フラワーベット法のやり方【実践動画あり】

フラワーベット法のやり方【実践動画あり】

フラワーベット法のやり方【実践動画あり】

フラワーベット法は、ルーレットでのみ使える必勝法です。

1つの数字を決めて、その周りを囲むようにベットしていきます。その見た目が花びらのように見えることから「フラワーベット」と呼ばれるようになりました。

フラワーベット法の配当金は『最大144倍』。必勝法の中でも最大級の利益を上げられるベット法です

このページでは、フラワーベット法の賭け方(進め方)やメリット・デメリットの解説と、効果的に使うコツも紹介します。一攫千金を夢見る人は、試してみる価値アリですよ!

>【動画あり】オンラインカジノの必勝法のやり方【15選】

フラワーベット法のやり方(進め方)

フラワーベット法のやり方を箇条書きでまとめました。

①ルーレットの真ん中の列から1つ数字を選ぶ
②決めた数字の周りの数字を囲むようにベットする

このようにフラワーベット法は「数字を一つ決めたら後は周りの数字にベットするだけ」というとてもシンプルで簡単に進めていく必勝法です。図で表現すると下記のような賭け方になります。

〇〇〇
〇●〇
〇〇〇

フラワーベット法は、上記のようにチップを置いて賭けます。決めた一つの数字=本命の数字(●)を中心としてベットするため、最低9枚のチップが必要です。

フラワーベット法の具体的なやり方

ベットする場所や方法には決まりがあります。具体的に説明していきますね。

①ルーレットの真ん中の列から1つ数字を選ぶ

周りを囲める数字「5,8,11,14,,17,20,23,26,29,32」の中から、数字を1つ選びます。一番狙いたい数字に賭けましょう。今回は『5』にベットします。

フラワーベッド法のストレートアップ

 

②決めた数字の周りの数字を囲むようにベットする(8箇所)

5を中心にした時の4つの角は『1379』、ここにチップを置きます。角=四隅に置いているため、コーナーベットとも言われます。また、上下と左右の『2468』にもベットしていきます。

フラワーベット法のコーナーベット

フラワーベッド法のスプリットベット

これで合計9枚のチップが置かれました。後は勝負を開始するだけです。

フラワーベット法をするときは『ヨーロピアンルーレット』を選びましょう

ルーレットには『ヨーロピアンルーレット』『アメリカンルーレット』など種類があります。違いは、出目に「00」があるかどうか。

アメリカンルーレットには、00を含む38個の数字があります。すると、(9÷38)23.6%と、ヨーロピアンルーレットよりも勝率がダウンします。

フラワーベット方を使うなら、ヨーロピアンルーレットがおすすめです。

さて、フラワーベット法を使った時のチップの置き方・賭け方が理解できましたか?本命の数字さえ一つ決めることができたら、あとは簡単です!

次は、気になるフラワーベット法のオッズ(倍率)について説明します。

配当金の倍率は「9~144倍」!当たる数字で異なる

冒頭で、フラワーベット法は最大で144倍もの配当金が得られる必勝法だとお話しました。

後述するメリットでもあるのですが、どんな賭け方をしても配当が144倍になるわけではありません。どこのエリアの数字に玉が落ちるのか?また、チップの置き方によって、得られる配当金の倍率に3つの違いが出ます。

①配当9倍……斜めの角(コーナーベット)で当たった場合
②配当36倍……上下と左右(スプリットベット)で当たった場合
③配当144倍……本命の数字(ストレートアップ)で当たった場

それぞれ詳しく紹介しますね。

①配当9倍→斜めの角(コーナーベット)で当たった場合

フラワーベットのコーナーベット的中画面

4つの角(1,3,7,9)のどれかに玉が落ちて当たると、配当は9倍です。

9枚のチップをベットしたので、収支はプラスマイナス0(9-9)。トントンになり、損はしないものの利益も出ません。

こうなるとフラワーベット法を使う意味があるのか?疑問が残るのも否めません。

②配当36倍→上下と左右(スプリットベット)で当たった場合

フラワーベットのスプリットベット的中画面

上下左右の数字(2468)に当たった場合は、2つのコーナーベット(4つの角)と重複しているので…(配当9倍×2)+18倍(スプリットベット分)=36倍もの配当になります。だんだん配当金が増えてきました!

