ベラジョンカジノの会社の場所はどこ?運営企業の在籍国と住所

ベラジョンカジノの会社の場所はどこ?運営企業の在籍国とライセンス

「ベラジョンカジノの会社の場所はどこ?」「日本語にも対応しているけど、日本で運営されているの?」など、この記事では、そんなベラジョンカジノ運営会社の疑問にお答えしています。

かじの君

ベラジョンカジノ運営会社の在籍国・住所・ライセンス・変遷について解説していますので、ぜひ参考にしてくださいね。

ベラジョンカジノ運営会社の場所・住所

ベラジョンカジノ運営会社の場所・住所

>【公式】ベラジョンカジノ
ここから登録すると入金不要ボーナス$30獲得

ベラジョンカジノ運営会社の商業登記は、下記の通りです。

  • 商業登記番号:149132
  • 会社の種別:有限責任会社
  • 管轄:キュラソー
  • 登録住所:ジュリアナプレイン36 キュラソー

またベラジョンカジノ運営会社の商業登記は、世界の企業情報が確認できるオープンデータベースにて確認できます。

ompany Number 149132
Company Type Private Limited Liability Company
Jurisdiction Curaçao
Registered Address Julianaplein 36 Curaçao

引用元:The Open Database Of The Corporate World

ベラジョンカジノの運営会社名

ベラジョンカジノの運営会社名

ベラジョンカジノを運営している会社は「Breckenridge Curacao B.V」です。公式サイトのクレジットにも明記されています。

当ウェブサイトの運営は、Breckenridge Curacao B.V.(登録住所: 36 Julianaplein, Willemstad, Curaçao)です。

引用元:ベラジョンカジノ

キュラソー島の商業登記にもBreckenridge Curacao B.Vとして登録されているので、間違いないでしょう。

ベラジョンカジノ運営会社の在籍国

ベラジョンカジノの運営会社「Breckenridge Curacao B.V」の在国籍は、オランダ領のキュラソー島です。キュラソー島は、カリブ海南部に浮かぶオランダ王国の構成国のひとつです。

首都はウィレムスタッドで、面積は444㎢、人口は15万人と小さな島に多くの人が住んでいます。

キュラソー(オランダ語: Curaçao [kyːraːˈsʌu̯]、パピアメント語: Kòrsou、クラサオともいう)は、オランダ王国の構成国。ベネズエラの北約60kmのカリブ海に位置する島であり、面積は444km2。人口142,180人(2010年)で、首都はウィレムスタット。

キュラソー (オランダ王国) – Wikipedia

ベラジョンカジノはオフショア法人につき正確な情報取得が困難

ベラジョンカジノはオフショア法人のため、情報収集が困難です。オフショアとは、金融規制や税制の面において合法的に優遇措置のある特別区域のことで、オフショア法人とは、この地域で設立する会社のことです。

オフショア法人もしくはインターナショナルビジネスカンパニー(IBC)は、事業を管理及び運営している居住国とは別の国に登記した法人です。 登記した国以外の全世界で事業を行うことができる国際的な法人です。

引用元:オフショア法人とは何か?|OOBAC

オフショア法人では優遇措置が取られているため、プライバシーや匿名性が高まります。場合によっては会社の取締役や、オーナーなども法人登記書類に記入する必要がありません。

ベラジョンカジノは、そのオフショア法人であるため、正確で詳細な情報取得が困難なのです。

ベラジョンカジノの運営会社は一度変更された

ベラジョンカジノの歴史

ベラジョンカジノの運営者会社について、これまでの変遷をまとめています。

2011年からDumarca Gaming Ltd.が運営開始

ベラジョンカジノは2011年から「Dumarca Gaming Ltd.」という会社が運営していました。その親会社のJackpotjoy Plcは、2017年にロンドン証券取引所で株式上場を果たしています。

