Play’n GO(プレインゴー)のスロット!おすすめ人気ビデオスロット

Play’n GO(プレインゴー)のスロット!おすすめ人気ビデオスロット

ビデオスロット比較
>スロットランキング >面白い >爆発力
>還元率が高い >フリースピン購入 >入金不要フリースピン

Play’n GOは、オンラインカジノにおいて、数々の人気ビデオスロットを配信しています。この記事では、Play’n GOのおすすめ人気ビデオスロットをご紹介します。

かじの君

Play’n GOのビデオスロットの魅力もまとめています。

> ビデオスロットランキング【2020年】オンラインカジノ人気スロット

Play’n GO(プレインゴー)のおすすめ人気ビデオスロット

まずは、Play’n GOのビデオスロットについて、その魅力を解説します。

Play’n GO(プレインゴー)とは?

Play’n GOはスウェーデンに本拠があるゲームプロバイダです。2004年に設立されました。ちなみにプレインゴーと言います。

2019年には高いエンターテインメント性やゲーム性、グラフィックなどが高評価を受け「年間ベストカジノサプライヤー」を受賞しています。ほぼすべてのオンラインカジノでPlay’n GOは採用されており、オンラインカジノ業界での知名度もかなり高いゲームプロバイダです。

関連⇒オンラインカジノの人気ゲームプロバイダ一覧!プロバイダごとの特徴を紹介

Play’n GOの代表的な人気ビデオスロットはMoon Princess(ムーンプリンセス)


Play’n GO(プレインゴー)と言えばMoon Princess(プリンセス)!ですね。ぷよぷよのようなゲームで一撃大爆発する人気ビデオスロットです。0.6ドル掛けの一撃25万円をゲットしたこともあります。

Play’n GOのおすすめ人気ビデオスロット動画

*BGMも流れますので音量を小さめにして再生してください。

Rise of Olympus(ライズ・オブ・オリンパス)

Queen’s Day Tilt(クイーンズ・ディ・ティルト)

Big Win 777(ビッグウイン)

Demon(デーモン)

関連⇒【動画でわかる!】Play’n GO(プレインゴー)のおすすめビデオスロット

ベラジョンカジノでのPlay’n GO(プレインゴー)のスロットの探し方

ベラジョンカジノのパソコンサイトにおいて、Play’n GOのビデオスロットを検索する方法を紹介します。

①ベラジョンカジノにアクセス

ベラジョンカジノにアクセスしてPlay'n go(プレインゴー)を探す

まずは、ベラジョンカジノの公式サイトにアクセスします。

②カテゴリーを検索

ベラジョンカジノでカテゴリー検索

画面左上の「カテゴリー検索」をクリックします。

検索フィルターは「ビデオスロット」を、ゲーム配信会社は「Play’n GO」をそれぞれクリックします。

③Play’n GO社のスロットが表示

ベラジョンカジノのPlay'n Go(プレインゴー)のスロット一覧

すると、上記のようにPlay’n GO社のビデオスロットのみがソートされ、表示されます。現在ベラジョンカジノでは、Play’n GOのビデオスロットが129種類配信されています。なお、並び順は

  • オススメ順
  • アルファベット昇順
  • アルファベット降順
  • リリース順

の4つから選択することができます。

Play’n GOがリリースするおすすめ人気ビデオスロット!

Play’n GOによりリリースされているビデオスロットのうち、特におすすめ人気ビデオスロットを紹介します。

Gemix(ジェミックス)

*BGMも流れますので音量を小さめにして再生してください。


【Gemix(ジェミックス)の基本情報】

GemixはのどかなBGMが特徴のビデオスロットでPlay’n GO(プレインゴー)で人気があります。いわゆる「落ちゲー」タイプですが、他の機種と比べると、若干ルールが複雑になります。

 

ベット可能額

Gemixの1スピンにおけるベット可能額は、0.1ドルから100ドルです。

基本的な配当

Gemixで登場するシンボルは8種類で、配当は以下の通りとなります。

 

Gemix(ジェミックス)の配当表

 

同じシンボルが5つ以上隣接していると、配当成立です。

 

Gemix(ジェミックス)の配当成立

 

配当が成立すると、新たなシンボルが落ちてくるので、連鎖が期待できます。

クリスタルチャージ

Gemixにおいて、1回のスピンで20個以上のシンボルを消すと、クリスタルチャージが発動します。

 

