ecoPayz(エコペイズ)の口座開設方法と手順、注意点

ecoPayz(エコペイズ)の口座開設方法と手順、注意点

ecoPayz(エコペイズ)の口座開設方法と手順、注意点

かじの君

ecoPayz(エコペイズ)の口座開設手順を分かりやすく説明しています!

ecoPayz(エコペイズ)はオンラインカジノの入出金で利用できる便利な電子決済サービスで、ほとんどのオンラインカジノで採用されています。

なので、ecoPayz(エコペイズ)の口座を開設して利用したい方も多いのではないでしょうか?

そこで今回は、ecoPayz(エコペイズ)の口座開設方法や手順、口座開設時の注意点について初心者さんにも分かりやすく解説していきたいと思います。

>>ecoPayzで入金できるオンラインカジノ【10選】

ecoPayz(エコペイズ)の仕組み

エコペイズは入出金に便利

口座の開設手順を見ていく前に、ecoPayz(エコペイズ)の仕組みについて、もう少し分かりやすく説明します。

ecoPayz(エコペイズ)は”オンライン電子決済サービス”や”eウォレット”とも呼ばれ、特にオンラインカジノの入出金に役立っています。インターネット上に口座を作成→その口座一つで色々なカジノに入出金できるので、資金管理も楽々!カジノサイトとプレイヤーの仲介役のような感じですね。

このecoPayz(エコペイズ)があるおかげで、日本に住んでいる私たちも簡単にカジノに入金できるようになっているのです。

【関連記事】

ecoPayz(エコペイズ)で入金できるオンラインカジノ【10選】

オンラインカジノは海外サイトですが、ecoPayz(エコペイズ)なら入金も簡単!

(追記)ecoカードは作れない!

以前まではecoPayz(エコペイズ)からの出金にecoカードというATMで引き出しできる便利なカードがありましたが、2018年8月6日をもって利用停止に。

ecoPayz(エコペイズ)公式サイトを覗いてみると、あたかも作れるような感じですが‥新規受付はおこなっていません!

口座開設する前に知っておいて欲しいことなので、お伝えしておきます。

 

ecoPayz(エコペイズ)の口座開設の流れ

エコペイズの口座開設の流れ

ecoPayz(エコペイズ)の口座開設の流れはとても簡単です。

公式ページで口座開設をはじめ、アカウント情報と個人情報を入力するのみで開設できます。

パソコン・スマートフォンどちらからも出来ますので、具体的な手順を見ていきましょう。

【参考記事】

ecoPayz(エコペイズ)の退会・解約方法

口座の退会手続きもパソコン・スマホどちらからでも出来ます。

 

エコペイズの口座開設手順(パソコンの場合)

エコペイズの口座開設をパソコンで行う手順

先ずは、パソコンの場合から説明していきますが、スマートフォンを利用して口座開設される方はスマートフォンの場合をご覧下さい。

①ecoPayz(エコペイズ)公式ページにアクセス

まずはecoPayz(エコペイズ)の公式ページにアクセスします。

↓下のボタン↓からecoPayz(エコペイズ)にアクセス出来ます。

ecoPayz(エコペイズ)はこちら

②ecoAccountを作成ページに進む

エコペイズの口座開設を始める

公式サイトでは「無料アカウントを開設」ボタンをクリックすると「ecoAccountを作成」ページが表示されます。このページで登録を進めていきましょう。

かじの君

もしも、日本語以外の言語になっていたら、右上の「メニュー」から「日本語」を選択すれば大丈夫です。

③アカウント情報を入力する

エコペイズのアカウント情報を入力する

最初にecoPayz(エコペイズ)のログインや口座で利用するアカウント情報を入力していきます。

具体的には、以下の様な項目です。

  • ユーザー名
  • Eメールアドレス
  • パスワード
  • 言語
  • 通貨

すべて半角英数、英語表記で入力するので、注意しましょう!