当時は、審査の厳しいマルタのMGAライセンスを取得していました。

マルタのMGAライセンスは業界内でも頭ひとつ抜けて評価が高く、信頼度・安心感はトップクラスのため、オンラインカジノに馴染みのない日本人も安心してプレイできる環境でした。

2019年には、Gamesys GroupがJackpotjoy Plcを吸収し、ベラジョンカジノの運営会社の親会社となりました。Gamesys Groupもまた、ロンドン証券株式取引所に上場をしています。

2020年1月14日にBreckenridge Curacao B.V.に変更

2020年1月14日に、ベラジョンカジノを運営する会社が、Dumarca Gaming Ltd.からBreckenridge Curacao B.V.に切り替わりました。運営会社が変更になった理由は公式サイトや、Twitterアカウントでは公表されていません。

しかし、運営会社が変更となったことで、マルタライセンスからキュラソーライセンスに切り替わり、入出金方法・サイトスピードなどの快適性が増したため、サービス向上を狙った切り替えと見られます。

関連⇒オンラインカジノ運営とライセンスの関係

キュラソーライセンスに変わっても信頼度に大きな変化はなし

当時、プレイヤーの中には、「マルタライセンスからキュラソーライセンスに変わったことで、安心感・信頼感が下がった」と評価する方もいましたが、以降、大きなトラブルなど、信頼を失うようなことは起きていません

もしかしたら、今後もプレイヤーファーストを追求し、運営会社やライセンスが変更になる可能性はあります。

しかし、これまでの傾向によるとプレイヤーに有利な内容となるはずですので、変更が起きてもネガティブに捉えすぎないようにしたいですね。

ベラジョンカジノ運営会社は安全?

キュラソーライセンス

ベラジョンカジノ運営会社は安全かどうか、について考察しています。

ベラジョンカジノのキュラソーライセンス取得だから安全

ベラジョンカジノは、オランダ領のキュラソーから正式にオンラインカジノ運営ライセンスを取得しています。

オンラインカジノ運営ライセンスは、厳しい審査を受け、キュラソーゲーミング委員会の基準を満たしたオンラインカジノのみに与えられます。もし不合格となった場合、改善項目を満たすまでライセンスを取得できません。

キュラソーライセンスは、ベラジョンカジノを始めとする、評価の高いオンラインカジノが取得しており、それに伴い信頼性も格段に向上しています。

ベラジョンカジノは以前、マルタMGAライセンスだった

ベラジョンカジノは元々、マルタ共和国に本拠地を置くオンラインカジノでした。当時から世界中でプレイされており、優良オンラインカジノとして、プレイヤーからも評価されていました。

当然、マルタに住所を置くベラジョンカジノはマルタMGAライセンスを取得していました。マルタMGAライセンスは、マルタゲーミング委員会が発行する「世界で最も厳しい」とまで言われている運営ライセンスです。

マルタは、小国がゆえに国内資源が乏しいため、金融産業・ゲーミング産業に力を入れており、オンラインカジノの先駆けのような国です。そのため、信頼性と安全性に穴があってはならないと考えているのでしょう。

マルタライセンス時代から、日本の人気と知名度はナンバーワンに

ベラジョンカジノ運営会社の場所・住所

ベラジョンカジノはマルタライセンス当時から、日本国内での知名度と人気は高く、聞きなじみのなかった「オンラインカジノ」という存在を広めた立役者的な存在でした。

英語表記の多かったオンラインカジノの中で、ベラジョンカジノは完全日本語対応し、サポートには日本人スタッフを配置し、いつでも問い合わせができる状態にしたのです。

キュラソーライセンスに変更になったけど、何が変わった?

