ecoPayzに登録する

ecoPayzの登録方法|口座開設の手順と注意点

ecoPayz(エコペイズ)は、オンラインカジノの入出金で利用できる便利な電子決済サービスです。ほとんどのオンラインカジノで採用されています。この記事では、ecoPayzの登録方法や口座開設の手順、注意点について解説します。

かじの君

ecoPayzの口座開設手順を、実際の画像を用いながら初心者にも分かりやすく説明しています。
ecoPayzの使い方ガイド目次
ecoPayzとは
①ecoPayzに登録する
②ecoPayzに本人確認する
③ecoPayzに入金する
④ecoPayzからオンラインカジノに入金する
⑤オンラインカジノからecoPayzに出金する
⑥ecoPayzから銀行口座に出金する

>ecoPayzが使えるオンラインカジノおすすめ11選【2022年最新】

ecoPayzの登録と口座開設の手順

エコペイズの口座開設の流れ

ecoPayzの登録は、公式サイトでアカウント情報と個人情報を入力するだけで簡単にできます。登録は無料で、信用調査もないためほとんどの人が口座開設できるでしょう。

ecoAccountの開設は無料で、手続きは数分で済み、すぐに使用を開始することができます。しかも、銀行口座は必要なく、信用調査は一切行いません。

引用元:ecoPayz

それでは、具体的な登録方法・口座開設手順を説明します。パソコン・スマートフォンどちらからも操作可能です。

【口座開設手順①】ecoPayzのサイトにアクセス

エコペイズの口座開設を始める

>【公式】エコペイズ

まずはecoPayzの公式サイトにアクセスします。公式サイトの「無料アカウントを開設」ボタンをクリックすると「ecoAccountを作成」ページが表示されます。このページで登録を進めていきましょう。

もし、英語表記になっていたら、右上の「メニュー」から言語を「日本語」に変更できます。

【口座開設手順②】アカウント情報を登録する

エコペイズのアカウント情報を入力する

次に、ecoPayzのログインや口座で利用するアカウント情報を登録していきます。すべて半角英数・英語表記で入力するので注意しましょう。

上から順番に、各項目の入力の仕方や注意点も説明しておきますね。

ecoPayzのアカウント情報の入力例

  • ユーザー名⇒ログインに利用したいものを半角英数字で入力
  • Eメールアドレス⇒ログインに利用したいものを入力
  • パスワード⇒アルファベットの大文字・小文字・数字を全て含め、かつ8文字以上で入力
  • ⇒日本になっていればそのままでOK
  • 言語⇒日本語になっていればそのままでOK
  • 通貨⇒USD – US Dollarsがオススメ

国・言語・通貨は▼タブで選択可能です。国はお住まいの国を選択してください(日本在住なら日本)。

言語はecoPayzで利用する言語の事です。始めから「日本語」が選択されていれば、変更する必要はありません。

通貨はecoPayzのアカウントで利用するものを選びます。為替手数料の発生を避ける為、基本はオンラインカジノで利用されることが多い「USD – US Dollars」がオススメです。

通貨は、後から別の通貨の口座を追加することもできるので、あまり悩む必要はありません。

【口座開設手順③】個人情報を入力⇒ecoPayz口座開設完了

エコペイズの個人情報を入力する

さらに個人情報を入力していきます。氏名や住所などの入力事項をローマ字で入力しましょう。ここでも全て入力は半角英数・英語表記なので注意してください。

上から順番に各項目の入力の仕方と具体例、注意点も説明します。

ecoPayzの個人情報の入力例

  • 名前⇒アルファベットで半角入力 (例:Tarou)
  • 姓(苗字)⇒アルファベットで半角入力 (例:Yamada)
  • 生年月日⇒「日」「月」「年」の順番です。▼ボタンで該当数字を選択

住所は海外の書き方で入力します。下記のように、順番が逆になります。

例:「東京都千代田区永田町1-7-1」⇒「1-7-1, Nagatacho, Chiyoda Ku, Tokyo To, Japan」

JuDress』という、住所を英語表記に変換してくれるサイトがあるので、利用してみてください。

住所の入力欄は細かく分かれていますので、①~⑤に分けて細かく説明していきます。

ecoPayz口座開設時の住所入力欄

①通り⇒市町村名より後の部分で、ビル名とビル番号より前の部分を入力(例:1-1 )

②ビル名/ビル番号⇒マンション名と部屋番号を入力(例:Sakurahaitsu 101)

