続けてしまうということがあります。

また人間はギャンブル中に損失が発生していると「何とかして取り戻さなくては」と焦ってしまいます。その結果イチかバチかの無謀なベットに走り、結果として勝てないというケースが少なくありません。

④「絶対に勝てないよう仕組まれている」とベラジョンカジノのイカサマを疑う

借金地獄に陥る勝てないプレイヤーは、ゲームのイカサマを疑うようになります。しかしベラジョンカジノのすべてのゲームにはRNGという、ランダムな結果になるプログラムによって作動しており、イカサマはありません。

私たちのオンラインギャンブル製品はランダムナンバージェネレーター(RNG)、その名前から推測できるように、数字をランダムに生成するシステムを使用しています。

つまり、会社側からもお客様側からも、どのような操作もされないことが保証されているのです。

引用元:ベラジョンカジノ「安全なオンラインギャンブル」

仮にイカサマが施されているような場合、ベラジョンカジノは運営に必要なライセンスを剥奪され、オンラインカジノの運営自体ができなくなってしまいます。

またライブゲームは、ディーラーの様子を常時監視できます。少しでも怪しい動きがあれば世界中に晒されることになるため、当然ディーラーもイカサマを仕組めません。

ライブゲームはディーラーの様子を常時監視できる

結局なかなか勝てないのは、プレイヤー自身のベット判断ミスや実力不足が原因です。他の主体に責任転嫁をしたい気持ちはよく分かりますが、そんな状態ではいつまでも勝てない状態から抜け出せません。

借金地獄に陥った勝てないプレイヤーの末路

ベラジョンカジノの利用を通じて借金を背負うことになると、様々な地獄が待っています。具体的にどのような末路を辿ることになるのか、詳しく知り戒めにしておきましょう。

借金をベラジョンカジノの勝ちで返済しようとし、ますます借金が膨らむ

徐々に借金が拡大してくると、毎月の給料などの収入だけでは返済するのが厳しくなります。そこで多くの勝てないプレイヤーは「ベラジョンカジノで一発あてて勝てば一気に返済できる」というような考えになります。

ベラジョンカジノで高額勝利金を獲得

もちろん運よく大勝利をして、そのまま一気に借金を返済できる可能性もあります。しかし実際には、途中で大敗を喫して、結果的に借金が大きくなっただけという展開になりかねません。

また借金は返済期間が長くなると利息の支払いも強いられるという点に注意が必要です。期間が長くなれば利息の支払いも増え、トータルの借金額は雪だるま式に大きくなるので、より勝てない状態になります。

複利の利息の付くイメージ

画像参照元:西尾信用金庫

最終的に自分が借金をした金額以上の負担を強いられることがほとんどです。そのため返済できる金額分だけでも、着実に返済して元本を減らしていくことが重要です。

関連⇒オンラインカジノで借金!300万円借金したベラジョン体験談

借金の返済でクレジットカードや税金の支払いがどんどん遅れていく

借金の返済で頭が回らなくなってくると、クレジットカードや税金、家賃などの支払いが遅れていくでしょう。すると以下のようなデメリットを被ることになります。

  • クレジットカードの利用が制限される
  • クレジットカードを強制解約される(残金一括払いを命じられる)
  • 将来の年金額が減額される
  • 財産の差し押さえをされる
  • 会社や家族に税金滞納を知られる可能性がある
  • 賃貸住宅からの退去を命じられる
  • 次の賃貸住宅を契約しづらくなる可能性がある

どこかで歯止めをかけなければ、事態は日を追うごとに悪化していくのみとなります。

関連⇒オンラインカジノの税金と節税対策!脱税はバレるので注意

借金の返済遅延で信用情報が傷つき、日常生活にも大きな支障を来たす

借金やクレジットカードの支払いをしっかり期日内に行えなくなると、信用情報に傷がつきます。最悪の場合ブラックリストに掲載されてしまうかもしれません。

ブラックリストに掲載されてしまうと、基本的に5年間程度は新規でカードを発行したり、ローンを組んだりできなくなります。もちろん結婚後に住宅を購入するのも難しくなるでしょう。

仮にベラジョンカジノで借金を負うことになったとしても、長い人生を考えた時にはとにかく傷が浅い時に対処しておくことが重要です。

ベラジョンカジノで借金地獄になっても自己破産はできる?

自己破産はできるのか参考:自己破産には5つのデメリットがあるが、借金の支払い義務がなくなる大きなメリットも

借金によりにっちもさっちもいかなくなった場合には、1つの選択肢として自己破産を考える人もいるでしょう。自己破産をすれば、その時点で借金を返済する必要がなくなります。

しかしベラジョンカジノを理由にした借金の場合、自己破産はできない可能性があります。

オンラインカジノなどのギャンブルによる借金は免責が認められない

大前提として、オンラインカジノなどのギャンブルにより作った借金は破産法において自己破産の免責が認められないことになっています。

第二百五十二条 裁判所は、破産者について、次の各号に掲げる事由のいずれにも該当しない場合には、免責許可の決定をする。

四 浪費又は賭と博その他の射幸行為をしたことによって著しく財産を減少させ、又は過大な債務を負担したこと。

引用元:破産法第252条

「賭と博」という記載がギャンブルに該当します。免責が認められなければ、当然自己破産はできず、借金返済義務は残ったままです。

実際は申請によりベラジョンカジノの借金でも自己破産ができる可能性もある

ただ、上述した破産法の条文には、実は以下のような続きがあります。

前項の規定にかかわらず、同項各号に掲げる事由のいずれかに該当する場合であっても、裁判所は、破産手続開始の決定に至った経緯その他一切の事情を考慮して免責を許可することが相当であると認めるときは、免責許可の決定をすることができる。

