オンラインカジノで借金!300万円借金したリアル話

オンラインカジノで借金!300万円借金したリアル話

オンラインカジノで借金!300万円借金したリアル話

かじの君

今回は実体験に基づいたオンラインカジノの危険性についてお話していきます。このページを反面教師にして節度を持って楽しみましょう。 

「オンラインカジノで借金」というタイトルを見た時に何を想像しますか?

ほとんどの人がオンラインカジノの借金体験談と思うかもしれませんが、中にはオンラインカジノでプレイすると入金額以上の借金を背負うことがあるのか?と思う人もいるかもしれませんね。

オンラインカジノでは入金額以上に借金することは絶対にありえません。何かを担保、保証金にしてカジノをプレイすることができないからです。FXや先物取引のような追証はなく、オンラインカジノから請求書が届くこともありません。

このページでは、オンラインカジノをプレイする為にクレジットカードで借金を背負った人の実体験を掲載してあります。

>>オンラインカジノで稼ぐ!稼ぎやすい理由は還元率

【借金ができるきっかけ】オンラインカジノで副業を試みる

オンラインカジノで借金!300万円借金したリアル話のきっかけ

当時は30歳で結婚もして、子供も授かって人並みの幸せを感じていました。ただ会社員として働いていましたが、経済面での不安はありました。会社とは別に副業もしくは携帯やスマホで、おこずかい程度でもいいからお金が必要でした。

そしていろいろ調べている中で、たどり着いたのがオンラインカジノでした。ベラジョンカジノという人気カジノです。

ギャンブルは確かにリスクがありますが、スマホでいつでもどこでも気軽にできるのが魅力で、何よりもおもしろそうだという好奇心がありました。手続きがめんどうで住民票とクレジットカードが必要でしたが、最初は1万円くらいで(ドルだったのでだいたい100ドル)やってみました。

オンラインカジノはクレジットカードで気軽にできます。

みんなが寝静まったあとでひそかにやって、負けても勝ってもブレーキがかかりだいたい1時間くらいでやめていました。稼ぐというより遊びながら、カジノというものを自分なりに調べていました。やっていたゲームはブラックジャックで、ルールもだいたいわかっており、やりやすいしなじみがありました。

ライブカジノは相手はコンピューターかオンラインでの外国人でした。ルーレットやスロットもやって違法性なども気にしていましたが、オンラインカジノを堪能しました。

 

【勝つ喜びを覚える】オンラインカジノで大勝ちし有頂天

オンラインカジノで借金!300万円借金したリアル話勝つ喜び

最初は少額と短時間での勝負でしたが、すぐに大金をつぎ込みました。貯金がなかったので無謀以外何物でもなかったが、勢いと今から思えばギャンブル依存症だったかもしれません。

やったゲームはもちろんブラックジャックで1000ドルでの大勝負をやりました。結果は20万円くらいの大勝ちでした。これで少しは楽が出来る給料以外でのお金で、働きながら裕福になっていくこれで勝ち組だ、くらいまで有頂天になっていました。

その後も少額ではあるが、順調に稼ぐことに成功していました。ただ実際に銀行口座に振り込みされるのが、遅かったせいもありましたが貯金するわけでもなくカジノもしくは外食などの散財にまわしました。カジノってやり始めたら止まらなく、毎日暇があればどんどんやりました。しまいには運転中や会社の休憩時間や夜寝ないでやり続けたことも何度もありました。気軽にできる便利出来ることがますますギャンブル依存症となっていきました。

競馬やパチンコは時間の制限がありますが、オンラインカジノはそれがありません。なので一番厄介なギャンブルかもしれません。ただその当時はそんなことは考えておらず、欲望のままにただただブラックジャックをやり続けて勝ちまくりました。

 

【借金300万円へ転落】オンラインカジノでクレジットカード限度額MAXまで借金

オンラインカジノで借金!300万円借金したリアル話

ずっと勝ち続けるわけでもなく、大きく負け始めました。金額で言ったらだいたい20万円くらいでした。でも取り返せると思い特に気にしないでやりましたが、負ける日が多くなりました。

