666戦略のやり方【実践動画あり】

666戦略のやり方【実践動画あり】

666戦略のやり方【実践動画あり】

『666戦略』は、ルーレットでのみ使える必勝法です。

1回の賭け金に66ドル必要で、勝てば6ドル稼げるので666戦略と呼ばれるようになりました。

手法を一言で説明すれば「ベッティングエリア(賭ける場所)のほとんどに賭け金をベットする」方法です。色や数字をほとんど網羅するので、当たる確率はなんと89%!非常に高い勝率で勝負できる必勝法です。

ここでは、666戦略の詳しいやり方とメリット・デメリット、本当に勝てるのかを解説します。

関連記事:【動画あり】オンラインカジノの必勝法のやり方【15選】

666戦略のやり方(進め方)

666戦略の手順がこちらです。赤にベットする場合で説明します。

①赤に「36ドル」ベットする。

②黒の数字で、隣り合っている6個所に「4ドルずつ」ベットする。

③②でベットしきれなかった数字を3つ選び「2ドルずつ」ベットする。

④ゲームを開始する。

※黒にベットする場合は、逆の色にベットしてください。
※賭ける金額は増やしてもOKです。上記の倍数の数値にしてください。

666戦略のやり方を画像で説明

ここからは、実際の手順を画像つきで説明します。

①赤に36ドルベットします。

赤(2nd-12の下、赤い菱形の部分1か所)にベット
②黒の隣り合う数字6個所にベットします。
具体的には「0と2」「8と11」「10と13」「17と20」「26と29」「28と31」の計12個に賭けます。

0と2・8と11など、2つの数字を1組として×6組ベット

③黒の数字の、残り7個所から3つ選び「2ドル」ずつベットします。
具体的には「4、6、15、22、24、33、35」に賭けます。選ぶ数字はどこでも良いです。

残り7つの数字から3つ選びベット

ベット完了したらゲーム開始です。

666戦略の数値(勝率、利益額)について

勝率は「89%」。37個の数字に対し33個ベット

勝率89%で固定です。

ルーレット上で賭けることのできる数字の合計37個に対して、ベットする数字は33個だからです(ヨーロピアンルーレットの場合)。

ベットする数字を合計37個の数字で割ると「33÷37=0.891‥」となり、ベットした33個の数字のうちいずれかが当たることで<勝率89%>となるわけです。

利益は「6ドル」で固定。

黒・赤で勝った場合は、36ドル賭けているので利益は72ドル(36×配当2倍)です。

スプリットベット(隣り合う数字)で当たった場合も72ドル(4ドル×配当18倍)。ストレートアップ(単体賭け)の場合も72ドル(2×配当36倍)です。

賭け金が合計66ドルなので、利益額は「72-66=6ドル」となります

666戦略は本当に勝てるのか?

666戦略は『勝率89%』という、他の必勝法と比べて非常に高い確率で勝利するのが魅力です。とはいえ、それで利益が出るかどうかが重要ですよね。

本当に666戦略は使える必勝法なのかどうか、当サイトの答えは……

「数回勝負して、勝ち逃げするのには使える。ただ、負けると取り返せないので、666戦略単体で勝つのは難しい」

です。

詳しく説明しますね。

連勝した状態でやめれば勝ち逃げできる

89%で勝てるので、10回中9回は勝てる計算です。欲を出さず、勝ちだけを得られた状態でやめれば収支はプラスになります。

負けたら1回で66ドルの損。取り返すには11回連勝しなければいけない……

666戦略を使って負けると、66ドルがそのまま損金になります。これを取り返すには、11連勝する必要があります。

666戦略の勝率は89%なので、確率的にはどこかで負けてしまう率の方が高いです。

マーチンゲール法(倍がけ)で一気に取り戻す方法もあるが、資金がないと難しい

負けたらベット額を2倍にする『マーチンゲール法』と組み合わせて、早くマイナスを挽回する手もあります。

しかし、倍がけ状態で負けてしまうと、損金は巨額に。さらに取り戻すのに回数を重ねる必要があり、現実的に難しいです。

\666戦略とマーチンゲール法を組み合わせた勝負の参考動画/

以上より、666戦略は「数回勝って少額の資金を稼ぐには使えるけれど、単体で実践するにはリスクが高い必勝法」といえるでしょう。

666戦略のメリットとデメリット

666戦略について詳しくなってきたでしょうか。ここからは、メリットやデメリットを確認していきます。両方の面を理解しておけば、どのように立ち回れば良いのかが見えてきます。