それでは、初めての方でも悩まない様に、各項目の入力の仕方や注意点も説明しておきますね。

ユーザー名・Eメールアドレス・パスワード
ログインに利用したいものを入力していきましょう。パスワードはアルファベットの大文字と小文字、更に数字を含めた8文字以上でないと認められません。
国・言語
国はお住まいの国を選択し、言語はecoPayz(エコペイズ)で利用する言語を選択します。はじめから日本と日本語が選択されているので、日本の方は変更しないで大丈夫です。
通貨
ecoPayz(エコペイズ)のアカウントで利用する通貨を選びます。為替手数料の発生を避ける為、基本はオンラインカジノで利用されることが多い「USD – US Dollars」がオススメです。
なお、後から別の通貨の口座を追加することもできるので、あまり悩む必要はありません。

④個人情報を入力⇒口座開設を完了させる

エコペイズの個人情報を入力する

続いて口座の開設に必要な個人情報を入力していきます。

  • 氏名
  • 生年月日
  • 住所
  • 携帯電話番号

入力項目は大まかに分けると以上の4つです。各項目の入力の仕方と具体例、注意点も説明します。

かじの君

すべて半角英数、英語表記で入力するので、注意しましょう。
氏名
英語表記に従って「名前」「姓」入力欄の順で並んでいます。逆にしないように気を付けましょう。

  • 名前⇒例:Tarou
  • ⇒例:Yamada
生年月日
  • 生年月日⇒「誕生日」「誕生月」「誕生年」の順番です。矢印ボタンで該当数字をそれぞれ選択しましょう。

続いて住所ですが、海外では日本の住所の書き順とは異なります。英語表記の住所の書き方が分からない方は下記ボタンをクリックして下さい。便利なサイトをご紹介しています。

日本の住所を簡単に英語表記に変えてくれる便利なサイト「JuDress」!

海外と日本では住所の書き方が違う為、アカウント開設時に戸惑う人も多いようです。

ですが、「JuDress」というサイトを利用すれば、日本の住所を英語表記でどう書けば良いのか?簡単に分かります。勿論無料なので、安心して下さいね。

使い方はとっても簡単!

  1. JuDress」と検索
  2. 郵便番号を入力したら「住所検索」をクリック
  3. 都道府県と住所の表示がされたら「番地・建物名等」を入して⇒「実用的に変換」をクリック
  4. 英語表記に変換された住所が下の空欄に表示されます!

日本の住所を英語表記に変換

後は、これをecoPayz(エコペイズ)の入力欄に当てはめていきましょう。

 

住所
住所の入力欄は細かく分かれています。

  • 通り⇒例:1-1 ※①
  • ビル名/ビル番号⇒例:Sakurahaitsu 101
  • 都道府県名⇒例:Hyogo
  • 市町村名⇒例:Tobimatsucyo,Suma-ku,Kobe-shi
  • 郵便番号⇒例:6540012 ※②

※①「通り」には市町村名より後の部分で、ビル名とビル番号より前の部分を入力しましょう。

※②「郵便番号」はハイフン(-)があっても無くてもどちらでも大丈夫です。

かじの君

住所は日本の表記(郵便番号⇒都道府県⇒市町村名…)順に埋めていく方が分かりやすいですよ。
携帯電話番号
  • 携帯番号⇒最初の「0」は入力しない 例:8012345678

携帯電話番号は国番号込みで入力します。最初から日本の国番号「+81」が入力されているので、それより後の部分を入力しましょう。
この時に、日本の番号のはじめの0は入力しないことに注意が必要です。例えば、携帯電話番号が08012345678の場合は、8012345678と入力します。

個人情報の入力が終わったら、表示されているCAPTCHAの数字も入力します。

最後に3か所のチェックボックスにチェックを付けて「アカウントの作成」ボタンをクリックすると、ecoPayz(エコペイズ)口座の開設は完了です。

エコペイズ口座のクイックツアーを見る

エコペイズのクイックツアーを見る

パソコンでecoPayz(エコペイズ)の口座を開設すると、そのままecoPayz(エコペイズ)にログインされてクイックツアーを閲覧できます。

ecoPayz(エコペイズ)口座の概要が簡単に分かるので、一とおり閲覧することがおすすめです。

「次へ」をクリックして読み進めていきましょう。

【参考記事】

エコペイズのローカル入金の方法、手順

ローカル入金手順をパソコン・スマホ両方から画像付きで解説しています。

 

エコペイズの口座開設手順(スマートフォンの場合)

エコペイズの口座開設をスマホで行う手順

スマートフォンから口座を開設する場合も、パソコンの場合と手続きはほとんど同じです。

ただし、一部の画面表示が異なります。

①ecoPayz(エコペイズ)公式ページにアクセスする

まずはecoPayz(エコペイズ)の公式ページにアクセスします。

こちらのボタンからecoPayz(エコペイズ)にアクセスしてください。

ecoPayz(エコペイズ)はこちら

②ecoAccountを作成ページに進む

エコペイズの口座開設ボタン

公式サイトでは「無料アカウントを開設」ボタンをタップすると「ecoAccountを作成」ページが表示されます。このページで登録を進めていきましょう。

③アカウント情報を入力する

エコペイズのアカウント情報入力

最初にecoPayz(エコペイズ)のログインや口座で利用するアカウント情報を入力していきます。

具体的には、以下の様な項目です。

  • ユーザー名
  • Eメールアドレス
  • パスワード
  • 言語
  • 通貨

すべて半角英数、英語表記で入力するので、注意しましょう!

