ヴィーナスポイントの出金方法!出金の反映時間、手数料、限度額。ヴィーナスポイントからの具体的出金のやり方を解説

ヴィーナスポイントの出金方法!出金時間、手数料、限度額

オンラインカジノで稼いだ資金はヴィーナスポイントを経由することで銀行口座に出金できます。この記事では、ヴィーナスポイントから銀行口座に出金(換金)する方法、出金時間、手数料、限度額を解説しました。

かじの君

記事の最後には、ヴィーナスポイントの出金に関するQ&Aもまとめています。

>ヴィーナスポイントで入金できるオンラインカジノ【15選】

ヴィーナスポイントの出金方法・手順を解説

ヴィーナスポイントの出金方法・手順を解説

>【公式】Venus Point

ヴィーナスポイントから実際に銀行口座に出金するための方法・手順を解説します。

関連⇒ヴィーナスポイントの登録方法と本人確認、退会方法も解説

【事前準備】まずは出金先の銀行口座を登録しよう

まずは出金先にする銀行口座を登録しましょう。登録する手順は下記になります。

それぞれの手順を説明していきます。

ログインして「換金申請」をタップする

口座は1つの必要はありません。Venus Pointにログインしたら少し画面をスクロールして「換金申請」をタップします。

「換金申請」をタップ

>【公式】Venus Point

「口座の事前登録はこちら」をタップする

次に「口座の事前登録はこちら」をタップしてください。

「口座の事前登録はこちら」をタップ

銀行名、支店名、口座種別、口座番号を入力する

すると口座の登録画面が開きます。

銀行名、支店名、口座種別、口座番号を入力

銀行名、支店名、口座種別、口座番号を入力します。口座名義は必ずヴィーナスポイントに登録している名義と同一でなければなりません。最後に「口座を追加する」をタップすればOKです。

「口座を追加する」をタップ

登録済み口座情報をチェックする

登録済み口座情報をチェックすると、今登録した口座が追加されていました。これにて口座情報の登録は完了です。

登録済み口座情報

【換金手続き】実際にヴィーナスポイントから銀行口座に出金してみよう

続いて実際にヴィーナスポイントから銀行口座への換金手続きを解説します。手順は下記になります。

それぞれの手順を説明していきます。

ヴィーナスポイントにログインして「換金申請」をタップ

ヴィーナスポイントにログインしたら、画面を下にスクロールして「換金申請」をタップします。

「換金申請」をタップ

すると換金申請画面へと移動します。

「上記に同意して換金する」をタップ

換金申請額を入力し、口座を選択する

残高の範囲内で換金申請額を入力してください。その後登録してある口座から出金先の口座を選択して、「上記に同意して換金する」をタップすれば手続き完了です。

登録しているメールアドレス宛に「Venus Point」換金手続き受付」という件名でメールが届いているか確認しましょう。

ヴィーナスポイントからの換金手続き受付のメール

換金処理が完了するとメールが送られてくる

実際の換金処理(指定口座への着金)が完了すると、その旨のメールも送信されます。

ヴィーナスポイントからの換金処理完了の通知メール

事前に口座登録さえしてしまえば、何も難しいことはありませんね。

ヴィーナスポイントを出金できる対応銀行一覧

出金先は基本的に、日本国内ほぼすべての銀行を出金先に指定できます。ただし、楽天銀行と池田泉州銀行だけは対応していないので注意してください。

ヴィーナスポイントから出金できる金融機関

裏を返せば、この2行以外はOKと考えても良いです。ただし、銀行側の入金審査が引っかかる可能性はゼロではありません。

問題なく出金が成功したという報告がある銀行の一覧がこちらです。心配な方はこちらの銀行の口座を開設しておきましょう。

メガバンクと有名な都市銀行、地方銀行ならば問題はなさそうです。

ヴィーナスポイントの出金時間|出金は原則当日完了する

ヴィーナスポイントの出金スピードに関する公式サイトの記述

ヴィーナスポイントの出金時間は非常に短いです。午前8時までの出金申請ならば当日中に、午後3時までの出金申請でも95%は当日中に処理が完了し、指定の口座に着金しています。

私自身もこれまで何十回とヴィーナスポイントから出金してきましたが、ほぼすべて当日中に着金していました。このスピードは本当に抜群です。

ヴィーナスポイントの手数料|平日350ドル以上の出金なら無料

ヴィーナスポイントからの出金手数料は以下の通り定められています。

出金日 金額 手数料
平日 350ドル未満 1.3pt
350ドル以上 無料
休日 900ドルごと 2.9pt

平日扱いとは基本的に毎週月曜日の15時~金曜日の15時、休日扱いとは毎週金曜日の15時~翌週月曜日の15時を指します。ただし祝日が絡んでくる場合はこの限りではありません。

