オンラインカジノ運営とライセンスの関係

オンラインカジノ運営とライセンスの関係

オンラインカジノ運営とライセンスの関係

かじの君

このページではオンラインカジノの運営の仕組みについて説明していくよ。

オンラインカジノはどうやって運営しているのか、気になりませんか?

日本では賭博法があるのにオンラインカジノをプレイすることができ不思議に思いませんか!?オンラインカジノを運営する仕組みを理解する事で警察に逮捕されない理由がわかります。

今回はオンラインカジノ運営の仕組みやライセンスなどについて解説していきます。

オンラインカジノの入金・出金方法と手順、口座一覧入金別オンラインカジノ!入金方法と口座一覧

最初に出来たオンラインカジノと運営方法の基礎

最初に出来たオンラインカジノと運営方法の基礎

かじの君

ここでオンラインカジノの運営についての歴史を見てみましょう。

今でこそベラジョンカジノやエンパイアカジノなどの有名なオンラインカジノがインターネットを利用して楽しめますが、オンラインカジノが初めに出来た頃はそこまで利便性は高いわけではありませんでした。

最初にできたオンラインカジノというのは、1994年カリブ海にあるイギリス連邦加盟国『アンティグア・パーブーダ』という島国が、オンラインカジノ運営者に対して正式なライセンスを発行する法律を可決したことがきっかけだと言われています。

その頃はまだ今ほどインターネットは発達しておりませんでした。

しかし、1996年にマイクロゲーミング社・クリプトロジック社・ボスメディア社などのソフトウェア開発会社がオンラインカジノに参入し、その発展に貢献していったのです。

オンラインカジノを運営するために必要なライセンス

オンラインカジノを運営するために必要なライセンス

オンラインカジノを運営するためにはライセンスを取得する必要があります。

ライセンスはその国が認めた営業許可証のようなもので、これがないと、違法営業となり摘発の対象となります。過去には実際に摘発されオンラインカジノサイトが閉鎖された事例もあります。

ちなみにライセンスを取得していないオンラインカジノは全て違法カジノだと思っていただいてかまいません。ライセンスの確認方法は各オンラインカジノによって変わってきます。公式サイトの一番下に記載されていることが多いです。

日本で賭博罪に抵触するのはインカジやインターネットカフェという名称で呼ばれていますが、当然、ライセンスを取得していません。

ライセンスを取得しているからと言って日本ではオンラインカジノをプレイすることが合法とまではいえませんが、違法でも合法でもなくグレーゾーンと覚えておきましょう。

オンラインカジノ運営のライセンス取得は容易ではない

オンラインカジノ運営のライセンス取得は容易ではない

ライセンスを取得するのは決して簡単なことではありません。

基本的に発行する国が定めた基準をクリアする必要があるのです。

一例ですが、オンラインカジノを運営するための資金があること、運営者が反社会的勢力(海外ではマフィアや反政府勢力など)とのつながりないこと、運営側に有利になるような不正改造などが施せないような仕組みづくりとゲームの公正さが保てること、などが挙げられます。

中には「サーバー拠点国以外の外国人を適度に採用して運営すること」などの独特な条件を突きつける場合もあるようです。

こういった点をその国の法律に照らし合わせながら、十分な時間をかけて審査していきます。審査には半年以上かかり、場合によっては1年過ぎてもいまだにライセンス発行の許可が下りないこともあるのです。

具体的な数字は判明していませんが、審査が通っても高いライセンス取得料を払う必要があるのです。それを払って初めて法的問題なく営業ができるようになるわけです。

運営会社は監査機関によるチェックが行われる

運営会社は監査機関によるチェックが行われる

オンラインカジノをしっかり運営しているのかどうかを決めるのは第三者機関である代表的な監査団体eCOGRA(イーコグラ)です。

eCOGRA(イーコグラ)は、オンラインカジノの公平性をチェックする非営利団体(NPO)です。第三者的な立場からオンラインカジノに関する基準を細部にわたって決めていて、定期的な監査から不定期の抜き打ちチェックまで行っているのです。