Gemix(ジェミックス)のクリスタルチャージ

 

4つの技(ノバブラスト、クリスタルワープ、ライトビーム、チェーンライトニング)のうち、どの技が選ばれるかはランダムです。なお、クリスタルチャージが発動する前に、40個以上のシンボルを消すと、スーパーチャージと言って、配当は3倍に膨れ上がります。

 

フリースピンがないGemixにおいて、このクリスタルチャージで連鎖をさせることが、高額配当のカギです。

ワールドパターン

Gemix(ジェミックス)のワールドパターン

 

Gemixには「ワールドパターン」という独自のモードがあります。所定の位置において配当を的中させると、レベルアップでき、その都度ボーナスを獲得することができるのです。

単に配当を的中させることだけではなく、グリッドのどの地点で配当を的中させるのかも、Gemixにおいては非常に重要です。

 

Gemix(ジェミックス)のステージクリア条件

 

なお、ステージにより出現するワイルドシンボルはそれぞれ異なります。

 

Gemix(ジェミックス)のワールドワイド

Super Flip(スーパーフリップ)

*BGMも流れますので音量を小さめにして再生してください。


Super Flip(スーパーフリップ)の特徴】

Super Flip(スーパーフリップ)は最大100万コインの払い戻しの可能性があり、Play’n GO(プレインゴー)の中でも爆発力があるビデオスロットです。様々な機能が搭載されており、夢の高額配当も決して夢ではありません。

5×3リールで、ペイライン数は20。ビデオスロットに精通しているプレイヤーならば、特に難しさを感じることはありません。

 

ベット可能額

Super Flipでは、1回のスピンにつき0.01ドルから100ドルの範囲でベットができます。

ベット額は、コインバリュー、コイン数、ペイライン数により決まります。それぞれ以下の数値の範囲内での設定が可能です。

 

項目 最小値 最大値
コインバリュー 0.01 1
コイン数 1 5
ペイライン数 1 20

ベット額は、それぞれの数値の掛け算により算出できます。

基本的な配当

Super Flipにはトランプをモチーフにしたシンボルを始めとして、ワイルドシンボルを含めて10のシンボルがあり、配当は以下の通りです。

 

Super Flip(スーパーフリップ)の配当表1

 

Super Flip(スーパーフリップ)の配当表2

フリースピン

Super Flipでは、スキャッターシンボルを3つ以上揃えると、15回分のフリースピンを獲得できます。

 

Super Flip(スーパーフリップ)のフリースピン

 

追加フリースピンもあり、最大で90回まで増える可能性があります。

リスピン

Super Flipには、リスピンという機能もあります。

 

Super Flip(スーパーフリップ)のリスピン

 

これは、第1リールと第2リールがすべて同じシンボルだった場合に、第3リールのみリスピンが発動するというものです。実際のプレイ中には、画面真ん中に「ほぼ勝利の再スピン」という文字が現れます。

 

Super Flip(スーパーフリップ)の「ほぼ勝利再スピン」

 

リスピン機能により、Super Flipでは、フリースピンに突入しなくても、高額配当を獲得できる可能性があるのが特徴です。

Golden Ticket(ゴールデンチケット)

*BGMも流れますので音量を小さめにして再生してください。


【Golden Ticket(ゴールデンチケット)の特徴】

サーカスをモチーフにした一風変わった世界観が魅力で、各オンラインカジノでもPlay’n GO(プレインゴー)の人気ビデオスロットに挙げられるGolden Ticketは「ゴルチケ」の愛称で親しまれています。

配当を獲得させるごとに、BONUSの文字が浮かび上がってくるドキドキ感は、他のビデオスロットではなかなか味わうことができない演出。また、Play’n GOらしく、雰囲気にマッチした騒がしいBGMも魅力です。

 

ベット可能額

Golden Ticketでは、1回のスピンにつき、0.20ドルから40ドルの範囲でベットができます。

基本的な配当

Golden Ticketには、全部で10種類のシンボルがあり、配当は以下の通りです。

 

Golden Ticket(ゴールデンチケット)の配当表

 

シンボルごとに、縦もしくは横一列に同じシンボルが並ぶと配当的中です。

 

Golden Ticket(ゴールデンチケット)の配当的中

 