666戦略の4つのメリット

まずはメリットからご紹介します。

①89%と高確率で勝てる

勝つ確率が89%、これはやはり666戦略の最大のメリットと言っても良いでしょう。

前述したように37個ある数字のうち33個にベットし‥賭けていない数字が4個しか残っていません。

666戦略は、ほとんどすべての数字にベットしカバーできているので当然の結果とも言えます。

②ローリスクで利益が出る

理論上でいけば、ベットした33個のうち‥どれか1つに当たれば勝ちなので、プレイ回数が少なければ負けることはまずありません。

ローリスクの割には、きちんと6ドルの利益もGET!ハイリターンでは無いですが、少額でも確実に利益を出したい人にはうってつけの方法です。

③賭け方が単純で難しくない

一度、賭け金を設定してしまえば、次の勝負からはリピート賭け機能ですぐにベットをセットできます。

その都度ベットする手間がないので単純!あとは、この賭け方を繰り返すだけです。作業的に賭けられるのが嬉しいです。

④鬼門の0でさえ有効に使える

メリット4つ目は、ルーレットでは鬼門とされている「0」にもベットできて有効に使える点です。

他の必勝法では「0」にベットすることは少なく、入れば無条件で負けていました。

しかし、666戦略は「0・2」に対してセットでベットしているため、「0」もカバーできています。「0」「00」の2種類あるアメリカンルーレットの場合でも、両方に賭けるため負けがありません。

666戦略の4つのデメリット

勝率89%なのに勝てない!いくら勝率が高い必勝法を使ったとしても、勝てないのには何らかの原因があります。その理由を、666戦略の弱点から紐解いてみます。

①軍資金が最低でも66ドル必要

これまでに書いているように、666戦略を使った時の合計賭け金は66ドルです。これは1戦行なうたびに、最低66ドルの資金が必要ということ。

66ドルは日本円にして約7,000円。

これが1回で無くなる・・この66ドルが多いか少ないかは人それぞれの捉え方次第ですが・・。改めて考えると結構な金額です。また、66ドル賭けてもリターンは6ドルと約1割しかない点もデメリットかもしれません。

②666戦略の期待値は低い!

▶︎外れる確率も約11%ある
89%にばかり目を奪われますが、逆で言えば11%は外れることも忘れてはなりません。

永遠に勝つなんてことはあり得ないので、この外れる11%に遭遇する確率は<100%>です。言いたいことが分かって頂けるでしょうか。

10回に1回は負けるわけです。9回勝てるなら良い!と思うのは自由ですが、この11%の存在もお忘れなく。

③一度負けたら取り戻すのが大変

▶︎11連勝以上でプラス
10回に1回は負ける計算の666戦略、負けたらどうする(利益を取り戻す)のか‥それは、11連勝すること!

前述したように666戦略で66ドルを賭けると6ドルのリターン、賭けた66ドルを取り戻すには利益の6ドルで割り=11連勝・それ以上勝つことが条件です。11回勝ってようやくプラスマイナスゼロですから。

④勝率89%なのは、単発時のみ!

666戦略は勝率89%とはいえ、連戦すると確率的にどんどん下がっていきます。10連目には30%ほどにまで落ちてしまうので、その前に打ち切らなければなりません。

666戦略の確率の変動

ゲームを重ねるほど、大数の法則が働くので、勝率89%からどんどん下がっていきます。

1戦目 2戦目 3戦目 4戦目 5戦目 6戦目 7戦目 8戦目 9戦目 10戦目
89% 79.21% 70.5% 62.7% 55.8% 49.7% 44.2% 39.3% 35% 31%

