ウィナーズ投資法のやり方【実践動画あり】

ウィナーズ投資法のやり方【実践動画あり】

ウィナーズ投資法のやり方【実践動画あり】

ウィナーズ投資法は「ルーレット」「バカラ」「ブラックジャック」で使える必勝法です。

ゲームに2連敗以上した後に発動する特徴があり、賭け金が大きくなりすぎず、安定して別途し続けられます。

手法を一言で言うと「メモに、負けたときの賭け金を並べて書いていき、『左端の数字×2』の値をベットする」を繰り返す方法です。
※勝ったら左端の数字を消します。

ここでは、ウィナーズ投資法の詳しいやり方とメリット・デメリット、本当に勝てるのかを解説します。

>【動画あり】オンラインカジノの必勝法のやり方【15選】

ウィナーズ投資法のやり方

まずはウィナーズ投資法の手順をざっくり説明しますね。

紙とペンを用意してください。ベットした金額を紙に書きながら進めていく必要があるからです。

①2連敗するまで同じ金額をベットし続ける
②2連敗後の3ゲーム目は、メモの左端にある金額の2倍をベットする

③さらに負けたら、ベット額を数列の右に書き足す

④また、メモの左端にある金額の2倍をベットする

⑤勝ったら左の数字を消す

⑥数字がすべて消えたら最初からやり直す

これらの繰り返しです。1回負けただけでは、ウィナーズ投資法は使えません。

ウィナーズ投資法のやり方の流れを画像で説明

分かりやすいように、画像つきで説明します。間違えずに実践したい方は参考にどうぞ。

1.2ゲーム目:負け

ウィナーズ投資法の手順1

1ドルで設定したので、連敗するまで1ドルずつ賭けて記録。紙には、1 1このように記録します。●収支-2ドル。

3ゲーム目:負け

2連敗した状態・この時点での記録は、1 1。左端の数字は1ドルなので、3ゲーム目では×2の2ドルをベットします。

ウィナーズ投資法の手順2

(3ゲーム目の)賭け金を右に書き足すので、1 1 2と記録。●収支-4ドル

ウィナーズ投資法の手順3

4ゲーム目:負け

ここまで3回ゲームを行い、記録は1 1 2となっています。4ゲーム目の賭け金も左端の数字1×2=2ドルです。

ウィナーズ投資法の手順4

(4ゲーム目の)賭け金を右に書き足すので、1 1 2 2と記録。●収支-6ドル

ウィナーズ投資法の手順5

5ゲーム目:勝ち

記録は、1 1 2 2です。左端の数字×2で、ここでも2ドルベットします。

ウィナーズ投資法の手順6

4連敗後、ようやく勝ちました。勝つと左端の数字を消すため、1 2 2と記録。●収支-4ドル

ウィナーズ投資法の手順7

6ゲーム目:勝ち

記録は、1 2 2。賭け金は1×2で、2ドル。

ウィナーズ投資法の手順8

左端の数字を消すため、2 2と記録。●収支-2ドル

ウィナーズ投資法の手順9
ここまで2勝4敗、収支が-2ドルにまで減ってきました!

7ゲーム目:勝ち

記録は、2 2。賭け金は2×2で4ドル。

ウィナーズ投資法の手順10

左端の数字を消すため、2だけが残り●収支+2ドル

ウィナーズ投資法の手順11

8ゲーム目:勝ち

記録は、2のみ。賭け金は2×2で先ほどと同じ4ドル。

ウィナーズ投資法の手順12

最後の数字が消えるため、ウィナーズ投資法は成功し終了!●収支+6ドル

ウィナーズ投資法の手順13

ウィナーズ投資法を検証してみて

ウィナーズ投資法を用いて8ゲームをプレイ、そこで利益を出すには…4連敗後に4連勝することで、+6ドルの利益をGETできます。

回数 賭け金 勝敗 配当 合計
1回目 1ドル × 0ドル -1ドル
2回目 1ドル × 0ドル -2ドル
3回目 2ドル × 0ドル -4ドル
4回目 2ドル × 0ドル -6ドル
5回目 2ドル 4ドル -4ドル
6回目 2ドル 4ドル -2ドル
7回目 4ドル 8ドル +2ドル
8回目 4ドル 8ドル +6ドル