また、シンボル3つでの配当的中時は、真ん中にワイルドシンボルが作り出され、連鎖を生み出す可能性があります。Moon Princessとほぼ同じようなイメージです。

なお、グリッド上の全てのシンボルを消すことで、1000倍の配当を獲得することもできます。

フリースピン

Golden Ticket(ゴールデンチケット)のフリースピン突入契機は、1つのリールを全消しし、「BONUS」の文字を全て開くことです。

 

Golden Ticket(ゴールデンチケット)のフリースピン

 

どのリールがBONUSの対象になるかは、毎回のスピンごとに異なります。

 

Golden Ticket(ゴールデンチケット)のフリースピン獲得

 

上記の場合には、第2リールと第4リールがその対象です。

フリースピン中の配当は、以下のようになります。

 

Golden Ticket(ゴールデンチケット)のフリースピン中の配当表

マルチプライヤー

Golden Ticketでは、1回のスピンでも連鎖すれば複数の配当を獲得できます。また、連鎖発生時には、マルチプライヤーがどんどん上乗せされ、高額配当のチャンスです。

 

Golden Ticket(ゴールデンチケット)連鎖でマルチプレイヤー

 

Golden Ticketで資金を稼ぐカギは、連鎖とフリースピンの2つです。

Tome of Madness(トームオブマッドネス)

*BGMも流れますので音量を小さめにして再生してください。


【Tome of Madness(トームオブマッドネス)の特徴】

Tome of Madness(トームオブマッドネス)は古代遺跡の探索をモチーフにしたPlay’n GO(プレインゴー)のビデオスロットです。BGMが邪悪な世界を連想させてくれます。

高ボラティリティ機種のため、一撃での爆発力には定評があるPlay’n GO(プレインゴー)のビデオスロットです。

 

ベット可能額

Tome of Madnessでは、1回のスピンを0.1ドルから100ドルの間で回すことができます。

基本的な配当

Tome of Madnessには全部で8つのシンボルがあり、基本的な配当は以下の通りです。

 

Tome of Madness(トームオブマッドネス)の配当表

 

同じシンボルが4つ以上隣接している場合に配当的中となります。また、シンボルが消えると、新たなシンボルが落下してくるため、1回のスピンでも複数の配当を獲得することが可能です。

目を開く

Tome of Madnessでは、スピンの都度、「目」の位置が変わります。

 

Tome of Madness(トームオブマッドネス)目が開く

 

上記の場合、第3リールの上から2段目に「目」が設定されています。ここで配当が的中すると、その後配当が的中しない時にランダムでワイルドシンボルが作り出されるというものです。

下記で説明するフリースピン中は、「目」がグリッド上の12か所に配置されます。そのすべてを開くことができれば、2×2の範囲を埋めるメガワイルドシンボルが登場し、フリースピンの最終盤で驚愕の高配当を獲得できるでしょう。

 

Tome of Madness(トームオブマッドネス)では、単に配当が成立するか否かではなく、どこで配当が的中するかも非常に重要なポイントになります。

フリースピン(別世界FREE ROUND)

Tome of Madnessのフリースピンは「別世界FREE ROUND」という名前です。1回のスピンで42個のシンボルを消すと、フリースピン突入となります。

 

Tome of Madness(トームオブマッドネス)のフリースピン

 

消したシンボルの数は、画面の右上で確認することができます。

 

Tome of Madness(トームオブマッドネス)消したシンボルの数

 

なお、フリースピン獲得回数は、消したシンボルの数により、以下のように変わります。

消したシンボル数 フリースピン回数
42~44 3回
45~47 4回
48~50 5回
51~53 6回
54以上 7回

また、消したシンボル数が41個以下の場合でも、その都度、以下のように効果が発動されます。

 

消したシンボル数 発動される効果
7個 任意の2つのシンボルをワイルドシンボルに変換
14個 任意の2つのシンボルをワイルドシンボルに変換。そこで配当が成立すると、特殊能力ABYSSにより縦もしくは横一列のシンボルを全消し
27個 任意の2つのシンボルをワイルドシンボルに変換。そこで配当が成立すると、特殊能力VOIDにより1種類のシンボルをランダムに全消し

上記のような様々な効果により、Tome of Madnessでは通常モードでも十分に資金を増やせる可能性があります。

 

Rise of Olympus(ライズ・オブ・オリンポス)