③都道府県名⇒(例:Hyogo)

④市町村名⇒(例:Tobimatsucyo,Suma-ku,Kobe-shi)

⑤郵便番号⇒(例:6540012)

携帯電話番号は「国番号込み」で入力します。最初から日本の国番号「+81」が入力されているので、それより後の部分を入力しましょう。

この時に、日本の番号の始めの0は入力しないことに注意です。例えば、携帯電話番号が08012345678の場合は、8012345678と入力します。

  • 携帯電話⇒最初の「0」は入力しない(例:8012345678)

個人情報の入力が終わったら、表示されているCAPTCHAの数字も入力します。

最後に3か所のチェックボックスにチェックを付けて「アカウントの作成」ボタンをクリックすると、ecoPayz口座の開設は完了です。

今回はパソコン版の画面で進めていきましたが、スマホ版も入力する事項は変わらないのでご安心ください。

ecoPayzのクイックツアーを確認

エコペイズのクイックツアーを見る

ecoPayzの口座を開設すると、そのままecoPayzにログインしクイックツアーを確認できます。ecoPayz口座の概要が簡単に分かるので、一通り確認することをおすすめします。

ecoPayz口座開設時は通貨設定と登録情報の入力に注意

ecoPayzの口座を開設する際には、通貨の設定と正しい登録情報の入力に注意が必要です。

アカウント通貨の設定

前述のとおり、アカウントで設定した通貨によっては入出金時に為替手数料が発生します。具体的には下記の様なパターンが考えられます。

  • ecoPayzへの入金時に、入金した通貨アカウント設定した通貨が異なる場合
  • ecoPayzのアカウント通貨オンラインカジノの設定通貨が異なる場合

ほとんどのオンラインカジノは通貨がドルか、ドルを含む複数の通貨から選択可能です。そのため、基本はドル(USD – US Dollar)を選ぶことをおすすめします。

ですが、もし口座開設時にドル以外を選択した人でも、ecoPayzでは後から別の通貨の口座も簡単に追加できるので、通貨変更は可能です。

関連⇒ecoPayzの手数料!オンラインカジノの入金・出金にかかる手数料一覧

ecoPayzのアカウントレベルが上がると手数料が低くなる

ecoPayzには「アカウントレベル」というシステムがあります。ecoPayzに本人確認したり、入金額が増えるとアカウントレベルが上がります。

アカウントレベルにはClassicからVIPまでの5段階あり、レベルが上がると為替手数料が2.99%~1.25%と低くなります。

エコペイズで発生する為替手数料引用元:エコペイズ|ecoPayz アカウント 料金&限度額

長く使えば使うほどお得になるのでおすすめです。

登録情報を正しく入力する

ecoPayzに登録した個人情報が間違っていると、アカウントのアップグレードができなくなったり、入金や出金ができなくなったりする可能性があります。

特に、氏名の順番や住所の入力欄には気を付けて、正しい個人情報を入力するようにしましょう。

ecoPayzの利用には本人確認がほぼ必須

エコペイズから出金するにはアップグレードが必要

ecoPayzアカウントは、登録直後は利用可能額や機能が大幅に制限されています。

制限の例

  • 出金ができない
  • 1回の取引限度額が1,168.81ドルまで
  • 累計の取引限度額が2,922.01ドルまで
  • 他のアカウントに送金できない

参考:ecoPayz アカウント 料金&限度額

特に、ecoPayzから出金ができないことは致命傷です。利用制限は、ecoPayzに「本人確認」をすることで解除されます。登録したら必ず本人確認しておきましょう。

関連⇒ecoPayzの本人確認方法|申請手順・必要書類・審査時間

本人確認するとアカウントレベルが「クラシック」から「シルバー」に上がる

ecoPayzに登録したすぐは、アカウントレベルが最低の「クラシック」です。このランクだと出金ができません。本人確認することにより、自動的にレベルが「シルバー」に上がります。

ランク 入金 出金
クラシック ×
シルバー

本人確認には数日から数週間時間がかかるため、早めにしておきましょう。

ecoPayzの使い方ガイド目次
ecoPayzとは
①ecoPayzに登録する
②ecoPayzに本人確認する
③ecoPayzに入金する
④ecoPayzからオンラインカジノに入金する
⑤オンラインカジノからecoPayzに出金する
⑥ecoPayzから銀行口座に出金する

コメントを残す

この記事に反論する

【公式】ecopayzを開く
【公式】ecopayzを開く