初めての方でも悩まない様に、各項目の入力の仕方や注意点も説明しておきますね。

ユーザー名・Eメールアドレス・パスワード
ログインに利用したいものを入力していきましょう。パスワードはアルファベットの大文字と小文字、更に数字を含めた8文字以上でないと認められません。
国・言語
国はお住まいの国を選択し、言語はecoPayz(エコペイズ)で利用する言語を選択します。はじめから日本と日本語が選択されているので、日本の方は変更しないで大丈夫です。
通貨
ecoPayz(エコペイズ)のアカウントで利用する通貨を選びます。為替手数料の発生を避ける為、基本はオンラインカジノで利用されることが多い「USD – US Dollars」がオススメです。
なお、後から別の通貨の口座を追加することもできるので、あまり悩む必要はありません。

④個人情報を入力する

エコペイズの個人情報入力

続いて口座の開設に必要な個人情報を入力していきます。

  • 氏名
  • 生年月日
  • 住所
  • 携帯電話番号

入力項目は大まかに分けると以上の4つです。各項目の入力の仕方と具体例、注意点も説明します。

かじの君

すべて半角英数、英語表記で入力するので、注意しましょう。
氏名
英語表記に従って「名前」「姓」入力欄の順で並んでいます。逆にしないように気を付けましょう。

  • 名前⇒例:Tarou
  • ⇒例:Yamada
生年月日
  • 生年月日⇒「誕生日」「誕生月」「誕生年」の順番です。▼ボタンで該当数字をそれぞれ選択しましょう。

続いて住所ですが、海外では日本の住所の書き順とは異なります。英語表記の住所の書き方が分からない方は下記ボタンをクリックして下さい。便利なサイトをご紹介しています。

日本の住所を簡単に英語表記に変えてくれる便利なサイト「JuDress」!

海外と日本では住所の書き方が違う為、アカウント開設時に戸惑う人も多いようです。

ですが、「JuDress」というサイトを利用すれば、日本の住所を英語表記でどう書けば良いのか?簡単に分かります。勿論無料なので、安心して下さいね。

使い方はとっても簡単!

  1. JuDress」と検索
  2. 郵便番号を入力したら「住所検索」をクリック
  3. 都道府県と住所の表示がされたら「番地・建物名等」を入して⇒「実用的に変換」をクリック
  4. 英語表記に変換された住所が下の空欄に表示されます!

日本の住所を英語表記に変換

後は、これをecoPayz(エコペイズ)の入力欄に当てはめていきましょう。

 

住所
住所の入力欄は細かく分かれています。

  • 通り⇒例:1-1 ※①
  • ビル名/ビル番号⇒例:Sakurahaitsu 101
  • 都道府県名⇒例:Hyogo
  • 市町村名⇒例:Tobimatsucyo,Suma-ku,Kobe-shi
  • 郵便番号⇒例:6540012 ※②

※①「通り」には市町村名より後の部分で、ビル名とビル番号より前の部分を入力しましょう。

※②「郵便番号」はハイフン(-)があっても無くてもどちらでも大丈夫です。

かじの君

住所は日本の表記(郵便番号⇒都道府県⇒市町村名…)順に埋めていく方が分かりやすいですよ。
携帯電話番号
  • 携帯番号⇒最初の「0」は入力しない 例:8012345678

携帯電話番号は国番号込みで入力します。最初から日本の国番号「+81」が入力されているので、それより後の部分を入力しましょう。
この時に、日本の番号のはじめの0は入力しないことに注意が必要です。例えば、携帯電話番号が08012345678の場合は、8012345678と入力します。