*BGMも流れますので音量を小さめにして再生してください。


【Rise of Olympus(ライズ・オブ・オリンポス)の特徴】

Rise Of Olympus(ライズオブオリンポス)は古代ギリシアをモチーフとした世界観のPlay’n GO(プレインゴー)のビデオスロットです。ボーナスフィーチャーが豊富で、通常モードでも荒稼ぎが期待できる機種として、人気を集めています。

 

ベット可能額

Rise Of Olympusのベット可能額は、0.20ドルから100ドルの間です。

基本的な配当

Rise Of Olympusには全部で9種類のシンボルがあり、基本的な配当は以下の通りです。

 

Rise of Olympus(ライズ・オブ・オリンポス)の配当表

 

Rise of Olympus(ライズ・オブ・オリンポス)の配当表1

 

縦もしくは横に同じシンボルが3つ以上連続した時、配当的中となります。また、シンボル3つで配当が的中した際には、真ん中のシンボルがワイルドシンボルとして残り、次の配当的中に繋げていきます。

 

Rise Of Olympusは、1回のスピンでも連鎖により複数の配当を獲得することが可能です。

フリースピン

Rise Of Olympusでは、グリッド上のすべてのシンボルを消すことにより、フリースピンがトリガーされます。

 

Rise of Olympus(ライズ・オブ・オリンポス)のフリースピン

 

フリースピン突入時には、ハデス、ポセイドン、ゼウスのいずれかから、プレイヤーは好きなものを選択可能です。

 

キャラクター フリースピン回数 追加フリースピン 的中率
ハデス 4回 4回 高い
ポセイドン 5回 3回 普通
ゼウス 8回 2回 低い

また、フリースピン中にグリッド上からすべてのシンボルを消すことができれば、100倍の配当を獲得です。

神の手

Tome of Madnessでは、配当が発生しなったスピンにおいて、ランダムで「神の手」がフィーチャーされます。

 

Rise of Olympus(ライズ・オブ・オリンポス)の神の手

 

キャラクターごとに、効果は以下のように異なります。

 

キャラクター 効果
ハデス 1種類のシンボルを別のシンボルへ変換
ポセイドン 1個か2個のワイルドシンボルが出現
ゼウス 2種類のシンボルを破壊

オリンパスの怒り

通常スピン時に神のシンボルを所定の数以上消すと、「オリンパスの怒り」が発動します。

 

Rise of Olympus(ライズ・オブ・オリンポス)のオリンポスの怒り

 

グリッドがすべて刷新され、それぞれの神がかわるがわるフィーチャーを実行していくものです。3種類のすべてのフィーチャーが発動されるため、フリースピンに突入する大きなチャンスとなります。

 

Play’n GOのスロットはどれが一番稼げる?【検証】

この記事で紹介したPlay’n Go(プレインゴー)の5つのビデオスロットについて、どの機種が最も稼げるのか、デモプレイを通じて検証しました。

検証するPlay’n Go(プレインゴー)のスロットのRTP

各機種のRTP(ペイアウト率)は以下の通り公開されています。

機種 RTP
Gemix 96.83%
Super Flip 96.53%
Golden Ticket 96.69%
Tome of Madness 96.59%
Rise Of Olympus 96.50%

どの機種も、96%台で大きな差はありません。では、1ドルベットを500回プレイしてみた結果を紹介します。

Gemix(稼げるか検証)

Gemixの500回連続1ドルベットの結果は、以下の通りでした。

100回目終了時 +3.71ドル
200回目終了時 +5.58ドル
300回目終了時 +80.29ドル
400回目終了時 +146.93ドル
500回目終了時 +179.44ドル

序盤の数回を除いてほぼプラスで推移し、最終的には179.44ドルです。控えめに言って、かなり稼ぎやすい機種だと思います。ペイアウト率が100%を超えているのではないか、と思わされるほどの安定感でした。

なお、最大配当は203回目のスピンで記録した50.80ドルでした。

Gemixの配当

フリースピンはありませんが、中額配当がかなり頻繁に当たるので、資金はほとんど減りません。

Super Flip(稼げるか検証)

コインバリュー0.05、コイン1枚、ペイライン数20に設定し、Super Flipを500回連続ベットした結果は以下の通りでした。

100回目終了時 -27.75ドル
200回目終了時 -59ドル
300回目終了時 -43.25ドル
400回目終了時 -87.25ドル
500回目終了時 +58.5ドル