③本命の数字(ストレートアップ)で当たった場合

フラワーベットのストレートベット的中画面

本命の数字<5>に球が落ちた場合は、「ストレートアップ36倍+コーナーベット4倍+スプリットベット4倍」の重複があるので…「36倍+(9倍×4)+(18倍×4)=144倍」と最大の配当金をGET!

計算がややこしいですが、頭に入れておくのは『決めた1つの数字=真ん中に落ちると144倍』ということだけで大丈夫です!

一点賭けしたところが見事に当たれば、これだけの高額なオッズに跳ね上がります。

フラワーベット法で勝利する確率 | 配当36倍と144倍の場合でシミュレーション

36倍と144倍が出る(当たる)確率は、どのくらいなのでしょうか?1ドルをベットした場合の利益も合わせて確認していきます。

①配当36倍の場合

玉がスプリットベット(上下と左右)のところに落ちる(当たる)確率は10.8%です。ゲーム回数で表すと10回に1回当たるイメージ。利益は25ドルです。

②配当144倍の場合

本命の数字(真ん中)に落ちる確率は、なんと2.7%!少なすぎます…だからこそ配当144倍と高額オッズなのですが。利益は135ドルです。

フラワーベット法の3つの注意点(デメリット)

当たればでかい、ギャンブラーを熱くさせるフラワーベット法ですが、実施の際の注意点が3あります。読んでおかないと思わぬ損をしてしまうことがあるため、挑戦する前に目を通しておいてください。

①当たる確率が1/4(25%)以下と低い

ここで言う当たる確率とは、フラワーベット法を使ってゲームを行なった際の『全体的な確率』を意味します。

ルーレットの数字に賭けていくフラワーベット法では、25%をも下回る<24.3%>の勝率です。※ヨーロピアンルーレットの数字37個をベットする9ヶ所で割り(9÷37)、算出された数字です。

②資金力がそれなりに必要

1回のベットにつき常にチップを9枚:1ドルだと9ドルも減ります。日本円にして約1,000円が1ゲームごとに無くなる…と考えると、それなりの軍資金は必要です。

軍資金が少なくても有効な必勝法はありますが、前述の通り勝率を加味すると、ある程度用意しておく方が良いでしょう。1回で1,000円の賭け金、ゲームを長く続けるほどボディブローのように効いてきます(汗)。

③フラワーベット法が有効なのがルーレットのみ!

ルーレット

 

最大で得られる配当金が144倍なら、オンラインカジノのゲームすべてに使いたいと考える人も多いでしょう。

しかしこのフラワーベット法が有効なのは、『ルーレットのみ』!一度に合計9つの数字に賭けることができるのは、ルーレットしかありません。

他の必勝法では、バカラやブラックジャック、ルーレットなど幅広いゲームで利用できますが、フラワーベット法はルーレットでしか使えず、用途が狭いのがデメリットです。

フラワーベット法のデメリットは、複数賭けでカバー

フラワーベット法は勝率が低い…このデメリットをカバーできる方法があるとすれば、知りたくないですか?

方法は簡単、複数のエリアにベットするのみ!こうすることで、賭けた範囲が広くなり‥少しでも当たる確率をアップさせることができるのです。

複数賭けの方法

«本命の数字を軸→9枚のチップを置く»これが1つのエリアとすると、もう一つのエリアにも同じようにベットします。

この記事の前半では、一番左のエリア(1-9)にベットする例でした。その隣のエリア(10-18)にも9枚賭けるということです。チップの置き方は、左のエリアに置いた時と同様です。

フラワーベット法の複数賭け

理論上、当たる確率は2倍に

2つのエリアに賭けることで18個の数字に増えます。37個の数字のうち18個に当たれば良し!