そんな、信頼性が極めて高いマルタMGAライセンスを取得していたベラジョンカジノは、2020年1月14日にキュラソーライセンスに変更します。

なぜベラジョンカジノは、審査が非常に厳しく、信頼性と安全性の高いマルタMGAライセンスをやめて、キュラソーライセンスを取得し直したのでしょうか。

これには、諸説ありますが、主に下記のように考えられています。

  • マルタライセンスの条件が厳しすぎて、決済がほぼできなくなってしまったため
  • 新しい入出金方法として、「仮想通貨(ビットコイン)」を導入するため
  • マルタライセンスが原因で、ライブカジノルームが極端に少なかったため
  • サイトの表示スピードの向上など、全体的なサービス向上のたため

基本的にはオンラインカジノのサービス向上のためと見られています。

キュラソーライセンスに変更されてから、急速に環境が向上

ベラジョンカジノが2020年1月14日にマルタMGAライセンスからキュラソーライセンスに切り替え、その直後からサイトスピードがグッと向上しました。

そればかりでなく、立て続けに出金方法に便利な「銀行送金」「仮想通貨」「入出金限度額UP」が追加されたのです。

これらより、キュラソーライセンスに切り替えるメリットがいくつかあったことは間違いないでしょう。

そしていずれも、「マルタMGAライセンスでは、プレイヤーファーストの運営が困難だったから」というのが、キュラソーライセンス切り替えの理由として濃厚であると考えられます。

ベラジョンカジノで採用されているソフトウェアは安全?

ベラジョンカジノと提携しているソフトウェアも、eCOGRAなどの第三者機関による厳密な審査の元、カジノゲームを開発しています。

中でも有名なのは、ライブゲームでおなじみの「Evolution Gaming」、ユニークで美麗グラフィックが特徴の「Play’n GO」、3つの第三者機関による認定を受けている老舗ソフトウェア「NetEnt」です。

いずれも、ベラジョンカジノと同じように第三者機関の審査を通って運営しているソフトウェアです。ベラジョンカジノと提携しているソフトウェアは下記です。

  • 1X2 Gaming
  • 2by2 Gaming
  • Baltic Game Studio
  • Big Time Gaming
  • Blueprint Gaming
  • Booming Games
  • Cayetano Gaming
  • Evolution Gaming
  • Evoplay
  • Ezugi
  • GameArt
  • Gamomat
  • Golden Hero Games
  • Green Jade Games
  • Habanero
  • Iron Dog
  • iSoftBet
  • Just For The Win
  • Kalamba Games
  • Leander Games
  • Leap Gaming
  • Lightning Box
  • MannaPlay
  • Microgaming
  • Microgaming Live
  • NetEnt
  • Nolimit City
  • One Touch
  • Oryx Gaming
  • Play’n GO
  • Pocket Games
  • Pragmatic Play Live
  • PragmaticPlay
  • Push Gaming
  • Rabcat
  • Red Tiger
  • Relax Gaming
  • Roxor Gaming
  • RTG Slots
  • Slingo Originals
  • Slotmill
  • Spribe
  • STHLM Gaming
  • Thunderkick
  • Tom Horn Gaming
  • Triple PG
  • Yggdrasil Gaming

47ものソフトウェアと提携しています。

関連⇒オンラインカジノの人気ゲームプロバイダ一覧!プロバイダごとの特徴を紹介

ベラジョンカジノのサポートは完全日本語対応

ベラジョンカジノのサポートは完全日本語対応

>【公式】ベラジョンカジノ
ここから登録すると入金不要ボーナス$30獲得

ベラジョンカジノのサポートはライブチャットとメールで受け付けていますが、全て日本語で対応してくれます。しかも何名かサポートスタッフが存在しており、恐らくほとんどが日本人と思われます。

他のオンラインカジノの中には「日本語対応」と謳っているものの、実際に問い合わせてみたら怪しい日本語だったり、伝わるようで伝わらなかったりと不安になることがあります。

ベラジョンカジノは、自然な日本語を使う人がサポートをしてくれるので、安心してやりとりできます

コメントを残す

この記事に反論する

【公式】ベラジョンカジノを開く
【公式】ベラジョンカジノを開く