スポーツベットの入金ボーナス受取方法

スポーツベットの入金ボーナス受取方法

スポーツベットの入金ボーナス受取方法

スポーツベットと言うカジノサイトはスポーツの勝敗に対してはもちろん、試合中のゲームにも賭けることができる、スポーツ好きにはオススメのサービスです!この記事ではこのスポーツベットというサービスを利用する際にもらえる、入金ボーナスについて解説します。
スポートベットをあまり聞いたことがない人もいるかもしれませんが、これを機にボーナスGETとともに、ぜひプレイしてみて下さい!

せっかく多額のボーナス用意されているスポーツベットなのにやり方を間違えるとせっかくのボーナスがもらえない可能性があります。せっかくタダでもらえるお金ですので、この記事をしっかりと読み込んでスポーツベットから500ドルぜひGETしてください。

スポートベットの入金ボーナスは100%!

スポーツベットの入金ボーナス受取方法!入金ボーナスは100%!

スポーツベットで受け取れるボーナスは、入金額に対して100%!100ドル入金で+100ドルボーナス=手元に残る資金が2倍の200ドルにアップします!破格のボーナスだといえるでしょう。

この特典は上限額が最大500ドルまでなので、この上限ギリギリまで貰いたい人は500ドルを入金しましょう。入金するだけでその同額のボーナスがもらえるという驚きのシステムです。ぜひ受け取りたいと思うのが当然ですよね。※ただし、お金を引き出すための条件も当然ありますので、実際に入金する額をいくらにするかの判断は、しっかりとルールを把握してからにしてください。この特典を受け取るためのルールは後述しておりますので、しっかりと読み込んで下さい。

スポーツベットのボーナスを受け取るには要申請

ボーナスを受け取るには要申請

スポーツベットのボーナスを受け取るためにサービスをプレイする前にこの部分をしっかりと読んで下さい。理解している人は読み飛ばして頂いてもいいのですが、しっかりとこの部分を理解していないとせっかくのお得な特典をもらい逃してしまう可能性があります。ぜひ確認してそれからスポーツベットをプレイしてください。

まず、一番に注意してほしいことなのですが、この100%入金ボーナスは、スポーツベットに入金をするだけですぐにアカウントに自動的に反映されるわけではありません。その後手続きをとる必要があります。難しい方法ではありませんので、しっかり手続きをしてください。

カジノは、1SC500
スポーツは、2SC500

どちらかのコードを選択して、カスタマーサポートへチャットかメールで申請が必要になります。

この申請手続きを行わないと、せっかくの100%ボーナスが受け取れないはめになってしまいます。入金だけをして、ボーナスの申請をしないままそのままプレイしてしまえば…その後に申請しても貰えないと思うのでその点は気を付けましょう!必ず申請をして、それからプレイしてください。

無料で貰えるボーナスはある?

無料で貰えるボーナスはある?

オンラインカジノには、登録無料(入金不要)ボーナスと言って入金しなくても「アカウントを作っただけで」貰えるボーナスが用意されているところもあります。

しかし残念ながら、スポーツベットのボーナスはこの初回入金100%ボーナスのみ。この登録無料ボーナスがあれば、もっと気軽に利用できると思うのですが…中の人、ぜひ無料ボーナスも検討して欲しいものです。

スポーツベットのボーナスを出金する方法

スポーツベットでボーナスを出金する方法

スポーツベットには無料のボーナスがないといえど、100%ボーナスはかなり魅力的な特典ですよね。手元のお金が2倍になるんですから貰わないわけにはいきません(笑)無料ボーナスがないとはいえど、このボーナスがあるだけでもスポーツベットはおすすめのサービスといえます。

しかし、この受け取ったせっかくの数百ドルを出金してリアルマネーにするには、《賭け条件》を達成することが必要なんです。この点は、他のオンラインカジノと同じですねー。ただ、これを知らずにお金が100%もらえるならやってみようとスポーツベットに登録をしてやり方がわからずに受け取れなかったというケースもある様です。受け取ってすぐに出金できたら、みんなやりますし…スポーツベットやそのほかのオンラインカジノサービスは運営し続けれなくなってしまいます。運営者側はただお金を2倍にして支払うだけになってしまうので、賭け条件を設定するのは当たり前でしょう。

ただ、条件を満たせばしっかり特典を得る事が出来ますのでしっかりやり方を理解してお金を受け取って下さい。

スポーツベットのボーナスを受け取ったら20倍賭けよう!