後半で連勝することで、最初の負けをチャラにしていこうという仕組み。

『勝ち負けが同じ回数』になれば、数字がすべて消えてゲームセット!切り上げても良し、さらに2戦目でも同じように賭けていけばOKです。

ウィナーズ投資法の3つのメリット

ローリスクで長くベット

必勝法の中でも比較的少ない利益しか得られませんが、地道にコツコツ・低リスクです。

①負け続けても意外と資金の減りは緩い

ウィナーズ投資法自体、連敗した時に使うとあって<負けても資金の減り方は緩い>です。

負けると左端の数字を2倍にした金額をベットする方法なので、1ドルの単位であればそこまで大きくなりません。

負けたら「前ゲームで賭けた金額を2倍」にするマーチンゲール法のように、急激に資金が無くならないのは大きな利点と言えるでしょう。

②連敗しても勝ち負けが5分なら利益GET!

上記で紹介したシミュレーションのように、「勝ちと負けが5分=つまり同じ回数」なら利益をGETできます。連敗したとしてもその分勝てばOKということ。

勝ち負けが同数で利益が出るなんて、面白い必勝法!これなら何だか勝てそうな気もします。

③損失分はゆっくり回収→ローリスク

負けが続いても同じだけ勝てば利益が出る、これはゲームを徐々に進めていくことで損失分を回収していく形です。

ゲーム数が多ければ資金がより多く必要なのは確かですが、最初のメリットでも記載したように<減りが緩い>ため‥一度にたくさんの資金は必要としません。

1回の勝ちで回収する必勝法では無い分、リスクを最低限に抑えることが可能なのです。

ウィナーズ投資法の4つのデメリット

勝っても利益が出ない

地道にコツコツとゲームを楽しみつつ利益を出したい人に最適ですが、そんなウィナーズ投資法にも弱点はあります。4つ見ていきましょう。

①連勝<しすぎても>利益は増えない

連勝し過ぎても利益が増えないーこれはウィナーズ投資法の致命的とも言える弱点かもしれません。

本来ならば連勝は嬉しいものですが、ウィナーズ投資法を使った場合は連勝し過ぎるのが仇となる場合もあることを知っておいてください。

10回のゲームのうち2連敗⇒5連勝⇒3連敗で終わったとします。1ドル単位で賭け、収支はたったの+1ドルのみ。

回数 賭け金 勝敗 配当 合計
1回目 1ドル × 0ドル -1ドル
2回目 1ドル × 0ドル -2ドル
3回目 2ドル 4ドル ±0ドル
4回目 2ドル 4ドル +2ドル
5回目 1ドル 2ドル +3ドル
6回目 1ドル 2ドル +4ドル
7回目 1ドル 2ドル +5ドル
8回目 1ドル × 0ドル +4ドル
9回目 1ドル × 0ドル +3ドル
10回目 2ドル × 0ドル +1ドル

これはウィナーズ投資法が勝つと数字を消すのが大きな理由。連勝しすぎることは、反対にマイナス収支になりかねないのです。

②勝敗が5分でも交互なら資金減

勝ち負けが同じ回数なら利益が出ると言いましたが、「勝ちと負けが交互」に来た場合は資金=賭け金が増えていきます。連敗後、さらにゲームの途中で<勝ち負け交互>を挟む=資金が減ることを覚えておいてください。

回数 賭け金 勝敗 配当 合計
1回目 1ドル × 0ドル -1ドル
2回目 1ドル × 0ドル -2ドル
3回目 2ドル 4ドル ±0ドル
4回目 2ドル × 0ドル -2ドル
5回目 2ドル 2ドル ±0ドル
6回目 4ドル × 0ドル -4ドル
7回目 4ドル 8ドル ±0ドル
8回目 8ドル × 0ドル -8ドル
9回目 8ドル 16ドル ±0ドル
10回目 16ドル × 0ドル -16ドル