終始低調でしたが、終盤の高額配当連発で、見事に巻き返してフィニッシュしました。ちなみに、最大配当は467回目のスピンで記録した2000コイン(100ドル)です。

Super Flipのビッグウィン

また、全500回のスピンのうち、フリースピンは4回獲得しました。

Super Flipのフリースピン

162回目 21ドル
236回目 27.2ドル
344回目 3ドル
356回目 17.25ドル

ハッキリ言ってSuper Flipのフリースピンには期待する価値はありません。フリースピンで3ドルの配当なんて、聞いたことありません。

Golden Ticket(稼げるか検証)

Golden Ticketで1ドルを500回連続でベットした結果は、以下の通りでした。

100回目終了時 -10.3ドル
200回目終了時 +62.50ドル
300回目終了時 +9.65ドル
400回目終了時 +44.25ドル
500回目終了時 +21.05ドル

一時、100ドルオーバーの利益が出たこともありましたが、最終的には21.05ドルの利益でフィニッシュ。500回を通じてフリースピンの獲得はなかったので、フリースピンが手に入れば、もう少し稼げていたはずです。

なお、ボーナスは頻繁にフィーチャーされ、それなりの配当を稼ぐことができました。

100回目 58.65ドル
101回目 30.90ドル
117回目 50.95ドル
172回目 39.95ドル
327回目 50.35ドル
460回目 36.00ドル

全500回で、最大配当となったのは、100回目スピン時の58.65ドルです。

ゴールデンチケットのボーナス

Tome of Madness(稼げるか検証)

Tome of Madnessで1ドルを500回連続でベットした結果は、以下の通りでした。

100回目終了時 -67.5ドル
200回目終了時 -134.8ドル
300回目終了時 -178.4ドル
400回目終了時 -149.2ドル
500回目終了時 -211.3ドル

Tome of Madnessは一度もプラスに転じることなく、ただただ損失が広がっていくばかりでした。全500回のうち、4回フリースピンを獲得したものの、下記の通りそれほど大きな配当獲得とはならず。

260回目 30.50ドル
337回目 13.10ドル
370回目 41.60ドル
374回目 50.90ドル

今回、最も大きな配当となったのは、374回目のフリースピン時の50.90ドルでした。

トンオブマッドネスのボーナス配当

Rise of Olympus(稼げるか検証)

Rise Of Olympusで1ドルを500回連続でベットした結果は、以下の通りでした。

100回目終了時 -76.65ドル
200回目終了時 -143.40ドル
300回目終了時 -205.20ドル
400回目終了時 -238.80ドル
500回目終了時 31.75ドル

400回目終了時点までは完全に大敗モードでしたが、終盤に爆発力を発揮し、一気に利益に転じることとなりました。500回のスピンのうち、3回のフリースピンが発動。その結果は以下の通りです。

350回目 20.65ドル
430回目 236.15ドル
431回目 69.75ドル

今回、最も大きな配当を獲得したのは、430回目のスピンの236.15ドルです。

ライズオブオリンポスのボーナス、ビッグウィン

なお、奇跡的にその次のスピンでもフリースピンを獲得でき、たった2スピンで実に300ドル以上の利益を出していることになります。Rise Of Olympusの爆発力は、半端ではありません。

【結果】最も稼げたのはGemix

最終的な結果は以下の通りでした。

1位 Gemix 179.44ドル
2位 Super Flip 58.5ドル
3位 Rise Of Olympus 31.75ドル
4位 Golden Ticket 21.05ドル
5位 Tome of Madness -211.3ドル

Play’n GO(プレインゴー)のビデオスロットではGemixが圧倒的ナンバーワンです。Gemixはプレイ時間が長くなればなるほど、レベルアップもできるため、これが1000回、2000回と増えれば、さらにその利益は大きくなることが期待されます。爆発力には期待できませんが、安定感で言えば、業界屈指です。

まとめ

オンラインカジノの大人気スロットプロバイダであるPlay’n GOについて、詳しくまとめました。Play’n GOでは、この記事で紹介した機種以外にも、様々なビデオスロットをリリースしています。

単に稼げる稼げないということだけではなく、ゲームの面白さを感じられるのも魅力です。是非、オンラインカジノに登録して、Play’n GOのビデオスロットを探してみてください。

コメントを残す

この記事に反論する