引用元:破産法第252条2

結局、実際に自己破産できるか否かは、裁判所に申請をしてみなければ分かりません。口コミでは、オンラインカジノの借金でも、免責が認められて自己破産ができたケースもあるようです。

ベラジョンカジノの借金で自己破産を申請する場合の注意点

実際にベラジョンカジノの借金で自己破産の申請をする際には、以下のような注意点はしっかりと守るようにしましょう。

  • 虚偽の申告をしない
  • 必要最低限の財産以外は没収される(現金は99万円まで手元に残せる)
  • 財産隠し目的で名義を変更するのはNG
  • 一部の債権者に対して債務者の裁量で勝手に返済を行うのはNG

特に虚偽の申請をしないという点は注意が必要です。

「ギャンブルでの借金は免責が認められないかも」「オンラインカジノで借金を作ったとは言いたくない」といった不安から、ウソの情報を伝えたくなるかもしれませんが、必ず事実を正確に伝えるようにしてください。

ベラジョンカジノで借金地獄に陥らないために意識すべきこと

 

ベラジョンカジノは誰もが勝てない状態で借金地獄に陥る可能性があります。そのため予め対策をしておくことが重要です。実際に借金地獄に陥らないようにするために、以下の5つのポイントを意識することが重要です。

意識しておきたい5つのポイントを解説します。

ベラジョンカジノやギャンブルの借金体験談を見て戒めておく

ベラジョンカジノやギャンブルはついつい勝利体験談などを見て憧れを抱きたくなります。しかし借金体験談を見て、自分自身も同じような事態に陥る可能性があるという戒めをしておくことが重要です。

実際に借金地獄に陥ってしまった方の言葉には重みがあり、返済地獄の苦しさを赤裸々に知れます。借金地獄の苦しさをきちんと把握しておけば、無謀なベットに走ってしまう前の十分な抑止力になります。

ベラジョンカジノはあくまでも娯楽として楽しむ

間違っても「ベラジョンカジノで生計を立てよう」などと考えないことも重要です。あくまでもベラジョンカジノは娯楽に過ぎず、本業の仕事や日常生活を最優先に考えましょう。

ベラジョンカジノで生計を立てられるのは、ほんの一握りの資金が潤沢なプレイヤーのみです。結局オンラインカジノも資金が多いプレイヤーほど勝てる仕組みになっています。

またベラジョンカジノの利用規約にも、以下のような記載があります。

ユーザーは、ユーザー自身の能力で、他の人に代わってではなくユーザー自身のために、楽しみや娯楽の目的のみで当ウェブサイトを利用するものします。

引用元:ベラジョンカジノ利用規約2.1.4

生活に必要な資金をすべて支払い終えて残った資金でベラジョンカジノをプレイする

借金地獄に陥らない最大の対策は、借金をせずにプレイすることです。まずは家賃や税金、保険料、毎月の生活費など、必要な支払い終えた後、余った資金を活用してベラジョンカジノに入金しましょう。

特にクレジットカードで入金するのは借金と同義なので気を付けてください。デビットカードや銀行振込であれば、仮に全額溶けてしまったとしても、借金負担を強いられることはありません。

ベラジョンカジノのギャンブル依存症対策【自己規制】を活用する

ベラジョンカジノのギャンブル依存症対策機能の1つである、自己規制を活用するのもおすすめです。自己規制で入金額やプレイ時間などを設定すると、規制を超えた場合には強制的にプレイを終了させてくれます。

ベラジョンカジノの自己規制

>【公式】ベラジョンカジノ
ここから登録すると入金不要ボーナス$30獲得

ギャンブル中は意志の力だけでコントロールしようとすると無理が大きいだけに、自己規制の設定はマストと言えます。特に借金地獄の最大の元凶になりうる入金を制限しておくのがおすすめです。

30日間に2000ドルという入金額制限

例えば30日間に2,000ドルという入金額制限をかけておけば、1か月に2,001ドル以上の入金ができなくなるため、勝てないというリスクをかなり小さくしてくれる効果があります。

参考⇒ギャンブル依存症の克服・相談!借金が増えつづける依存症をやめるには

ベラジョンカジノのほかに楽しめる趣味を見つけておく

ベラジョンカジノのほかに趣味を見つけておくことも、借金地獄の対策になります。ベラジョンカジノのプレイに費やす時間が減れば、その分勝てないリスクもなくなるためです。

決してベラジョンカジノメインの生活になるのではなく、あくまでも生活の一部としてベラジョンカジノを利用するのがおすすめです。

コメントを残す

コメントは日本語で入力してください。(スパム対策)

この記事に反論する

コメントは日本語で入力してください。(スパム対策)

【公式】ベラジョンカジノを開く
【公式】ベラジョンカジノを開く