+9枚更にチップが増え、合計18枚ものチップが必要ですが‥玉が落ちて当たる確率も、18÷37=48.6%と約5割にまで近付きました!エリアを増やすだけで当選確率は2倍に。それなりの軍資金が必要、という点にも繋がります。

配当金は9倍・36倍・144倍のまま

複数エリアへのベットは当たる確率が2倍になります。配当金は9倍・36倍・144倍と、このベースは変わらないので誤解しないようにしてください。

フラワーベット法の良い点

なかなかリスキーなフラワーベット法ですが、もちろん良い点も存在します。

本命数字に当たれば利益大!これまでの負けを一瞬で取り戻せる

本命の数字に当たった時に得られる利益は、他の必勝法を抜きん出るほどです。

また、もし連敗し続けても14連敗までならOK!15回目に真ん中に当たれば、今までの負けはすべてチャラになり+利益もGETできます。

フラワーベット法のまとめ:効果的に使うコツ

フラワーベット法に理解が深まったでしょうか。最後にまとめとして、効果的に使うコツを2つ紹介して終わります。

本命の数字が鍵なので、空回し必須

フラワーベット法は、本命の数字で超高配当を狙うのが重要。

本命を当てる確率を上げるために、空回し(ベットせずにルーレットを回すこと)を利用するのも手です。

「ルーレットを30回空回しして、1回も出てこなかった数字にベットする」など、確率を調整して、戦略的に賭けていくと勝率が上がって効果的です。メモを取りながらの地道な作業になりますが、時間に余裕のある方は、試してみても良いでしょう。

空回しが可能なルーレットは当たる確率がアップする可能性も。本命の数字をどれにしようか悩んでいる時にも有効ですよ◎

Point!空回しが可能なルーレットがある『ベラジョンカジノ』

オンラインカジノでは、空回しが禁止されているサービスもあります。何度か空回しをすると、強制的にロビーに戻されることもあります。

しかし、大手カジノサイトの『ベラジョンカジノ』では、空回しが可能なルーレットが数種類揃っています。

ベラジョンカジノ

【ベラジョンカジノ】の概要
入金方法 VISA、MasterCard、JCB、American Express、ecoPayz、iWallet、Venus Point
最低入金額 10ドル
最高入金額 2,500ドル
入金手数料 2.25%

実際のカジノでは絶対にできませんが、オンラインカジノならば出方をメモしながらでもOKです!

フラワーベット法を使う際は、この空回しも組み合わせて実践してみてください!

\空回しも可能!フラワーベット法を活用できる/

フラワーベット法は「当たれば大きく配当金がもらえるが、勝率が低いのがリスキー」なベット法

フラワーベット法の特徴をまとめると以下が挙げられます。

  • 勝てば最大144倍の巨額の配当金がもらえる
  • 勝てる確率は24.3%と低め
  • 14連敗しても、15回目に狙った数字が出れば負けがチャラになる
  • 1回に最低9ドル賭けるのである程度の資金が必要