Point!連勝後に連敗だとマイナス収支

勝ち負けが5分の同回数であっても、最初に連勝した後に連敗と言う流れだと《損失発生》です。仮に10回ゲームを行い、5連勝後5連敗したとしましょう。なんと累計収支はー3ドルです。

回数 賭け金 勝敗 配当 合計
1回目 1ドル 2ドル +1ドル
2回目 1ドル 2ドル +2ドル
3回目 1ドル 2ドル +3ドル
4回目 1ドル 2ドル +4ドル
5回目 1ドル 2ドル +5ドル
6回目 1ドル × 0ドル +4ドル
7回目 1ドル × 0ドル +3ドル
8回目 2ドル × 0ドル +1ドル
9回目 2ドル × 0ドル -1ドル
10回目 2ドル × 0ドル -3ドル

連勝して幸先が良い!とさらにゲームを進め、同じ回数分負けたらマイナスが出るなんて・・

③連敗が続くと長期戦覚悟

連勝し過ぎてもダメ・連勝→連敗の流れでもマイナス‥『連敗歓迎!』と言わんばかりの無いようですが、実は連敗が続けば長い戦いになってしまいます。

ゲームを徐々に進めていきながら損失を回収するウィナーズ投資法なので、減りが緩いとは言っても賭け金が増えることは確実です。

④勝敗によって書き足すor消すため、ややこしい

ウィナーズ投資法は、ゲームの勝ち・負けに応じて(そのゲームで)ベットした金額を書き足したり、また記録した数字を消したりなど…少しややこしいです。

ベットした金額を記録しておかなければ、次に進めないのです。紙に書き…と言った理由はここにありました。

記録することで対処できるものの、面倒くさいのには変わりがないので…弱点の一つとして挙げておきます。

ウィナーズ投資法で勝てない・負ける人の特徴

これをやると負けます

最後になりましたが、ウィナーズ投資法を使っても勝てない・負ける人には特徴があります。

2点紹介するので、当てはまらないように気を付けてみてください。

①(ウィナーズ投資法の)損切りタイミングを決めていない

特に勝ち負けが交互に来ている流れにもかかわらず、そのままゲームをやり続けた挙句に「連敗した」場合、今までの賭け金を取り戻すどころか、大きくマイナスになる可能性も充分にあります。

こうならないために、賭け金のみならず収支も記録して、プラスになれば止める・プラスにならなくても±0になれば止めるなど‥切り上げるタイミングを決めておくことが大切です。

②ウィナーズ投資法のみで勝とうとする

ウィナーズ投資法では、勝敗が交互に続くと収益が上げられません。

無理にウィナーズ投資法を使うのではなく「勝ち・負けの交互の時に効果を発揮する『マーチンゲール法』」を使うなど‥他の必勝法ともうまく組み合わせて活用していきましょう。