⑤口座開設を完了させる

エコペイズのチェックボックスにチェックを入れる

個人情報の入力が終わったら、表示されているCAPTCHAの数字も入力します。

最後に3か所のチェックボックスにチェックを付けて「アカウントの作成」ボタンをクリックすると、ecoPayz(エコペイズ)口座の開設は完了です。

 

ecoPayz(エコペイズ)の口座開設時の注意点

エコペイズの口座開設時の注意点

ecoPayz(エコペイズ)の口座を開設する際には、通貨の設定と正しい個人情報の入力に注意が必要です。

通貨の設定

前述のとおり、通貨の設定を間違えると為替手数料が発生します。具体的には下記の様なパターンが考えられます。

  • ecoPayz(エコペイズ)に入金する通貨⇔ecoPayz(エコペイズ)のアカウント通貨が異なる場合
  • ecoPayz(エコペイズ)のアカウント通貨⇔オンラインカジノのアカウント通貨が異なる場合

為替手数料はエコアカウントレベルが上がる程、2.99%~1.25%と低くなります。(エコペイズのアカウントレベルについては、次の章で説明します。)

エコペイズで発生する為替手数料

為替手数料の発生が少なくなるように通貨を選ぶと良いでしょう。

ほとんどのオンラインカジノは通貨がドルか、ドルを含む複数の通貨から選択可能です。そのため、基本はドル(USD – US Dollar)を選ぶことをおすすめします。

ecoPayz(エコペイズ)は後から別の通貨の口座も追加できるので、ユーロや日本円を利用したい場合はその都度追加すると良いでしょう。

正しい個人情報の入力

ecoPayz(エコペイズ)に登録した個人情報が間違っていると、アカウントのアップグレードができなくなったり、入金や出金ができなくなったりする可能性があります。

よく注意して正しい個人情報を入力するようにしましょう。

前述したとおり、氏名の順番や住所の入力欄には特に気を付けてください。

ecoPayz(エコペイズ)から自分の銀行への出金する方法、手順(高速ローカル出金)ecoPayz(エコペイズ)の高速ローカル出金方法と手順

 

出金するにはアップグレードが必須

エコペイズから出金するにはアップグレードが必要

かじの君

ecoPayz(エコペイズ)の口座から出金するには、もうワンランクUPする必要があります。

ecoPayz(エコペイズ)の口座開設までが完了しました。

何度もお伝えしている通り、ecoPayz(エコペイズ)はカジノの入出金に便利なサービスです。ですが、実は口座開設しただけでは入金は出来ても、まだ出金することはできません!

ecoPayz(エコペイズ)には、クラシック・シルバー・ゴールド・プラチナ・VIPの5つのランクがあり、今作成したアカウントはクラシックアカウントです。その一つ上のランク<シルバー>アカウントにアップグレードすることで出金が可能になります!

オンラインカジノでせっかく勝利してecoPayz(エコペイズ)にお金を出金しても、ecoPayz(エコペイズ)から引き出せないなら意味がありませんよね。

アップグレードするには身元確認書類の提示が必要なのですが、ecoPayz(エコペイズ)側の確認には数日かかる為、開設時に一緒にやっておいた方が良いかと思います。

【関連記事】

・シルバーアカウントにアップグレードする方法

・ゴールドアカウントにアップグレードする方法

アカウントのアップグレード手順については、こちらを参考にして下さい。

 

口座開設後は、クレジットカードも登録しよう!

*2018年12月現在、オンラインカジノに入金する目的の人はエコペイズにクレジットカード入金できなくなりました。

ecoPayz(エコペイズ)からカジノに入金するということは、ecoPayz(エコペイズ)内にお金が入っていなければなりません。このお金を入金するのにはクレジットカードが使えます。

上記の手順で「アカウントを作成」ボタンをクリックした後に、クレジットカード登録画面が表示されるのでそのまま登録していきましょう。後から登録しても良いですが、表示された時にやっておいた方が後々楽チンです。

カード情報の登録手順

①カードの通貨・カードに記載の名義人・番号・有効期限・セキュリティーコードを入力

②入金先アカウントの通貨も設定し「続行」

③入力内容が表示されるので確認→VISA認証サービス画面に移行すれば、パスワード等を入力

④successfully verifiedと記載されたメールが届けば完了

 

【まとめ】エコペイズの口座開設方法と手順、注意点

アカウント情報と個人情報を入力するのみで、簡単にecoPayz(エコペイズ)の口座を開設できます。

開設の際には通貨の設定と個人情報の入力に注意が必要ですが、注意点も分かりやすくまとめています。

ぜひこのページを参考にしながらecoPayz(エコペイズ)口座を開設してみてください。

 

>>オンラインカジノの入金方法の選び方!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です