公式サイトの「お知らせ」欄には、向こう数週間のスケジュールが掲載されています。

ヴィーナスポイントのスケジュール

ここで【通常】と記載されている時は平日扱いと考えればOKです。簡単に言えば平日に350ドル以上を出金すれば一切手数料がかかりません。急ぐ事情がないならば、この時を狙って出金すれば余計な手数料を支払う心配がありません。

仮に手数料がかかるとしても、1%にも満たないことがほとんどです。他の電子決済サービスと比較しても、破格の安さであることは間違いないです。

関連⇒VenusPointの手数料一覧!利用時にかかるすべての手数料まとめ

ヴィーナスポイントの限度額|出金上限なしだが、5万ポイント以上の換金は連絡必須

ヴィーナスポイントは出金限度額を設けていません。好きなだけ銀行口座に出金してOKです。ただし、1日に5万ポイント以上の換金を行う場合には事前連絡が必要です。

ヴィーナスポイントの限度額

どれだけ高額の出金になっても、格安の手数料かつハイスピードな出金を実現してくれるのは非常に嬉しいポイントです。

参考⇒ヴィーナスポイントで出金したら税金がかかる!計算方法と納税の仕方

ヴィーナスポイントで出金できない場合の原因

ヴィーナスポイントで出金しようとしてもできない場合、下記の原因が考えられます。

それぞれ説明していきます。

1日で5万ポイント以上を出金しようとしている

1日で5万ポイント以上を出金しようとしている

ヴィーナスポイントでは出金限度額がありません。しかし1日で5万ポイント以上の出金をしようとする場合、事前に連絡をする必要があります。

1日で5万ポイントなので、複数回に渡って出金する場合も5万ポイント超える場合はサポートに連絡する必要があるので、忘ずに行うようにしましょう。

ポイント以上の金額を出金申請している

ポイント以上の金額を出金申請している

ヴィーナスポイントに入っているポイント以上の出金申請をする場合は、当たり前ですが出金できません。注意してい点は手数料がかかる場合です。

平日であれば手数料がかからないので満額出金申請が可能ですが、平日以外は手数料がかかるのでその点を考慮したポイントを出金しましょう。

銀行側の審査に引っかかっている

ヴィーナスポイントで、登録の際に対応していない銀行は「楽天銀行」と「池田泉州銀行」の2行です。しかし登録できても必ずしも銀行に出金できるとは限りません。

稀に銀行側の審査に引っかかり出金できないことがあります。その際は別に銀行の口座を登録して、出金申請を試してみてください。

ヴィーナスポイントの出金に関するQ&A

最後にヴィーナスポイントからの換金に関して、知っておくべき内容は下記になります。

それぞれの内容をQ&A方式で解説します。

出金前の本人確認は不要?

ヴィーナスポイントから銀行口座に換金するにあたって、基本的には本人確認は不要です。ただし1回で1万ドル以上出金する場合のみ、本人確認が必要になります。

VenusPointは振込みの受取人に対し、それを受理する為に追加認証や他の情報を要求する権利を留保しています。

一週間に$10000以上の振込みを受け取るユーザーは、その週の次の振込みを受け取る為にVenusPointに追加情報を提供してもらう場合があります。

引用元:ヴィーナスポイント|利用規約

オンラインカジノプレイヤーは「出金前には必ず本人確認が必要」というイメージも強いかもしれませんが、ヴィーナスポイントの場合はその必要がないです。そのため初回の出金から、ハイスピードに処理をしてもらうえます。

換金レートは何が適用されるのか

ヴィーナスポイントを換金する際は、アメリカドルを日本円に換金するという手続きが行われます。通常よりも3円安いCash Buying Rateに対応しています。

ヴィーナスポイントの換金レートについての記述

ヴィーナスポイントの換金申請画面でも、この旨についての記載があります。例えば1ドル=113円の場合、Cash Buying Rateは1ドル=110円ということになります。この「3円×ドル」が銀行側の手数料収入になるのです。

この点はしっかりと考慮に入れておきましょう。必ず想定よりも少ない金額しか銀行に振り込まれませんからね。

銀行への振込人名義は何と表示されるのか

ヴィーナスポイントの振込人名義

銀行の記録には、振込人名義は「VP」もしくは「ポイント」と記載されます。最近は「ポイント」表記の方が多くなってきたという印象です。

銀行口座への換金も0.6%のポイントバックの対象?