前回の定期的なチェックからわずか1か月で抜き打ちチェックもあり得ます。

それだけ運営方法に問題がないかどうか厳しいチェックが行われていますので。

もちろん、eCOGRAが運営方法に問題ありと判断すれば、一時的にライセンス効果の停止、ひどい場合はその影響でライセンス発行国がライセンスをはく奪することもあります。
厳しいといえば厳しいですがね…。

運営会社はソフトウェア会社と決済会社などの企業と契約して運営している

運営会社はソフトウェア会社と決済会社などの企業と契約して運営している

オンラインカジノを運営するにあたり、ソフトウェア会社と決済会社と契約しないと事実上成り立ちません。まずソフトウェア会社はビデオスロットなどに関係します。

Micro gaming(マイクロゲーミング)、PlayTech(プレイテック)などがそれにあたります。

その他細部の面においてこれらの会社と契約しなければオンラインカジノ単体での営業は事実上難しいと言えます。また決済会社との契約も必要です。

ecoPayz(エコペイズ)という決済サービスを展開している『PSI – Pay Ltd(本拠地イギリス)』がその例です。

契約する理由はユーザーが入出金する際に便利だからです。入出金に利便性を確保することも運営する上では必要ですからね。

運営会社はこういった企業と取引をして運営しているわけですよ。

 

オンラインカジノが合法な国とライセンスの信頼性について

オンラインカジノが合法な国とライセンスの信頼性について

実は意外にもオンラインカジノが合法な国は世界で100か国以上あります。

しかしながら中には合法と言いながら違法な状態、つまりグレーゾーンで運営しているところもあるのです。

その中でこの国が発行するライセンスなら信頼に値するというモノがいくつかあります。

1つ目はマルタ共和国です。

この国のオンラインカジノライセンスを取得するのは世界一厳しいとされ、ベラジョンカジノやインターカジノが厳しい審査を経て取得しているのです。

ライセンスの信頼性についてですが、一番高いのは審査が厳しいマルタ共和国政府が発行したライセンスと言えます。その次にイギリス政府、キュラソーと続きますかね。

2つ目はオランダ政府です。厳密に言えば、オランダ領キュラソーで、オムニカジノがキュラソーの発効しているライセンスを持っています。

 

ライセンス取得したオンラインカジノは変な運営方法をすると…

ライセンス取得したオンラインカジノは変な運営方法をすると…

万が一運営会社がビデオスロットに変なプログラムを仕込んで、イカサマなどを行う運営をすれば、ライセンスはく奪につながります。

利益を優先しすぎて運営方法を誤り、その結果ライセンスはく奪となれば実質的におしまいです。

「オンラインカジノはイカサマしているのでは?」と考えている人は、ライセンスを持っているオンラインカジノからすればイカサマしたくてもできない状態なので、そういったところでプレイすることをオススメします。

それにライセンスはく奪となれば、その噂はインターネットの中で拡散してしまい、仮にベラジョンカジノが不正をしてライセンスはく奪なれば、悪いうわさが広まって退会者が後を絶たず、立て直しができない状態に追い込まれますので。

 

【まとめ】オンラインカジノ運営とライセンスの関係

オンラインカジノ運営とライセンスの関係のまとめ

かじの君

今回は、オンラインカジノ運営とライセンスの関係についてお話を進めてまいりましたがご理解いただけたでしょうか。

オンラインカジノを運営するには、オンラインカジノが合法な国でライセンスを発行し、定期的な監査を乗り越えながら運営することになります。

万が一、監査に引っかかるあるいはイカサマといった不正をはたらくとライセンスはく奪につながり運営ができなくなります。

オンラインカジノの入金・出金方法と手順、口座一覧入金別オンラインカジノ!入金方法と口座一覧

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です