フラワーベット法は、当たる確率は低いですが、勝ったときには大きく稼げるギャンブラー向けの必勝法です。

大きな配当を狙いたい方は活用してみてください。

オンラインカジノの必勝法を他にも知りたい方はこちら

必勝法 解説 おすすめ度
>>マーチンゲール法 「勝負をして負けたら、次にベット額を2倍にしてまた勝負する」賭け方。勝てば、一気に負けた分が取り戻せてプラス収支になる。しかし、倍がけするため、豊富な資金が必要。また、テーブルリミットがある場合は、賭け金を取り戻せなくなるおそれがある。
>>グランマーチンゲール法 マーチンゲール法を発展させた必勝法。「勝負をして負けたら、次にベッド額を2倍+αにしてまた勝負する」賭け方。連勝すると、マーチンゲール法より利益が大きくなるが、必要な資金も多くなる。
>>ココモ法 3回目以降のゲームで使える必勝法。負けた時に「前回と前々回に賭けた金額の合計」を賭ける。負け続けていても、その後たった1度勝つだけで収支がプラスになる。ただし、負け続けると賭け金が膨大になり、資金がショートする恐れもある。また、テーブルリミットにより、賭け金を取り戻せなくなるおそれがある。
>>パーレー法 勝負に勝ったときに配当金をそのまま次の勝負につぎ込む賭け方。連勝すれば利益が膨大になり、短時間で資金を増やせる。ただし、たった1回の負けで台無しになるため辞め時が重要。
>>ダランベール法 「勝ったら賭け金を減らして、負けたら賭け金を増やす」賭け方。他の必勝法と比べて、ベット額の増減が緩やかで、ローリスクでプレイできる。長く楽しみたい方におすすめ。必勝法を使ってみたい人のデビュー戦にもピッタリ。
>>モンテカルロ法 「ある数字の法則に合わせて、メモを取り計算しながらベットする方法」です。モナコ:モンテカルロにあるカジノを破綻させたという逸話からこの名前が付けられました。ベット額の増減が穏やかで、また辞め時もわかりやすく、リスクが低いです。また、他の必勝法と比べて、対応できるゲームの種類が多いのも魅力です。
>>グッドマン法 勝った後のベット額を「1ドル→2ドル→3ドル→5ドル」と上げていく賭け方です。勝ったときの利益を少しずつ残しながらベットする、守りの必勝法です。とはいえ、連勝すると儲けは大きくなります。儲け額を残しつつ戦うので、負けたときの損失が大きくなりにくいのも魅力です。
>>フラワーベット法 ルーレットのみで使える必勝法です。ルーレットの数字を1つ決めた後に、その周りの数字にチップを置いて、合計9枚をベットします。もし狙った数字に入れば、最大144倍の配当金が受け取れます。ただし、当たる確率が25%ほどと低いので、勝つまで賭け続ける資金力が必要です。ギャンブル要素の強い賭け方です。
>>666戦略 ルーレットのみで使える必勝法です。「ルーレットのテーブル上の数字、ほとんどにベットする」賭け方です。勝率は89%で、負けることが少ないです。ただし、負けたときは一気に持っていかれます。また、軍資金が最低でも66ドル必要なので、資金が豊富にある方でないと難しいです。
>>ウィナーズ投資法 2連敗したときに発動できる必勝法です。負けても、その損失を倍にして取り返します。他の必勝法と比べるとリスクは低く、勝数と負数が同じになれば利益が出ます。ただし、2連敗したときにしか使えないので、使いどこが難しいです。
>>31システム法 損失が少ない9回のベットを1セットにし、仮に9連敗しても最大損失額が31の倍数で済みます。の2連勝で必ず利益
>>3分の2ベット法 「1→1→1→2→2→4→4→8→8」という独特な順番で金額をベットする必勝法です。基本はこの順番に賭けていきますが、勝った場合には賭け額を2倍にします。連勝すれば利益が出ます。また、1ゲームあたり最大31までしか損失がないためローリスクです。
>>マンシュアリン法 ルーレットのみで使える必勝法です。負けたらコーナーベットのエリアを1つずつ増やしていきます。負けるごとに賭けるエリアが広がるため、ゲームが進むにつれて勝率が上がります。勝率すれば短時間で利益が出るのが魅力です。ただし、計算上5回目の勝負で負けると、どこで勝っていても収支がマイナスになります。
>>オスカーズグラインド法 勝ったら賭け金を1増やしていく賭け方です。累計損益が0かプラスになったら1セット終了です。1セットで得られる利益は少ないですが、地道に資金を増やしたい人に向いています。配当金が少ないため利益が出るのに時間がかかるのが難点です。
>>10%法 「手持ちの資金の10%を賭け続ける」ベット法です。勝っても負けても、常に資金の10%で勝負し続けます。負けても資金の減りが穏やかで、リスクは低めです。ただ、結局最後は収支がプラスマイナスゼロで終わることもあります。他の必勝法と組み合わせて使うことで弱点を補えます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です