危険ポイント!
さすがに焦ってきてオンラインカジノ止めようかと頭にはよぎりましたが、取り返せば何とかなるという一転でやりました。やらないと逆に不安になりました。これが依存症の怖いところで勝っても負けてもずっとやりたいという気持ちになり、自分ではコントロールすることが出来ませんでした。

自分でコントロールできなければ当然勝つことは出来なく、300万円くらい負けてしまいました。

ここでクレジットカードの限度額になってしまいここでやめることができました。ようやく自分の借金額が物凄い額になったことで冷静になり、これからどう支払っていこうか考える機会となりました。でも自分一人ではどうしようもできなく、一度弁護士に相談にいきました。家族にきづかれないでなんとかならないかという甘い考えでした。

弁護士に相談してみるとこれは家族で解決しないといけない問題だと、自分の収入には難しいと言われ、妻へカミングアウトすることにしました。弁護士事務所から帰り、ご飯を食べて子供たちを寝かしてから妻に赤裸々にすべて語りました。

 

【もうしないと誓う】オンラインカジノの借金を債務整理

オンラインカジノで借金!300万円借金したリアル話

オンラインカジノで借金300万あることと黙ってやってしまったことを謝罪して債務整理しないといけないと言いました。

なぜオンラインカジノに手を出したかと聞かれ、家族を苦労させたくないといい、自分が頑張れば何とかなると思っていた。でもその気持ちが間違った方向に向かっていったと言われ、収入が足りないなら妻が働けばいいわけだし、自分一人で悩まないで相談してほしいと言われました。

離婚覚悟もありましたが、捨てられずに一緒に乗り越えることを選択してくれました。ただその時の妻の悔し涙は一生忘れません。これで借金と真正面で向き合うことになりました。

弁護士の先生に債務整理を依頼して、月々4万円3年で返済することにしました。妻も働きに行き許してはいないとは思うが、現実を受け入れてやってくれています。自分はお金を節制しながら仕事で結果出すため毎日必死にやっています。

ギャンブルのほうは一生出来ないように解約とそういう設定をして永遠にできないようにしました。でも他のサイトでも出来てしまうから、クレジットカードを全て解約しました。新規にクレジットカードを作ろうとしても、債務整理の影響でできません。ここまでやっても誘惑は無数にあるから、気を付けています。

 

【オンラインカジノは禁断の果実】

オンラインカジノで借金!300万円借金したリアル話

日本ではカジノは禁止されていますので、オンラインカジノは法律的にグレーです。自分はささいなきっかけでやってしまいました。いろいろなギャンブルの中で一番おもしろく、一番禁断症状が深刻になる魔物です。

止めてから何年も経つがいつか韓国やマカオで大金もって一日中やり続けたいと思います。カジノは富裕層が束の間の遊びとしてやるもので、庶民がやるものではない。一度踏み入れたらなかなか抜け出すことは出来ず、借金だけが重なる一方です。

自分は運よくやり直せる機会を周りの人の協力によって、今がありますが家族崩壊やもしかしたら自殺していたかもしれません。自分は自殺も考えました。確かに面白いですが絶対やってほしくはないです。たとえ勝ち続けて稼ぐことが出来てもカジノ中心の生活は不幸で、人間らしさを失います。

かじの君

それでは最後に、彼の今の想いを話してもらいましょう。

今の生活は決して楽ではありませんが、妻がいて子供の成長を見られて幸せです。まだまだ妻へのお返しは出来ていませんが、今年の10月で返済が終わるので、終わって貯金してそして家を買いたいとひそかな夢があります。夢や目標がある生活こそ人間らしい生活で、オンラインカジノは邪道。仕事でコツコツやって夢や目標の為に生きていきます。

 

>>オンラインカジノの入金方法の選び方!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です