銀行口座に換金した場合には、0.6%のポイントバック対象にはなりません。あくまでもポイントバックは加盟店(オンラインカジノ)との送金でのみ有効です。

ゆうちょ銀行の口座登録はどうすればいいのか

ゆうちょ銀行の口座を登録する場合には注意が必要です。理由は支店名がなく、口座番号も8桁ではないためです。その注意事項は口座登録画面でも記載されています。

ゆうちょ銀行の口座登録について

そのため、まずは公式サイトの指示に従ってゆうちょ銀行の公式サイトにアクセスします。

ゆうちょ銀行の口座の記号・番号の入力

手元にキャッシュカードか通帳を用意して、画面の空欄に数字を入力してください。記号と番号の間に1桁の数字がない場合、2つ目の欄は空欄で構いません。すべて入力できたら「入力内容の確認」をタップし、検索結果が表示されます。

ゆうちょ銀行の口座情報入力

ヴィーナスポイントの口座登録において、支店名の欄には店名を漢字3桁で、口座登録の欄には表示されている7桁の数字を入力すれば、ゆうちょ銀行の口座登録はOKです。

若干登録手続きが面倒ですし、誤ってしまう可能性もあるので、個人的にはゆうちょ銀行以外の口座を登録するのがおすすめです。

土日祝日でも出金に対応しているのか?

出金申請自体は土日祝日を問わず可能です。ただし、上記で説明したように休日扱いの対応になるので出金に手数料がかかる点に注意してください。

また出金申請は対応していても、銀行の営業日でなければ着金することはありません。金曜日の夕方以降に出金申請をした場合、早くても月曜日までは着金しないということをしっかりと把握しておきましょう。

口座情報を間違った場合返金はされるのか

基本的には銀行側の入金審査で拒否され、ヴィーナスポイントに資金が戻されます。しかし万が一出金が受理されてしまった場合には、取引完了となり、返金を受けることはできません。口座を正しく登録することは自分自身の責任です。

ヴィーナスポイントの出金の際の注意事項

ヴィーナスポイントから出金する際の注意事項は下記になります。

それぞれ解説してきます。

月間最大キャッシュバックは20,000ポイントまで

ヴィーナスポイントは入出金でポイントがキャッシュバックされることが特徴です。このキャッシュバックは月に20,000ポイントが最大になります。

月間20,000ポイント以上は入出金を繰り返してもポイントは増えないので、覚えておきましょう。

日本円で資金の管理ができない

ヴィーナスポイントでの資金管理はドルが基本になります。そのため入出金の際に為替の影響を受けやすくなります。特に出金の場合には注意が必要です。

せっかくオンラインカジノに勝利したとしても、為替の影響で利益が少なくなったり最悪の場合、赤字になる可能性もあります。

何度も繰り返し行うとアカウント凍結される可能性がある。

ヴィーナスポイントのキャッシュバックを目的として、オンラインカジノに入金・出金を繰り返していると、アカウント凍結される可能性があります。

これはマネーロンダリングの疑いをかけられてしまうためです。通常通りに使用している分には構わないですが、キャッシュバック目的での入金・出金は控えましょう。

【まとめ】ヴィーナスポイントの出金方法!出金時間、手数料、限度額。ヴィーナスポイントからの具体的出金のやり方

ヴィーナスポイントの出金方法のまとめ

>【公式】Venus Point

この記事では、ヴィーナスポイントからの資金の出金方法とその出金時間、手数料、限度額について解説しました。事前に口座登録を済ませておけば、出金手続きは非常に簡単です。

手数料も安く、出金時間も非常に短いので、数ある決済サービスの中でも特に使い勝手がいいサービスと言えるでしょう。

他の決済方法(エコペイズやマッチベターなど)ほどの汎用性はないものの、数多くのオンラインカジノの入出金にヴィーナスポイントは利用可能です。オンラインカジノプレイヤーは是非ヴィーナスポイントに登録してみてください。

2 COMMENTS

ポパイ

ゆうちょ銀行へ先程出金申請をしたのですが、どのくらいで入金されるのですか?

返信する
管理人

私の場合は、当日入金されました。

>午前8時までの出金申請ならば当日中に、午後3時までの出金申請でも95%は当日中に処理が完了し、指定の口座に着金しています。

ただ、銀行側の処理の問題や、ヴィーナスポイントの受付が忙しかったりすると、数日かかる可能性もあります。

返信する

コメントを残す

コメントは日本語で入力してください。(スパム対策)

この記事に反論する

コメントは日本語で入力してください。(スパム対策)

おすすめのオンカジ入金方法
おすすめのオンカジ入金方法