いくら入金するのがベスト?20倍賭けよう!

賭け条件は、いたってシンプル!ずばり、(入金額とボーナス額)を足した合計額に20倍賭けることだけです。

100ドルを入金して100ドルのボーナスを受け取れば、200ドル×20の4000ドル賭けたら条件達成!となります。

ボーナスを使っていくら入金するのがベスト?

いくら入金するのがベスト?

賭け条件をクリアするということは、その分お金がさらに必要であることを意味します。ですので、いくら入金するのがベストかという質問の答えは「どこまでお金を用意できるか」です。

あまり予算が無いならば、10ドルの入金で良いのです。+10ドルで20ドル。×20倍しても400ドルと、掛け金はそこまで高くなりませんね。この賭け条件を意識してから▶︎入金額を決めるという”逆算方法”で考えましょう!

スポーツベット入金方法

入金方法は、クレジットカード(VISAとMasterCard)・ecoPayz(エコペイズ)・iWallet(アイウォレット)・ビットコインの4種類

スポーツベットの特典を貰うためには、まずスポーツベットにアカウントを作ってから当然リアルマネーを入金しなければなりません。
やり方は、クレジットカード(VISAとMasterCard)・ecoPayz(エコペイズ)・iWallet(アイウォレット)・ビットコインの4種類から選択をして金額を決めるだけでOK。

上記のどの方法でも、最低入金額は10ドルで最高2000ドルまで入金できます。手数料の記載がどこも見当たらないで、かかることは無いでしょう。

スポーツベットからの出金方法

スポーツベットの出金方法

スポーツベットから出金するには、ecoPayz(エコペイズ)かiWallet(アイウォレット)・ビットコインで、クレジットカードへの出金はできません。

しかし嬉しいのが、最低出金額は10ドルと少額な点です。また手数料も無料です。最低の出金額がかなり少額で手数料も無料という条件はこの手のサービスの中ではかなり良心的であるといえるでしょう。

スポーツベットの入出金時における注意点

入出金における注意点を説明

クレジットカードへの出金ができないと言いましたが、クレジットカードで入金した人はどうすれば良いのか?

それは、ecoPayz(エコペイズ)やiWallet(アイウォレット)でも入金して履歴(実績)を作ることです。最低入金額が10ドルなので10ドルだけ入金しましょう。
何故これをやる必要があるのかというと、出金するには「入金と同じ方法で」という決まりがあるからです。

どっちみちecoPayz(エコペイズ)やiWallet(アイウォレット)で入金しなければならないのなら、クレジットカードでは入金せずでも良いかもしれませんね。

ちなみに、ecoPayz(エコペイズ)・iWallet(アイウォレット)は、ともにこれらのサイトにアクセスしてアカウントを作成する必要があります。特に出金する際は、これらのサービスに一旦出金手続きをおこなってから→自分の銀行口座へと送金します。スポーツベットから銀行口座への直接の出金ができないことを覚えておいて下さい。

スポーツベットでは出金に身分証明書が要ることも!

身分証明書の提出が求められることもあります

スポーツベットに限らず、この手のサイトから稼いだ額を出金する際に重要なことがあります。出金する額がそこまで多くなければ気にしなくても良いですが、初めて出金する時や出金額が多額の場合は身分証明書の提出が求められることもあります。

写真を撮ってメールに添付するだけなので、作業は全く難しくないですが、求められたら素直に指示に従って対応しましょう。悪用されるなど100%あり得ませんので安心してください。

身分証明書を出した場合は承認まで数日ほどかかるので、その分選んだ出金方法への反映は遅れます。

このように一言でスポーツベットの特典といっても、出金するための賭け条件を意識しなければなりませんので適当にスタートして適当にお金を受け取るつもりでスポーツベットを始めても結局お金をもらえなかったという事になりかねません。この記事をしっかり読んだ人はやり方がわかったと思いますので、ぜひ試してみてください。

読み流して内容がわかっていない人は500ドル?100ドル?確実に受け取るためにもしっかり熟読してください。また、スポーツベットでは、入金・出金手段もそれぞれのプレイヤーによって様々なので自分に合った方法を選び、スポーツベットの100%ボーナスを確実に受け取れるようにしましょう。

内容を理解した人はぜひ下記のバナーからスポーツベットへ登録して最高の特典を受け取って下さい。

入金ボーナスは100%!スポーツベットを始めよう

オンラインカジノの入金・出金方法と手順、口座一覧入金方法別オンラインカジノ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です