ウィナーズ投資法のまとめ

ウィナーズ投資法について詳しく解説しました。連敗時に有効な反面、長期戦になりやすい必勝法。メンタル(精神面)での強さも求められそうです。

熱くなりすぎると、前述した『勝てない・負ける人の特徴』には当てはまる可能性も。勝てなければスパッと切り替える勇気も必要ですよ。

オンラインカジノの必勝法を他にも知りたい方はこちら

必勝法 解説 おすすめ度
>>マーチンゲール法 「勝負をして負けたら、次にベット額を2倍にしてまた勝負する」賭け方。勝てば、一気に負けた分が取り戻せてプラス収支になる。しかし、倍がけするため、豊富な資金が必要。また、テーブルリミットがある場合は、賭け金を取り戻せなくなるおそれがある。
>>グランマーチンゲール法 マーチンゲール法を発展させた必勝法。「勝負をして負けたら、次にベッド額を2倍+αにしてまた勝負する」賭け方。連勝すると、マーチンゲール法より利益が大きくなるが、必要な資金も多くなる。
>>ココモ法 3回目以降のゲームで使える必勝法。負けた時に「前回と前々回に賭けた金額の合計」を賭ける。負け続けていても、その後たった1度勝つだけで収支がプラスになる。ただし、負け続けると賭け金が膨大になり、資金がショートする恐れもある。また、テーブルリミットにより、賭け金を取り戻せなくなるおそれがある。
>>パーレー法 勝負に勝ったときに配当金をそのまま次の勝負につぎ込む賭け方。連勝すれば利益が膨大になり、短時間で資金を増やせる。ただし、たった1回の負けで台無しになるため辞め時が重要。
>>ダランベール法 「勝ったら賭け金を減らして、負けたら賭け金を増やす」賭け方。他の必勝法と比べて、ベット額の増減が緩やかで、ローリスクでプレイできる。長く楽しみたい方におすすめ。必勝法を使ってみたい人のデビュー戦にもピッタリ。
>>モンテカルロ法 「ある数字の法則に合わせて、メモを取り計算しながらベットする方法」です。モナコ:モンテカルロにあるカジノを破綻させたという逸話からこの名前が付けられました。ベット額の増減が穏やかで、また辞め時もわかりやすく、リスクが低いです。また、他の必勝法と比べて、対応できるゲームの種類が多いのも魅力です。
>>グッドマン法 勝った後のベット額を「1ドル→2ドル→3ドル→5ドル」と上げていく賭け方です。勝ったときの利益を少しずつ残しながらベットする、守りの必勝法です。とはいえ、連勝すると儲けは大きくなります。儲け額を残しつつ戦うので、負けたときの損失が大きくなりにくいのも魅力です。
>>フラワーベット法 ルーレットのみで使える必勝法です。ルーレットの数字を1つ決めた後に、その周りの数字にチップを置いて、合計9枚をベットします。もし狙った数字に入れば、最大144倍の配当金が受け取れます。ただし、当たる確率が25%ほどと低いので、勝つまで賭け続ける資金力が必要です。ギャンブル要素の強い賭け方です。
>>666戦略 ルーレットのみで使える必勝法です。「ルーレットのテーブル上の数字、ほとんどにベットする」賭け方です。勝率は89%で、負けることが少ないです。ただし、負けたときは一気に持っていかれます。また、軍資金が最低でも66ドル必要なので、資金が豊富にある方でないと難しいです。
>>ウィナーズ投資法 2連敗したときに発動できる必勝法です。負けても、その損失を倍にして取り返します。他の必勝法と比べるとリスクは低く、勝数と負数が同じになれば利益が出ます。ただし、2連敗したときにしか使えないので、使いどこが難しいです。
>>31システム法 損失が少ない9回のベットを1セットにし、仮に9連敗しても最大損失額が31の倍数で済みます。の2連勝で必ず利益
>>3分の2ベット法 「1→1→1→2→2→4→4→8→8」という独特な順番で金額をベットする必勝法です。基本はこの順番に賭けていきますが、勝った場合には賭け額を2倍にします。連勝すれば利益が出ます。また、1ゲームあたり最大31までしか損失がないためローリスクです。
>>マンシュアリン法 ルーレットのみで使える必勝法です。負けたらコーナーベットのエリアを1つずつ増やしていきます。負けるごとに賭けるエリアが広がるため、ゲームが進むにつれて勝率が上がります。勝率すれば短時間で利益が出るのが魅力です。ただし、計算上5回目の勝負で負けると、どこで勝っていても収支がマイナスになります。
>>オスカーズグラインド法 勝ったら賭け金を1増やしていく賭け方です。累計損益が0かプラスになったら1セット終了です。1セットで得られる利益は少ないですが、地道に資金を増やしたい人に向いています。配当金が少ないため利益が出るのに時間がかかるのが難点です。
>>10%法 「手持ちの資金の10%を賭け続ける」ベット法です。勝っても負けても、常に資金の10%で勝負し続けます。負けても資金の減りが穏やかで、リスクは低めです。ただ、結局最後は収支がプラスマイナスゼロで終わることもあります。他の必勝法と組み合わせて使うことで弱点を補えます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です