11戦目に勝つ確率は27.7%!ついには3割を切ります。

666戦略の弱点を補う方法

666戦略のコツは短期決戦

前章で666戦略の弱点が4つありました。これらの弱点を補える方法を紹介します。

①数戦のみ等、プレイする前に引き際を決めておく

666戦略の勝率89%の恩恵を十分に得るために、止めるタイミングを決めておきましょう。

1戦・2戦だけなど短期の勝負で向いているため、数戦したら止める勇気が重要です。

弱点でも記載した通り、1戦で66ドルをベット=連戦することでさらに必要なお金が膨れ上がります。

また11%の確率で外れるので、連勝するしか損失を取り戻す道はありません。ドツボに嵌まらないためにも、数戦だけにするなど引き際が肝心です。

②ベットする単位は1ドル&短期勝負

単位は10ドルでも100ドルでも、問題無しです。しかしこれは資金が潤沢にある人のみ。

1ドルに設定したとしても、1回負ければ11連勝しないとペイできません。

利益が6ドルと少ないからと言って10ドルなどにすると、そもそもの資金はもちろん損失も大きくなるため‥最低限の1ドル単位で進めることをお勧めします。

666戦略のまとめ

数回チャレンジして、すぐにやめるのが良いかも

666戦略は、89%の確率で利益を6ドル手に入れることができる必勝法です。ルーレットで666戦略を使う・使わないは、この数字をどう捉えるかでしょう。

リスクを取るかリターンを取るか…666戦略でルーレットをやる際は、数ゲームに留めておいて短期で勝負するのが良いです。

勝率89%という数字だけで判断しないことが、666戦略を攻略するコツですよ。

オンラインカジノの必勝法を他にも知りたい方はこちら

必勝法 解説 おすすめ度
>>マーチンゲール法 「勝負をして負けたら、次にベット額を2倍にしてまた勝負する」賭け方。勝てば、一気に負けた分が取り戻せてプラス収支になる。しかし、倍がけするため、豊富な資金が必要。また、テーブルリミットがある場合は、賭け金を取り戻せなくなるおそれがある。
>>グランマーチンゲール法 マーチンゲール法を発展させた必勝法。「勝負をして負けたら、次にベッド額を2倍+αにしてまた勝負する」賭け方。連勝すると、マーチンゲール法より利益が大きくなるが、必要な資金も多くなる。
>>ココモ法 3回目以降のゲームで使える必勝法。負けた時に「前回と前々回に賭けた金額の合計」を賭ける。負け続けていても、その後たった1度勝つだけで収支がプラスになる。ただし、負け続けると賭け金が膨大になり、資金がショートする恐れもある。また、テーブルリミットにより、賭け金を取り戻せなくなるおそれがある。
>>パーレー法 勝負に勝ったときに配当金をそのまま次の勝負につぎ込む賭け方。連勝すれば利益が膨大になり、短時間で資金を増やせる。ただし、たった1回の負けで台無しになるため辞め時が重要。
>>ダランベール法 「勝ったら賭け金を減らして、負けたら賭け金を増やす」賭け方。他の必勝法と比べて、ベット額の増減が緩やかで、ローリスクでプレイできる。長く楽しみたい方におすすめ。必勝法を使ってみたい人のデビュー戦にもピッタリ。
>>モンテカルロ法 「ある数字の法則に合わせて、メモを取り計算しながらベットする方法」です。モナコ:モンテカルロにあるカジノを破綻させたという逸話からこの名前が付けられました。ベット額の増減が穏やかで、また辞め時もわかりやすく、リスクが低いです。また、他の必勝法と比べて、対応できるゲームの種類が多いのも魅力です。
>>グッドマン法 勝った後のベット額を「1ドル→2ドル→3ドル→5ドル」と上げていく賭け方です。勝ったときの利益を少しずつ残しながらベットする、守りの必勝法です。とはいえ、連勝すると儲けは大きくなります。儲け額を残しつつ戦うので、負けたときの損失が大きくなりにくいのも魅力です。
>>フラワーベット法 ルーレットのみで使える必勝法です。ルーレットの数字を1つ決めた後に、その周りの数字にチップを置いて、合計9枚をベットします。もし狙った数字に入れば、最大144倍の配当金が受け取れます。ただし、当たる確率が25%ほどと低いので、勝つまで賭け続ける資金力が必要です。ギャンブル要素の強い賭け方です。
>>666戦略 ルーレットのみで使える必勝法です。「ルーレットのテーブル上の数字、ほとんどにベットする」賭け方です。勝率は89%で、負けることが少ないです。ただし、負けたときは一気に持っていかれます。また、軍資金が最低でも66ドル必要なので、資金が豊富にある方でないと難しいです。
>>ウィナーズ投資法 2連敗したときに発動できる必勝法です。負けても、その損失を倍にして取り返します。他の必勝法と比べるとリスクは低く、勝数と負数が同じになれば利益が出ます。ただし、2連敗したときにしか使えないので、使いどこが難しいです。
>>31システム法 損失が少ない9回のベットを1セットにし、仮に9連敗しても最大損失額が31の倍数で済みます。の2連勝で必ず利益
>>3分の2ベット法 「1→1→1→2→2→4→4→8→8」という独特な順番で金額をベットする必勝法です。基本はこの順番に賭けていきますが、勝った場合には賭け額を2倍にします。連勝すれば利益が出ます。また、1ゲームあたり最大31までしか損失がないためローリスクです。
>>マンシュアリン法 ルーレットのみで使える必勝法です。負けたらコーナーベットのエリアを1つずつ増やしていきます。負けるごとに賭けるエリアが広がるため、ゲームが進むにつれて勝率が上がります。勝率すれば短時間で利益が出るのが魅力です。ただし、計算上5回目の勝負で負けると、どこで勝っていても収支がマイナスになります。
>>オスカーズグラインド法 勝ったら賭け金を1増やしていく賭け方です。累計損益が0かプラスになったら1セット終了です。1セットで得られる利益は少ないですが、地道に資金を増やしたい人に向いています。配当金が少ないため利益が出るのに時間がかかるのが難点です。
>>10%法 「手持ちの資金の10%を賭け続ける」ベット法です。勝っても負けても、常に資金の10%で勝負し続けます。負けても資金の減りが穏やかで、リスクは低めです。ただ、結局最後は収支がプラスマイナスゼロで終わることもあります。他の必勝法と組み合わせて使うことで弱点を補えます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です